中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

酒好きなら武蔵小山にある「牛太郎」さんは外せないでしょう! 14時30分から飲めて、とにかく安くておいしいんです。この日も、店前にいると、開店前でしたがラッキーにも入れてもらえました。ご主人が聞くまで注文はダメなどと言われていますが、タイミングさえ合えば、こちらから自由に注文できます。常連さんと楽しくお話ししながら、大好きなとんちゃん120円とポテトサラダ120円、瓶ビール2本を飲んで1250円。ごちそうさまでした!!DSC_0573
DSC_0577

DSC_0568
大衆酒場「丸千葉」は、南千住と三ノ輪の中間地点にあります。場所は泪橋ですが、平日でも予約しないと入れません。この日も何人も帰されていました。人気の秘密はいくつかありますが、まずは料理のおいしさ&安さ。なかでも刺身類は新鮮そのもので、ホタルイカも生のこだわりぶり。そのほかにも揚げ物や煮物など季節を感じる料理が100種以上あります。さらに料理と並ぶのがご主人のやっちゃんでしょう。「何でも聞いてね」とお客さんに声をかけては、場を盛り上げてくれます。ビールに、レモンサワーに、ウーロンハイと飲んで食べて、今日も楽しませていただきました。DSC_0558
DSC_0564
DSC_0566

DSC_0561

DSC_0528
浅草には古くから続く居酒屋があります。この日訪れたのが昭和2年創業の「三岩」さん。レトロな雰囲気と女将さんの温かな接客に癒されます。料理はいろいろありますが、刺し盛り850円と甘い玉子焼き310円を注文。瓶ビール、ウーロンハイで味わいました。次に「酒富士」さんは1Fがカウンターメインなので一人でも気軽に入れるうえ、気さくな女将さんが迎えてくれます。カキフライ1000円とウーロンハイ430円で乾杯!!巨大なカキフライ4つに食べ切れずにいると、女将さんが包んでくれました。DSC_0550
DSC_0523
DSC_0526
DSC_0544

ビジネス街の田町に、知る人ぞ知る朝7時から飲める立ち飲み「芝浦スタンド」さんが隠れるようにあります。ラインナップはかなりのもので、缶ビールやチューハイ、ハイボール250円~。瓶ビールはクラフトビールや赤星もあります。ホッピーセットもあり、焼酎は金宮のこだわりぶり。ワイン、日本酒もあり、電子レンジでぬる燗も可能。つまみは乾きもの中心ですが、カップラーメン類もありますよ!DSC_0516
DSC_0513
DSC_0514
DSC_0512
DSC_0511

茅ヶ崎にもいい酒場が点在しています。海に近いこともあり、新鮮な刺身を低価格で楽しめるのが魅力で、仕事の後に大好きなお店を梯子しました。1軒目は16時~オープンしている「やきとり 三原山」さん。焼き鳥はもちろん、刺身や煮物などの一品料理も楽しめます。瓶ビール630円と焼鳥120円でスタート。2軒目は「くによし」さん。こちらはご主人が小坪漁港などで毎朝仕入れた新鮮な鮮魚が名物。小坪のさざえ500円と芋焼酎500円を堪能しました。ラストは「升源」さん。連日満席ですが、かろうじていつものカウンターの席に座れました。こちらはご主人の友人が網元で刺身の鮮度の良さはおすみつき。そのほか焼き鳥、揚げ物などなどさまざまな料理が味わえます。写真の一人限定刺身は500円で、生ガキ250円をつけてもらっても750円!入手困難の特別蒸留きりしまを特別に一杯いただきました。ご主人お気遣いありがとうございました!!DSC_0466
DSC_0467
DSC_0472
DSC_0474
DSC_0479

↑このページのトップヘ