中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

2019年08月

カルロス天野さんに教えていただいた居酒屋さん「ねばーぎぶあっぷ。」。元女子プロレスラーの元気美佐恵さんが営んでいるお店。ゆえに、お客さんもプロレスラーの方が多く、うかがった日もプロレスラーのお客さんだけでうれしい悲鳴! お酒も料理も500円前後でボトルキープが目立ちました。この日はおすすめのねばぎば。焼き400円、かぶちゃん煮込み680円、ウーロンハイをいただきました!DSC_1700
DSC_1704
DSC_1706
DSC_1701

浅草 もんじゃ焼きで有名な「おすぎ」さん。1階では、姉貴分の祐子さんが時々BARをやっており、地元の方々が集います。日本酒で賞を得た茨城県の廣瀬酒造、磯酒造などの旬の日本酒400円、ビール、焼酎など気軽に立ち飲め、料理は日替わりで刺身などをサーブ。この日は3杯いただきました!
DSC_1677
DSC_1680
DSC_1684
DSC_1682
DSC_1676

四つ木といえば、「キャプテン翼」の発祥地。駅は翼君一色で、サッカーファンにはたまらない駅でもありますが、大好きな大衆酒場があります。「ゑびす」さん。60年以上四つ木で愛されており、移転してきれいになりました。こちらは鮮魚料理が安くておいしいことでも有名。赤貝も一から貝から捌くなど手間暇かけていますが500円の安さ。ボール350円といただきました。DSC_1636
DSC_1637
DSC_1639
DSC_1643
DSC_1642
DSC_1650
DSC_1644

都内近県に47店舗展開するせんべろの名店「晩杯屋」は、武蔵小山から始まりました。再開発のため、移転リニューアルしましたが、2015年の創業時は4坪のお店でした。創業者は赤羽の「立ち飲み いこい」さんに頼み込んで修業したそうで、その経緯を示してのれんにいこいさんの名前が刻まれています。煮込み130円、マカロニサラダ130円、ハムカツ310円、トマトサワー300円と昼飲みしました!~!。_S1A3413
_S1A3464
_S1A3532
_S1A3524
_S1A3580
DSC_1563

昭和レトロな酒場が多い王子で好きな酒場が「大衆酒場 一福」さん。眼鏡が似合う美しい女将さんが切り盛りしています。チューハイ(350円)に定評があり、焼酎、下町強炭酸、レモンのみなのですが、飲んだ中ではTOP3のうまさです。炭火で焼く料理や総菜も100円~の安さでつくねと楽しみました。DSC_1578
DSC_1583
DSC_1584
DSC_1585

野毛の裏路地にある「三年屋」さんは、おそらくご存知の方は少ない名店。飲んべえのご主人が体調を崩され、最近はきれいな女将さんが切り盛りしてます。雁木、七賢をはじめ、いい日本酒が揃っている店で、15種ほどから好きな銘柄を選べてグラス3杯1000円の安さ! 刺身と飲みました~。DSC_1331
DSC_1329
DSC_1326
DSC_1327
DSC_1328

サッポロビールさん主催の「ファンミーティング」が開催されました。「ビヤホールライオン7丁目店」さんの歴史の説明やビール注ぎ体験、社長さんとの会話のキャッチボール、料理長によるビールとのペアリングなど満載でした。ビール体験では、伝統の「1度注ぎ」にチャレンジしましたが、至難の業で2回もトライ。1回目は失敗、2回目は成功し、自分で注いだビールに大満足でした。そのほか1度注ぎ、2度注ぎのビールの味比べもあり、1度注ぎの方が雑味がなくて程よい苦みを備えていることに納得。料理長によるペアリングタイムでは、秋田県の枝豆を使い、調理法の異なる3種を食べ比べたり、ウインナーとの相性の説明がありました。もちろんビールは飲み放題で、充実の2時間でした!!(^^)!DSC_1494
DSC_1483
DSC_1485
DSC_1519
DSC_1515
DSC_1521
DSC_1523
DSC_1502

野毛で安く飲める「新京」さんは大好きな酒場。野毛が飛行場だった時からあるそうです。刺身、ポテサラ、ナポリタンなどの料理は100円代~で、オーダーが入ってから作ります。お酒も300円~で、日本酒の鍋島も500円のリーズナブルさ。ウインナー250円、霧島焼酎300円を飲みました!DSC_1324
DSC_1312
DSC_1311
DSC_1313
DSC_1320
DSC_1317

堀切菖蒲園は、安くていい酒場が眠っています。「酒笑」は刺身、天ぷら、炒め物なんでもあって価格も手ごろな大衆酒場。特に刺身は鮮度もよくおすすめです。しかも女将さんがきれいで、お店の雰囲気もアットホームで、キンミヤ焼酎のボトルキープしてます(1500円ほど)。キンミヤ焼酎は甘めなので、いつも炭酸とレモンで飲んでいます。大好きなたこの刺身400円、天ぷらで飲みました。DSC_0501
DSC_0850
DSC_0505

↑このページのトップヘ