中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

「大衆酒場 BEETLE」さんは、昭和レトロの大衆酒場と現代の酒場を一体させた「ネオ大衆酒場」の先駆者で、東京、埼玉に10店舗以上展開しています。店によりランチ&夜営業、15時開店、11時~通し営業など異なります。バイス、金魚、前割りやかん焼酎(焼酎を水と割って寝かせ味をマイルドにする)もありますし、日本酒にも力を注いでいるので大好きな酒場です。

DSC_0269
DSC_0274
この日は貸し切りでした。申し訳ないです。


DSC_0266DSC_0271
日本酒のラインナップが豊富なんです。しかも500円均一!!通の方はお気づきかと、そう他店では高額な銘柄も500円で飲めるので、かなりお得かと。

DSC_0264
生ビール中380円をいただきました。大は重たくて飲むのが大変だったので、それ以来、中に。

DSC_0265
DSC_0272
ご飯ものもあります!おでんも1年中味わえますよ~(*^-^*)

DSC_0270
あんきも400円?があったのでいただきました。といえば


DSC_0273
たる酒二合720円のぬる燗です。本物の樽入りで、注文ごとに樽からだしてぬる燗につけてくれるので、樽の香りが豊か。しかも燗のつけ具合が絶妙です。

正月菊正宗さんの樽酒(瓶)をいただきますが、今年は樽の香りが弱かった(昨年の瓶もあったので飲み比べたら香りが強かった)ので、年、瓶により違うことがわかりました。

上野の「たる松」さんで、樽の上と下では香りも味も全く違うと聞いていたので、納得でした~。

DSC_0409
お会計を告げると、無料でしじみ汁が出るのもうれしい計らい!!

ごちそうさまでした~(^^♪

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13227117/


この日は飯田橋でお仕事。人がいない閑散とした飯田橋です。東口を出ると、居酒屋が何軒か連なる一角があり、15時から開店している「串焼き処わ」さんへお昼御飯です。
DSC_0485
以前は焼鳥の看板を掲げていたけれど、焼鳥がない酒場でした。オーナーチェンジのようで、再訪です。

DSC_0489
私のみ、貸し切りです。こんな時期だけど頑張らないととオーナー。

DSC_0486
DSC_0488

DSC_0490
生ビール500円をいただきました。

DSC_0492
DSC_0491
DSC_0496
たん、もも、ねぎ、シロタレをいただきました。合間に肉をさばいて丁寧に串打ちしていました。

もつや焼鳥を焼いているシーンを見るのが大好きで、かなり拝見してきました。電気ですが焦げ目をきちんとはさみで切りつつ丁寧に焼く姿から、厳しいお店で修業されたのでしょうか。しかもタレ、水、油を使い分けて焼いているところとか、中目黒、目黒のやきとり店を思わせました。

DSC_0495
芋焼酎のお湯割り500円をいただきました。

ごちそうさまでした~!

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13225259/

大井町駅から徒歩1分。線路沿いにある「たらふく」さんへ新年のご挨拶&夕ご飯にうかがいました。戦後から続く居酒屋で、大井町ではおそらく最古参級、知る人ぞ知る名酒場です。

DSC_0499
サワー類、焼酎類400円~。躯体の関係で改築するまえは、昔懐かしの昭和レトロな店で、そのころは酒類は350円~でした。

DSC_0500


DSC_0505
「今年も御縁があるように」と、五円が常連さんに配られます。粋です!

DSC_0504
新年の振る舞い酒、いただきます!

DSC_0502
お通しは牛肉の煮物でした。牛肉が柔らかく絶妙の味付け。おかみさんの料理は何を食べてもおいしいんです。


DSC_0503
寒かったので好きな島美人400円のお湯割りをいただきました。たらふくさんの焼酎割は濃厚。まるで焼酎をそのまま温めたような濃さで、他店と同じ感覚でくいくい数杯飲むとノックアウト間違いなしです。この濃さ、器の半分入ってるはず、陶器なので状況が見えないのですが、サワー類はジョッキの5~6分目まで入れるのを何度も目にしているので、飲兵衛にはありがたいですね~。

明るい農村、三岳も500円で飲めます。

DSC_0507
豚肉とニンニクの芽の炒め、このボリュームで500円。一品料理は300円~で、500円台が多いでしょうか。量が多めなので、一皿でおなかいっぱいになってしまいます。

DSC_0497

ごちそうさまでした~(*^-^*)

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13083838/


この日は夕ご飯に「角打ち 田町」へうかがいました。場所は田町駅直結のセンタービル アピタの3階です。

DSC_0092
DSC_0091
DSC_0096
DSC_0093
DSC_0095
一杯目は、静岡県神沢川酒造「正雪」380円。名前は、兵法家・由井正雪にあやかったそう。特別本醸造ならではのすっきりした端麗辛口です。ぬる燗でもおいしそう。


DSC_0098
白子ポン酢580円があったのでいただきました~。日本酒に最高の一品。


DSC_0107
飲み比べをいただきました。福島県大木代吉本店の有機栽培米で作る「自然郷」芳醇純米。シュワっとガス感があってやはりおいしいです。新潟県大洋酒造の「無想」辛口純米は変形山廃仕込み。コメの膨らみがありつつもキレが良い日本酒でした。2つで700円だったと。

日本酒好きには超穴場です。ごちそうさまでした~。

https://www.instagram.com/kakuuchi_tamachi/

武蔵小山でもつ焼きの店といえば「牛太郎」さん。2代続く名店です。14時30分開店ですが、年に数回しか暖簾が出ません。この日も暖簾は店内。現在はコロナウイルスもあって、一見さんはNGとなっています。

DSC_0423
DSC_0417
この日はオーナーじょうさんの誕生日で、うかがわせていただきました。

現在は、席も1つ1つ仕切られています。

DSC_0418

DSC_0410
ビール大瓶530円をいただきました。


DSC_0413
おしんこう100円!ショウガがきいていて良いつかり具合の白菜。夏場はきゅうりになります。


DSC_0415
毎回お願いする朝4時から仕込む煮込み130円。前日の煮込みがあったのでお願いしました。前日の煮込みの方が味が濃厚でクリーミーなのです。バゲッドが欲しい味わいです。

DSC_0424
芋のお湯割り350円に移行しました。グラスの中は…水ではなく焼酎ですWW
牛太郎さんは、焼酎&お湯が渡され好きな濃さに割って飲みます。量は、通常の2倍ほどでしょうか"(-""-)"致死量…

DSC_0420
お湯割りの場合、今年から女性はこの白いカップになったそう。といっても1つだけなので、早いもの勝ちかもしれません!この日は私がゲットできました~(*^-^*)

ゆるい空気で時間がとまってしまったような非日常の酒場世界。
牛太郎さんファンが多いのも納得です。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13010917/





↑このページのトップヘ