中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

この日は仕事で亀戸に行ったので、昼食に「亀戸餃子 本店」にうかがいました。この時期だけに、すんなり入店できました。

DSC_0254
晴天の心地よい昼下がり。この先には居酒屋が軒を連ね、すっかり酒場ロードになりました。

DSC_0259
亀戸餃子さんは、錦糸町、両国、大島にも支店があり、支店はラーメン、チャーハンなどが味わえます。が、総本山は餃子の文字しかありません。お酒はいっぱいあり、老酒、デンキブランまでそろえています。

餃子の料金をカウントしやすいよう計算表まで。

DSC_0257
ビール大瓶600円をお願いしました。小瓶もあります。


DSC_0255
着席すると同時に餃子がすぐ運ばれます。本店は常に鉄鍋で餃子を焼いている万全の体制!

一皿5個270円、皮はパリッと香ばしく、中の具が絶妙の比率でやはりおいしい!!焼き鳥店のように一人2皿縛りです。

DSC_0256
DSC_0258
自家製ラー油がポイント。個人的に、ラー油と酢で調合します。

DSC_0260
2皿目でギブアップです。

変わらず美味しいです

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13003078/








この日は久しぶりに、新橋駅前ビル2階にある「壱番館」さんへ仕事の後に夕食。15時開店、昼飲みできるうれしい立ち飲みです。

赤坂でクラブを経営していた親子が手掛ける(と女将にうかがいました)だけに、接客も心地よいです。

DSC_0141
縄暖簾が目印。

DSC_0142
フルーツがサービスで出されるんです。普段口にしないので、こちらで初物を口にすることが多いかも! この日はメロンでした~(^^♪

DSC_0147
お酒350円~、料理は100円~ですが、300円台中心。本日のおすすめは、ボード左のブルーの付箋で、終了次第はがされていきます。缶詰、乾き物もありますよ~!

DSC_0143
まずは生ビール450円をいただきました~。

DSC_0145
人気の粕汁300円があったのでお願いしました。かつおだしが効いていて妙味、具がたっぷりでこれだけでおなかいっぱいになります。

DSC_0149
次にハイボール350円をいただきましたが、色がしっかりついています。壱番館さんの割系、結構濃厚なんです。

DSC_0151
コーヒー焼酎350円。コーヒー好きにはたまりませんね。もちろん豆から仕込んでいるそう。


常連さんからいろいろな話を聞け、酒場はやはり大学です!

ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13075024/





田町駅から徒歩5分ほどの場所に2020年オープンした「大衆酒場 宗屋」さんは、開店以来大盛況のもつ焼き店です。

DSC_0128
この日も屋外まで大にぎわいでした。店内はカウンターとケースで作られた立ち飲みテーブルで構成されています。


DSC_0129
短冊を撮影し忘れましたが、酒は270円~で、バイスサワー、生レモンサワーなどのサワー類は270円均一。三冷ホッピーは370円、さすが安い。炭酸も下町エリアでは当たり前の強炭酸ドリンクニッポン、すばらしい!!!バイスをいただきました。


DSC_0131
串は白、ハラミ、カシラ、ガツなどあり1皿2串270円。そのほかユッケ、ハツ生などの刺身類も270円のリーズナブルさ。人気なのがわかります。煮込み270円をお願いしました。

DSC_0139
次に梅割270円をいただきましたが、焼酎に梅シロップを入れて飲む驚異の酒。こちらは天羽の梅シロップを使用しているそう。昔の角打ちは、このように生焼酎を飲んだそうです。

記憶をなくす度数です。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13249390/

川崎駅周辺で14時から立ち飲める「立ち飲み 天下」さんは、ご家族で切り盛りされているアットホームなお店です。久しぶりにうかがいました~。

DSC_0179DSC_0183
メニューボードに書かれた料理のほか、カウンターにその日の総菜が並びます。250円が多いです!
お酒は270円~で、サワー類310円。

DSC_0187
私のお目当ては、ハイボール310円です。天下さんは昔から白州、山崎のハイボールを各310円で飲めるんです。昔は300円だったので10円値上がりしましたが、それにしても安い。

DSC_0186
白州と山崎のハイボールを1杯ずついただきました。ないないといわれていますが、昔から年間で何百本開けているお店にはおろされるそうです。あるところにはある、というのが分かります。世の中の仕組みでございます…。

DSC_0185
大好きな湯豆腐270円、ダシで煮込む横須賀発祥の肴ですね~。

ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14004794/

精肉卸売直営の「矢澤」さんが手がけるレストラン「ミート矢澤」さん。美食家が集うことで有名なステーキ店ですが、お世話になっているTさんにお誘いいただきました(*^-^*)

DSC_0221
夜の部。オープン前にすでに待機組が2組。

DSC_0223
DSC_0224
入り口には牛さまの個体識別番号、産地の看板が掲げられ、確かな品質を実証。

DSC_0225
DSC_0227
DSC_0229
シャトーブリアンステーキ9350円!

DSC_0231

DSC_0226

DSC_0234
テーブルとボックス席の構成です。

DSC_0233
ピノノワール900円のグラスワインからスタート。ほんのり渋みがあり大好きな赤ワインです。

DSC_0235
店通のTさんにオーダーはすべてお任せしました。コブサラダ950円。アボカド、鶏肉、焼きベーコンなどボリューム満点で、美味!

DSC_0240
ふわふわのパン300円。

DSC_0238
単品のチーズハンバーグ2180円。中は半レアで、口中でジュワっと肉汁がはじけ、素材の旨味を感じました。矢澤さんハンバーグのおいしさ不動ですね~、久しぶりにいただきました~。

DSC_0237
お待ちかねのシャトーブリアン。


DSC_0241
ナイフを入れると、やわらかさに感動!焼き加減絶妙のロゼ色の肉が登場しました。味わい上品で、「とろける」とはこれをいうのだなと思いました。マッシュポテト、コーンの付け合わせも妙味でした。ちなみにソースは矢澤オリジナル、香草バター醤油をオーダー。美味しすぎます"(-""-)"

DSC_0242
Tさんも酒飲みなので、引き続きハイボール700円へスイッチ。ウイスキーは「角」だそうです。肉料理に合います。

ごちそうになってしまいありがとうございました。お正月気分でした。

http://kuroge-wagyu.com/my/index.html




↑このページのトップヘ