中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

王子にはいい酒場がいろいろありすぎて、なかなかたどり着けなかった「宇迦」さんに、ようやくうかがえました。地元の方でもおそらく知っている人は少ないかと…。場所は王子稲荷神社のそばで、カウンター6席の小箱です。
DSC_0574
王子稲荷神社の街だけあり、入口もきつねさまが描かれています。

DSC_0576

こちらのお店は、和酒と土鍋と旬肴を看板としますが、都内になかなか出回っていない小さな酒蔵を中心に置いています。700円~。ワインも国産のみとし、他にはない銘柄がありました。

DSC_0581
千葉県でもお初の酒蔵さんでした!明治創業の森酒造の飛鶴 純米吟醸。吟醸とは思えない旨味に、後味はきりっとしていました。ファーストインプレッションは40代後半の女性、飲んだ瞬間は30代半ばの女性、後味は10代半ばの女学生というところでしょうか…(個人の主観です)。

DSC_0577
次に、多くの酒蔵さんが品評会で優勝している実力派福島県。 寿々乃井酒造の寿月 特純770円だったか。ファーストは美しいボトルに20代前半の女性、味は20代後半、後味は10代後半か…。米の味も残しつつも、かなり華やか。チェイサーに見えますが、お酒です!(^^)! 結構、たっぷり入れてくれます。一合近く、飲みごたえあります!(^^)!

DSC_0578
しかも、こちらのお店、ベーコンとか手作りです。

DSC_0587
DSC_0588
いちから捌いて、アレンジしてくれます!


オーナーも和酒と料理に真摯に向き合うすばらしい方で、談義しながら飲むなら一人、二人がベストかもしれません。


https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13236126/





1936(昭和11)年創業、都内を代表する古典酒場の1つが自由が丘の「金田」さん。酒飲みの間では「金田酒学校」と呼ばれています。
DSC_0520

1階は、コの字型のカウンター、2階はテーブル、3階は座敷になっています。

DSC_0531


昭和な雰囲気がたまりません~。久しぶり!!壁には常連さんからプレートや絵などが飾られ
歴史を感じます。

料理は小肌酢といった定番もありますが、ほぼ日替わりでカウンターにメニュー表が置かれています。鮮魚料理中心に、胡麻ドーフ、ぬた、さつまあげ、きんぴらごぼうといった酒に合う肴がズラリ。


DSC_0522
酒は昔から、ビール、焼酎、日本酒のみとこだわっている点も好きなところ。サワー類はありませんのでご注意を!!

DSC_0525
お通しは無料。

DSC_0524
まずは、瓶ビール大、サッポロとキリンがあります。


DSC_0527
穴子の唐揚げ950円。薄衣で皮目はサクサク、身がふっくら!

DSC_0533
〆さば800円。金田さんは〆方が浅いので刺し身に近いでしょうか。産地は大分。

DSC_0534
ぬる燗460円にスイッチしました。銘柄は2種あり、菊正宗を。

「金田酒学校」と呼ばれているのは、初代が酒を飲む上で酔っぱらっての口論や酔いつぶれるのを嫌い、マナーにこだわったから(酒の飲み方を学べる)。現在も、大声で会話するとすぐ注意されます。そのため、三人以上は2階、3階へエスコートとなりますが、行く価値ありの酒場です。

20~30代のころは少し尻込みしましたが、酒の経験も積み、今では金田さんで楽しくお酒を飲めるようになり、年相応という言葉が浮かびました。


https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13003212/



DSC_0517
DSC_0518
DSC_0519
駅前には「自由が丘デパート」という今でいう複合施設があります。雑貨、装飾、飲食店などが軒をつらねています。

http://www.j-dpt.com/



以前からうかがいたかった課題の「とりいち」さんで酒豪の宴。今回の面々は底なしの有段者、いや師範ぞろい、心して臨みました。

そして人生初の「西大井駅」。駅前には店がありますが、2分も歩けば住宅街へ…。
DSC_0463

DSC_0464

ナビに従い、5分ほど歩くと、お目当てのお店が突如出現!

DSC_0465
赤提灯がいいですね~。外観も内観も、昭和レトロどっぷり!!最高です!!!カウンターとテーブルの小箱につき、すぐ満席に。

DSC_0469
DSC_0471
DSC_0472
DSC_0474
酒が進む、飲んべえ好みの料理内容。
焼き鳥、刺身盛り合わせ、 白子の天ぷら、穴子の白焼きなど端からお願いしました。マグロがおいしい!!中とろのようでした。
DSC_0482
DSC_0480

DSC_0475
DSC_0477
まずはビールで肝臓のウォーミングアップ!腕もジョッキで筋トレ。瓶ビールを飲んだあとに、生中を頼むあたり、このメンバーのすごいところか…。

実はこちらのお店、ご主人が日本酒通で、他にはあまりない日本酒が置いてあるんです。それもお目当てでした。120ml550 円。


DSC_0484
DSC_0487
御粗酒造の遊穂、これまた山おろし純米は初。濃醇ですが、後味スッキリ10代の若者のようなキレのよさ。

DSC_0491
DSC_0493
若手の酒蔵、廣戸川 純米秋上がり!!ご主人が応援しているそうです。この日本酒もなかなか見かけません。

DSC_0498
DSC_0496
お初の白糸酒造の田中六五。珍しいハネ木搾りという手法で搾られているそうで、かなり旨味を感じました。

DSC_0500

ご主人の最後に飲むべしとの命によりフィナーレには香川県の川鶴。どっしり重厚、飲みごたえありました。

あまりにもみんなが飲むので、隠し酒もいただけました!
6杯ほど飲んだもよお、ということは4合瓶。

お店には、今旬の酒蔵の方などもいらしていて楽しい宴になりました!

わざわざ行く価値ありの酒場です。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13065422/

神楽坂には15時~飲める立ち飲みが「カド」http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/23731439.html以外にもあります。
以前、飯田橋駅寄りのみちくさ横丁にあった、ドリンクがセルフの「居酒屋 鶴肴」さんです。
美しいビルの2階に移転し、立ち飲みと着席を完備。15時開店に異変なし!

DSC_0369

システムも変わらず、おしぼり、氷、お酒はすべてセルフです。お酒は冷蔵庫から出して記入する自己申告制。といっても店内狭いので、一目瞭然です。

DSC_0370
DSC_0371
DSC_0373

キンミヤ焼酎なのにいいちこにチェックしていました…(汗)。枠のストライクゾーンが狭いと死球を…。タンサンもボール気味か…。老眼の影響がここにも…( ;∀;)

DSC_0372
数杯飲むのを考えると、当然、ボトル!(^^)!このフォルムがたまりません。
ゴールデントリオに、レモンもお願いしました。氷は無料です。
キンミヤ焼酎300ml850円、タンサン150円也。

DSC_0374
DSC_0376

レモンや料理は、ご主人にオーダーします。料理の数が以前と比べて減った感じです。自慢のおでんは夏場?のためか、牛だいこんのみだったので、鮭とば350円をお願いしました。そのほか、刺し身、オムレツ、あげものもあり300円~。

合計1500円ほどでした。ご主人のゆる~~~い雰囲気も変わらず、気ままに飲むには最高のお店です!


https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13120963/

地元の人でもおそらく知らないであろう、隠れに隠れた酒場が「旬魚彩 太平山」さん。
その名の通り、旬魚・旬味を楽しめます。
界隈の名店「い奈本」とはるくらい絶技で、料理の盛り付けが美しくおいしいのですが、情報は稀有につき自己が頼り。

DSC_0390
こちらのお店がすごいのは、一見だろうが常連だろうが、知らぬ顔のお客さまall「ザ・セイム」なところ。 。
何回うかがっても、厨房と客席の間には見えない大きな大きな川が流れています。そこが魅力です!
その姿勢は今回も不変、さすがでございます。御大の姿が見えず、息子さんと板さんのみで、少し心配。

DSC_0393
カウンターとテーブルで構成されています。川は、アマゾン川かガンジス川くらいか…。芝浦の運河程度 であってほしいと思ったことも。

DSC_0397
DSC_0392
料理は400円~。ネギヌタ、つぶ貝、焼きなすなど、飲んべえ心をくすぐる品揃えです。

DSC_0396
お通しに、氷頭生酢!!すばらしい!です。

DSC_0395
芋焼酎の水割りをお願いしました。450円。むか~し昔、一升瓶を入れたことも…。

DSC_0398
鮎の塩焼き600円?


https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13111693/


↑このページのトップヘ