中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

2020年12月

神奈川でセンベロできる立飲みの代表格が「国民酒場じいぇんとるまん」さん。その都内1号店がこちらです。立飲みや居酒屋の激戦区蒲田に昨年前オープン。久しぶりにうかがいました。前回の記事ですhttp://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/22866275.html

DSC_1429
桜木町店から知るメンバーが店に立ちます。じいぇんとるまんさんのスタッフって本当に心あたたかな人ばかり。しかも何でもこなすからスゴイなぁ。

DSC_1430
12月中、14~18時まで生中250円、サワー類・ハイボール200円のサービス中でした。


DSC_1431
まずは、生中をいただきました。250円、安い。


DSC_1432
DSC_1433
鉄板焼きを中心に、刺身なんかもあります。50種以上はあり200円~。この価格でおいしいところが素晴らしい。ポテサラも手作りで、鉄板焼きも注文が入ってから焼いてくれます。この時期おでん100円~も登場します。

DSC_1434
じいぇんとるまんさんは、神奈川に何店舗かありますが、各店微妙にメニューが異なります。このおっぱい角煮500円は蒲田店限定。じっくり煮込んだ角煮の上に目玉焼きで表現した一品です。なんともユーモラス!!

DSC_1436
ほうじ茶ハイビッグ410円をいただきました。こちらにうかがうとほうじ茶ハイをお願いすることが多いのですが、使用しているのが加賀のほうじ茶らしく、香ばしくておいしいのです。

1160円。ごちそうさまでした~


https://jentlemankamata.owst.jp/

この日は上席主催の仕事のお疲れ様会(^^♪のため、渋谷「奈加野」さんへ。生ものが自慢で、特に鰤しゃぶが名物とのこと。この日を心待ちにしていました。

DSC_1457

DSC_1458
場所は東急ハンズのそばです。こんなところに、こんな素敵な店があったなんて。

DSC_1467
古民家風の店内は居心地抜群。飛騨で飲んでいると言ってもわからないナイストーン。大好きな日本酒が私を呼んでいます。この日に備え、視力も好調です。高知の南が見えます。


DSC_1459
DSC_1460
DSC_1461
DSC_1462
日本酒に合う料理が満載です。私は初訪なので、周知の上にお任せしました。日本酒のメニューを取り忘れたようです…。

DSC_1463
生中でお疲れさまでした~!からスタート。

DSC_1466
お刺身3点盛り。マグロ、タコ、もう1つカンパチだったと思います。

DSC_1468
ということで、早々に日本酒へ移行。長野の宮坂酒造 真澄 純米酒寒造りをいただきました。真澄といえば7号酵母発祥の蔵元さんですね~。さすがおいしい!こなれた感じで、女優さんでいうと、泉ピン子さんのような味でしょうか。

DSC_1470
DSC_1471
わ~~~い!鰤しゃぶです。生でもいいほどのクオリティ。


DSC_1472
ボトルが運ばれないので同じフォルムですが、新潟の朝日酒造 久保田の千寿があったのでいただきました。すっきりした辛口。素晴らしい。


DSC_1465
このほかにも手羽餃子が名物らしくいただきましたが撮影し忘れました。


DSC_1469
高知の亀泉酒造 亀泉 特別純米。仁淀川水系の水で仕込んでいて、純米ならではのうまみを感じました。仁淀川というと、宮尾登美子さんを思い出します。全作読了したなぁ…。

日本酒をどれくらい飲んだか記憶が…。この日のお疲れ様会のメンツは酒豪ぞろいだったので、日本酒を飲む飲むでした。

10年、20年の長い付き合いの方ばかりだったので話に花が咲き、腹筋炸裂するほど本当に楽しかった~~!
上席さま、本当にごちそうさまでした~(*^-^*)

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13075446/

横浜の高島町に19年4月オープンした「S/PARK|資生堂」へ仕事がらみでうかがいました。入館料無料です。

DSC_1320
体験型ミュージアムで、これまでの資生堂さまの歴史を公開。昔懐かしいポスターやグッズが陳列されています。

DSC_1321
DSC_1328
香りを調合できたり、資生堂のあらゆるコスメを無料で使用できるビューティーバーがあり、男性の化粧品?もありました。

DSC_1332
DSC_1333
免疫力を高める最新化粧品もありました。化粧水、リップ、クリーム、ヘアケア商品まで幅広く置いてあり、全部無料で試せるので、購入を考えている場合、利用するといいかもですね。

DSC_1339
資生堂パーラー監修の「エスパークカフェ」もあり、体を考慮したヘルシーメニューを味わうことができます。吹き抜けのフルハイウインドウで、気持ちいい空間です。

DSC_1336
ランチプレートA1200円をいただきました。10種の総菜から3種選べます。サラダのドレッシングも2種からチョイス。オムライス、スイーツ、後で気づきましたがビール、ワインなどもあります。

https://spark.shiseido.co.jp/


DSC_1366
その足で、元女子プロのカルロス天野さんとの一席のため、東神奈川の「三国屋」さんへ移動。昭和9年から続く酒店で、角打ちでしたが、数年前から料理を出す居酒屋にリニューアルしました。店の中のすべての酒を「酒店価格」で飲めます。吉田類さんの酒場放浪記にも登場。

DSC_1375 (2)
女子プロの方々が集う酒場でもあります。久しぶりに酒豪カルロスさんと。

DSC_1367
DSC_1368
鮭かま500円!


DSC_1379
料理が本格的で300円~。刺身、焼き魚、ピザなどかなりあります。


DSC_1382
ウーロンを撮り忘れましたが、ウーロンハイでいただきました。ボトルも1500円のリーズナブルさ!酒店プライスです(^^♪

DSC_1383
60年の年季の入ったぬか床でつける女将さんのお新香が絶品なのです!!

DSC_1385
今更ですが、3代目の計らいで、ボジョレーヌーボーをいただきました。


DSC_1387
ピザもおいしい!!600円。4種のチーズを使用しています。

昭和レトロのアットホームな雰囲気がたまりません。ご主人もお客さんもいい方ばかり。

酒場は人と人とのご縁をいただけ、日ごろ耳にできない貴重な話も聞ける、まさに酒場大学です。

ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14053211/


鮮度抜群の刺身で立ち飲める「たの平亭 刺身専門店」さんへ夕ごはん。その日仕入れた刺身を300円~そろえ、ホワイトボードに記載されます。

DSC_1445
全開なので風通し抜群。厚着をおすすめします。店を囲むように屋外にも立飲み席があります。

DSC_1439

7e5ec371-s (2)
日本酒はぬる燗が飲みたかったので、つけてくれるワンカップにしました。

DSC_1446
ぬる燗のわがままにご対応いただきました~。
新潟の下越酒造「ほまれ麒麟」別撰辛口450円。超辛口の食中酒ですが、酒のうまみを残しているのが最高です。雪が舞う新潟の居酒屋でしっぽり飲んでいるのを想像しつつ…。

DSC_1441
サヨリ、さわら、真鯛、スルメイカなど大御所目白押し!お寿司、炊き込みご飯なんかもあります。氷見のぶり500円があったのでお願いしました!!

DSC_1442
白~赤のグラデーションが絶妙、霜降りです。富山は我慢、蒲田で堪能。

DSC_1440
続いて、京都の山本本家の天王山 吟醸酒450円。


DSC_1443
あん肝350円。日本酒に合わないわけがありません。

つかの間のリフレッシュ口福、ごちそうさまでした~


DSC_1437
蒲田もいい酒場が眠っています

https://www.facebook.com/tanoheitei/

昼間は越後十日町そばの立ち食い、夜は新潟の日本酒で立ち飲めるのが「がんぎ」さんです。都内で数店舗展開していますが、こちら日本酒好きにおすすめの穴場なのです。

DSC_1410

DSC_1413
夜の目玉、日本酒かビール、料理3品付きで1100円のお得なセットがあり、この日はぶり祭りでした!


DSC_1411
日本酒は、鶴齢、景虎、魚沼など新潟を代表する銘柄がズラリ!セットは530円以下の中から選べます。

DSC_1412
麒麟山 生辛をお願いしました!吉乃川、天領盃、越後で候などナイスラインナップです。

DSC_1414
これで1100円(*^-^*)日本酒530円を除いたら料理代は570円の驚嘆価格!!ぶりの刺身、ぶりのあら煮、おしんこうの構成で、これだけで何杯も飲めます。

ぶりの刺身も脂の乗り具合が絶妙で、どれを食べてもはずれがないのが魅力。

DSC_1423
DSC_1425
ということで、日本酒をもう一杯お願いしました。表面張力、腕が光ります。大洋酒造の「紫雲 大洋盛」、精米55%、五百万石などで醸しているようです。端麗辛口で、飲んだ瞬間からフィナーレまで、キリリッとしまっていました。


ごちそうさまでした~

http://e-bento.co.jp/gangi/



横浜新市庁舎、北仲ブリック&ホワイトなど、新名所でにぎわう馬車道エリア。この日は仕事がらみで「横浜ハンマーヘッド」へ。コロナウイルスの影響か、客足まばら、貸切状態。


新港ふ頭客船ターミナルをリニューアルし、観光名所にしました。海が目の前なので、ロケーション抜群です!対面にはマリン&ウォークヨコハマがあります。
DSC_1344

DSC_1347
名前を冠する「ハンマーヘッド」は2Fにあります。


DSC_1345
1Fはジャパニーズラーメンフードホールをメインに、伊藤園、バーもあり、昼飲みもOK!ちなみに一緒に行ったラーメン本担当は、こちらのラーメン全店制覇したそう、さすがだ!

DSC_1351
DSC_1350
2FのYOKOHAMA CARAMELLABOでは時間制で試食会を実施。作りたてのキャラメルを110円で試食できます。

このほかにも、鎌倉紅谷 Kurumicco Factory、ありあけハーバースタジオなど、旬のお店が並んでいます。

DSC_1352
DSC_1354
1FのQUAYS pacific grillさんへ。店内でビールとジンを醸造していて、作りたてを口にできるんです。2F席もあり、海が一望!!

DSC_1355
DSC_1356
ビールの醸造は1F。

DSC_1365
ジンのタンク

DSC_1357
DSC_1358

DSC_1359
カウンター好きなので、カウンターに。

ラッキーなことに1周年記念に醸造されたダブルヘイジーIPA700 円がありました!度数9.0と危険ですが、パイナップルといった柑橘系の豊かな香りで、飲みやすく上品!香りを高めるため、あえてワイングラスでサーブ!

DSC_1363
ナンバー8のジンをロックでいただきました。炭酸で割ってもよかったかも。

DSC_1341
いつうかがっても横浜は本当にいい街です!!いい酒場も眠っています。

https://www.hammerhead.co.jp/

関内駅から徒歩1分。1872年創業、6代続く天ぷらの老舗(老舗=100年以上続くお店)「天吉」さんで、この日は打合せでした。

DSC_1290
DSC_1291
こちら、実は、サザンオールスターズの原由子さんの御実家なのです。原由子さんのお兄様が御大です。久しぶりにうかがわせていただきましたが、相変わらずかっこいい!!!(^^)!

DSC_1294
生ビールはプレモルです!

DSC_1292
天ぷらの薬味は上記プラス、卓上の岩塩などがあります。

DSC_1297
先輩方の注文により、極上天盛り3080円をいただきました。すごいボリュームです。

このほかサラダなどもおねがいしましたが、撮影しわすれ…。海老の頭が別に揚げられているところ、さすがです。一皿でおなかいっぱいになりました~!

薄衣の天ぷらは、揚げることで素材の旨味が引き出されていました。いつうかがってもおいしい、まさに日本伝統の技です!


濱天丼1620円が名物ですが、定食、丼1000円台~あります!

師匠、ごちそうさまでした


https://r.gnavi.co.jp/g957000/



↑このページのトップヘ