中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

2019年10月

野毛でも動物園通りの方は、あまり知られていない酒場エリア。昔は名酒場・武蔵屋がありましたが惜しまれつつ閉店してしまいました。そのそばで若鳥焼きを専門にしているのが「若鳥焼 雅」さんです。こちらのご主人はレアな国家資格・食鳥処理衛生管理者を所有しているので、店で鳥を丸ごと一匹を捌くことができるのです。つまり、この資格を所有していない店は「部位」のみしか仕入れられないのです。店で丸ごと捌くのでフレッシュで生臭みもなく、こちらを味わえる店はそうないでしょう。鶏の部位をミンチしたメンチ350円、ジューシーなもも焼き1070 円、ハイボールといただきました。_MGL6762
DSC_2904
_MGL6692
DSC_2903
DSC_2897

立ち飲みが多い上野で、座ってしっぽり飲みたい時に伺うのが「ふみ作」さんです。親子3代、50年以上、この場所で酒場を続けており、昭和の風情&家庭的な雰囲気がたまりません。女将さんの作る一品料理もおいしいですが、1年味わえるおでんを食べてしまいます。玉子、がんもなど一律200円。ウーロンハイ400円といただきました。噺家さんと出会えるかもです!DSC_2162
DSC_2169
DSC_2165

野毛でも日ノ出町寄りになりますが、銚子港からの新鮮な鮮魚で立ち飲めるのが「桐のや水産」さん。桐野やという和食店がやっているので、天然物のブリ刺しも300円!そのほかの料理や酒も一部除きほぼ300円で、焼酎三岳などの焼酎、チューハイも300円です。マグロカツ300円と飲みました!DSC_2829
DSC_2828
DSC_2827
DSC_2832
DSC_2834

400店以上の居酒屋がひしめく野毛。人気店の一つ「鳥しげ」さんは、開店と同時に満席になります。炭火で焼くふっくらした焼鳥150円をメインに、創作一品料理&美人女将さんが名物。女将さんのゆきとどいた接客に癒されます。マグロタタキ巻き700円(たたいたマグロをノリで巻いて食べます)、鶏の酒蒸し中華風700円、七賢、レモンサワー520円をいただきました~。DSC_2778
DSC_2773
_MGL4384
_MGL4320
DSC_2776
DSC_2775

野毛で毎日大行列の焼鳥店「野毛末広」さん。やはり行列を成すのは理由があるなと感じる味わいです。焼鳥の串刺しも独特で肉は長方形型で、箸は出されず、串から外して味わうのはご法度です。というのも、肉のうま味などを考えて串刺ししているので、味が変わってしまからだそう。なかでもレバは妙味。トロっとしていて病みつきになります。しいたけは青森産など、産地にもこだわっているそうです。ピーマン肉、しいたけ肉、レバー220円~などをいただきました。DSC_2758
DSC_2756
DSC_2757
DSC_2766

DSC_2752DSC_2751

スナックや立ち飲みが集まる、飲んべえのパラダイス「野毛の都橋商店街」。20年前のオープン時から通っているのが「ホッピー仙人」。その当時、無名だったホッピーを、世の中に広めたと言って過言ではないお店です。今ではオープンと同時に満席になってしまいます。生ホッピーの白黒500円のほか、堀越さんといったオリジナルのホッピーカクテル800円もあります!DSC_2781
DSC_2784
DSC_2792
DSC_2780

日本にあるビヤホールの最古参が「サッポロビヤホールライオン銀座7丁目店」さん。85年経った今も竣工当時のままの空間に、建築好きならずともうっとりしてしまいます。東京大空襲の時も、戦火を逃れたそうです。現在、紅葉祭りで、空間は鮮やかに紅葉していました! 生ビールのタップがスイングカランで、1回で注ぐ1度注ぎの生ビールが飲めるにもここならでは。料理にもこだわり、ローストビーフは遠赤外線のオーブンでじっくり焼くほか、ソースもドレッシングもすべて手作りなのです。黒ラベル中860円、シェフが切り分けていたローストビーフ1580円、サラダをいただきました。DSC_2205
DSC_2203
DSC_2210
DSC_2208
DSC_2207

東京駅と日本橋駅の中間にある、日本酒専門店が「ふくべ」さん。昭和19年創業。日本酒好きならご存知の方が多いと思います。16時30分の開店と同時にカウンターは満席になる人気店です。全国各地の銘酒41種類を揃え、ぬる燗、日向など好きな温度につけてくれます。昭和39年に改築したままの店内も風情があり、しっぽり飲むことができます。全国のお酒を置いているのは、当時、東京へ転勤で来た会社員の方に郷里のお酒を飲んでほしかったから。当時は故郷へなかなか帰れない上、好きな銘柄を口にできる時代ではなかったんですね。菊正宗の樽酒700円、たらこ700円、しめ鯖650円と頂きました。DSC_2501
191007_002
191007_011DSC_2604
DSC_2606
DSC_2600続きを読む

茅ヶ崎で網元が営む料理店が「網元料理萬蔵丸」さん。朝、湘南の漁に出て捕ったシラスをはじめとする鮮魚を味わうことができる、名店中の名店です。この日は、女子プロの永島さん、カルロス天野さん、三国屋の店主と飲みツアーで久しぶりにうかがうことができました~。湘南でとれたくらげ酢500円、しらすピザ600円?、しらす沖づけ400円、刺し盛り3000円、寿司盛りなどを、ビール400円、芋ロック400円と楽しみました。車中でもカルロス天野さんと酒を酌み交わし、酒三昧でした!(^^)!
カルロス天野さんのブログ↓
https://ameblo.jp/ru-ko200799/entry-12535563762.html
DSC_2700
DSC_2708
DSC_2711
DSC_2703
DSC_2706
DSC_2702
DSC_2701
DSC_2709
DSC_2716

海に近いことからか?、大船も鮮魚自慢の店が多いですが、おすすめは「刺身居酒屋 魚男」さん。ご主人は毎朝片瀬漁港を手伝って、朝どれの鮮魚を安く仕入れているそうです。お刺身盛り合わせは分かりやすい札の解説付きで1200円、本当に新鮮です。お刺身を味わった後のツマはサラダにしてくれるのも特徴。焼酎(思わず飲んでしまいました。なみなみ注がれます)ロック500円といただきました。DSC_2369
DSC_2372
DSC_2368
DSC_2365

↑このページのトップヘ