中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

水道橋のせんべろツアーの続きです。水道橋駅~神保町駅の裏通りは、せんべろできる店が点在しています。もつ焼きなら「でん」さんで、いつも満席で入れない人気店。幸運にも開いていましたが、19時には満席になりました。いかとたこのでんさんの姉妹店です。

DSC_1500

DSC_1502
DSC_1503
405a3264-s
おすすめのドリンクはレモンサワー380円で、シャリキン&強炭酸の最強コンビ!グラスがスノースタイルなので、高血圧症、脂質異常症の方は塩をさけて飲むのがおすすめかも。

DSC_1510
珍しく網れば200円がありました。そうそう味わえないので速攻でオーダー、ラッキーでした。豚の網で巻いてあるので、レア状に焼けトロトロ!一同大感激(*^-^*)

DSC_1509
DSC_1506
添えてある味噌?もおいしく、これだけで飲めてしまうんです😊😊

DSC_1505
マカロニサラダ300円もでんさんの名物メニュー。胡椒が利いていて酒が進みます。

ごちそうさまでした~


https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13142523/




水道橋せんべろツアーの続きです。続いてご案内したのが、全国各地の旬の日本酒20種以上を390円均一で立ち飲める「魚升」さんです。日本酒好きにはぜひ立ち寄ってほしい一店です。

DSC_1522
DSC_1523
大漁旗がイメージさせますが、こちらは鮮魚料理が名物で、しかも安いのです。


DSC_1527
名物魚升盛り390円!!5種以上盛られています。


DSC_1529
今回の日本酒はこんな感じですが、メニューにない銘柄が多いのも特徴。冷蔵庫からびんを出して指定の場所で注ぐセルフスタイルです。テーブルへの持ち出しはNGとなっており、注意されます。


DSC_1524
メニューになかったのですが岩手 あさ開の「水神」があったので、いただきました。「米のように味わい深く、水のように体に馴染む」がテーマのようです。「こんなにも食事をおいしくする酒」はほかにはないとのHPの通り、食中酒です。一言でいうと超辛口でした。
http://www.asabiraki-net.jp/osake/goods/suizin/index.html

DSC_1535
鯖棒寿司390円のリーズナブルさ!

DSC_1531
カマも390円だったと思います。

DSC_1534
こちらもメニューになかった「紅」。ラベルにひかれて選びました。

魚升さんは本当にいいお店です!

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13159950/

仕事終わりにせんべろ納会に行くことになり、水道橋に。もつ焼きでんさんによる「たこといかのでん」さんは、たこ・いか料理の専門店で、刺身や揚げ物などが味わえます。

DSC_1511
オーナーが佐渡出身なので、生ものや日本酒は佐渡直送です。


DSC_1512
値段暴落なし、安定の安さ!!いか刺し、みみ刺し、げそ刺し、たこ刺し200円台~!!

DSC_1513


DSC_1436
レモンサワーがおすすめですが、生ものなのでほうじ茶ハイ380円。こちらは氷入り&シャリキンなのです。

DSC_1515
いか刺し280円。鮮度抜群、青森出身の編集者大喜びで、いかわた50円を注文していました。

DSC_1516
DSC_1517
DSC_1518
こちらにきたらイカメンチです。イカ入りのメンチで、青森県民のソウルフードだそうな。


DSC_1519
DSC_1520
いかわたを頼んだので「日本酒でしょ!」との編集者の言により、日本酒をお願いしました。この店で日本酒は初めてだ…。
オーナーが佐渡出身なので、佐渡の日本酒を中心にそろえています。純米好きなので、逸見酒造の真綾 至をいただきました。1合680円。色もあるので、米のコク・酸味が強いかなと思いきや、華やかな香りで端麗、後味超キレがよく、びっくりしました。1872年創業し、なんでも佐渡で一番小さな酒蔵であまり手に入らないそう。常温がうまそうです。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13216783/

http://henmisyuzo.com/?mode=f1

神奈川でセンベロできる立飲みの代表格が「国民酒場じいぇんとるまん」さん。その都内1号店がこちらです。立飲みや居酒屋の激戦区蒲田に昨年前オープン。久しぶりにうかがいました。前回の記事ですhttp://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/22866275.html

DSC_1429
桜木町店から知るメンバーが店に立ちます。じいぇんとるまんさんのスタッフって本当に心あたたかな人ばかり。しかも何でもこなすからスゴイなぁ。

DSC_1430
12月中、14~18時まで生中250円、サワー類・ハイボール200円のサービス中でした。


DSC_1431
まずは、生中をいただきました。250円、安い。


DSC_1432
DSC_1433
鉄板焼きを中心に、刺身なんかもあります。50種以上はあり200円~。この価格でおいしいところが素晴らしい。ポテサラも手作りで、鉄板焼きも注文が入ってから焼いてくれます。この時期おでん100円~も登場します。

DSC_1434
じいぇんとるまんさんは、神奈川に何店舗かありますが、各店微妙にメニューが異なります。このおっぱい角煮500円は蒲田店限定。じっくり煮込んだ角煮の上に目玉焼きで表現した一品です。なんともユーモラス!!

DSC_1436
ほうじ茶ハイビッグ410円をいただきました。こちらにうかがうとほうじ茶ハイをお願いすることが多いのですが、使用しているのが加賀のほうじ茶らしく、香ばしくておいしいのです。

1160円。ごちそうさまでした~


https://jentlemankamata.owst.jp/

この日は上席主催の仕事のお疲れ様会(^^♪のため、渋谷「奈加野」さんへ。生ものが自慢で、特に鰤しゃぶが名物とのこと。この日を心待ちにしていました。

DSC_1457

DSC_1458
場所は東急ハンズのそばです。こんなところに、こんな素敵な店があったなんて。

DSC_1467
古民家風の店内は居心地抜群。飛騨で飲んでいると言ってもわからないナイストーン。大好きな日本酒が私を呼んでいます。この日に備え、視力も好調です。高知の南が見えます。


DSC_1459
DSC_1460
DSC_1461
DSC_1462
日本酒に合う料理が満載です。私は初訪なので、周知の上にお任せしました。日本酒のメニューを取り忘れたようです…。

DSC_1463
生中でお疲れさまでした~!からスタート。

DSC_1466
お刺身3点盛り。マグロ、タコ、もう1つカンパチだったと思います。

DSC_1468
ということで、早々に日本酒へ移行。長野の宮坂酒造 真澄 純米酒寒造りをいただきました。真澄といえば7号酵母発祥の蔵元さんですね~。さすがおいしい!こなれた感じで、女優さんでいうと、泉ピン子さんのような味でしょうか。

DSC_1470
DSC_1471
わ~~~い!鰤しゃぶです。生でもいいほどのクオリティ。


DSC_1472
ボトルが運ばれないので同じフォルムですが、新潟の朝日酒造 久保田の千寿があったのでいただきました。すっきりした辛口。素晴らしい。


DSC_1465
このほかにも手羽餃子が名物らしくいただきましたが撮影し忘れました。


DSC_1469
高知の亀泉酒造 亀泉 特別純米。仁淀川水系の水で仕込んでいて、純米ならではのうまみを感じました。仁淀川というと、宮尾登美子さんを思い出します。全作読了したなぁ…。

日本酒をどれくらい飲んだか記憶が…。この日のお疲れ様会のメンツは酒豪ぞろいだったので、日本酒を飲む飲むでした。

10年、20年の長い付き合いの方ばかりだったので話に花が咲き、腹筋炸裂するほど本当に楽しかった~~!
上席さま、本当にごちそうさまでした~(*^-^*)

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13075446/

↑このページのトップヘ