中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

2021年03月

この日は仕事で関内へ。意外と立飲み店が少ない関内ですが、オープンしてから大人気なのが「立ち飲み処 桂」さんなのです。その日仕入れた鮮度抜群の刺身が300円均一(一部除く)なんです!

横浜には、最近この系統の立ち飲みが増えつつあります。

DSC_0926
DSC_0934
すでにいくつか売り切れていました。この目の前のケースに生ものが入っており、注文してからさばいてくれます。


DSC_0930
DSC_0931
強炭酸のサワーがおすすめです!こちら、割物はキンミヤ焼酎を使用しています。ファンはうれしいですね。


DSC_0928
チューハイが350円!シュワシュワしていて、おいしい~、のどがうなります(*^-^*)

DSC_0932
DSC_0935
おすすめのホヤ、あおやぎをいただきました。このクオリティ―で300円とは、いやぁー素晴らしいです。


DSC_0939
抹茶ハイ350円をいただきました。もちろん焼酎はキンミヤです!

大満足でした~。オーナーはみなと刺身専門店出身の方で、知っている人でした。なるほど、形体が似ているわけです。


https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14074513/


駅まで、横浜の歴史的建造物を見ながら帰宅しました。
DSC_0949
横浜開港記念館、通称ジャックの搭、クイーン、キングと並ぶ三搭のひとつですね~。
昼間もいいですが、個人的にはライトアップされた夜が好きです。何と美しい佇まい、うっとりします。

https://www.welcome.city.yokohama.jp/spot/details.php?bbid=187

DSC_0944
三井住友銀行関内。白い石造りの外観がいいですね~。

このエリアには、まだまだこういった建物が残っています。

昨年、横浜駅西口にリオープンした駅ビル「シァル」。雨がふっても濡れない駅直結、横浜エリアはシァルが強しです。

3フロアで展開する地下街には、角打ちもあれば、日本酒専門の飲み店もあり、バラエティー豊かなんです。その地下3階「バル&キッチンハマチカ」にある「CRAFT BEET TAP9」さんへ。オーナーはクリエイト・レストラン。

DSC_0924


DSC_0923
DSC_0921
こちらもクリエイトさん。シュラスコのお店です。

DSC_0912
文字通りタップが9つあり、オリジナルは1種のみ。ハーフパイント690円~。

DSC_0917
伺った日のラインナップはこちら。好きなバラスポイントがありました。サンクトガーレンのイベントビールもあり、今回は3月14日向けですね。

DSC_0914
好きな3種がセットになっていたので、こちらをいただきました!

DSC_0919
左からオリジナル タップIPA、バラスポイント・ファゾムIPA、サンクトガーレン スイートバニラシャウト。

オリジナルタップ、おいしいですね~。柑橘系のさわやかなテイストの中にひそむほどよい苦みが絶妙です。ほかを醸造しないのかうかがったところ、今のところオリジナルはこの1種のみだそう。

DSC_0923
フードコートなので、好きな料理&酒を中央のテーブルで飲食できますが、結構いいお店がそろっているので、穴場かもしれません!

https://www.cial.co.jp/yokohama/floorguide/index.php?floor=3

横浜駅きた西口に、今や貴重な飲み屋街があります。「狸小路」です。横浜ビブレ前の川沿いに連ねていた屋台が、市からこちらに移動をいわれて飲み屋街が誕生しました。新宿西口「思い出横丁」のショート版といえば伝わるでしょうか。

70年ごえのお店ばかりでしたが、最近代がわりで、他企業に貸すところも出て、新しい店も登場しています。

DSC_0942
昭和の雰囲気がいいですね~、クローズしている店も多いです。

DSC_0175
伺ったのは先月。さすがに人はまばらでした。

うかがったのは「焼鳥 お加代」さんです。お加代さんは2店舗あり、徒歩1分の場所に本店、こちらは支店の狸小路店。フライフィッシングでは世界的に有名な田代さんのお店。釣り好きのカーター大統領に招聘されているほどの腕前。ニンフも出ていますね~。

DSC_0946
ラインナップはこちら。個人的にラム串好きですが、揚げを鶏肉で巻いたあげまき、平成だんご、ポテトベーコンなどの創作串がそろいます。もちろん創業からのシロ、レバもあり、1本160円~。すべて素材をさばいて一から手刺ししています。

横浜駅徒歩1分の好立地、座りのやきとり店がこの価格で出せるのは、店が「借り」ではないからできるそう。

DSC_0945
生ビール500円をお願いしました。

DSC_0179
ラム串、ピー鳥、平成だんご、ぎんなんをいただきました。ラム串はオレガノがポイント!独特の臭いを消すため試行錯誤したそうな。

DSC_0953
緑茶割420円。割物に関していうと、使用している焼酎が安い銘柄ではないようで、全体的にフルーティな味がするんです(毎回思うんですが聞くのを失念、次回の課題)。焼酎の入り具合は1/3強ほど(予測)、悪酔いしたこともなし。


DSC_0948
あげまきはわさびをのせているのが味のキー。中はささみなので、相性抜群です。あげも香ばしくて、焼き具合が絶妙です。

ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14024513/




意外に立飲みが少ない慶応仲通りですが、古株の立飲みが「一心」さん。親子で切り盛りしています。この日は飲み仲間の快気祝いです(立ち飲みで)。

DSC_0890


DSC_0892
いわし丸干150円が、飲兵衛が集う店の証。
店内は立飲みカウンター、奥に小上がりの構成です。

DSC_0896
DSC_0894
料理は100円~、酒は280円~のリーズナブルさのせんべろ優良店!日替わりでサービス料理を低価格で提供しています。今回はもやしのゴマ和え150円!


DSC_0899
緑茶割320円をお願いしました。うれしいことに、一心さんの割物は、超濃いんです!!恐るべし焼酎の入り具合、半分以上は入っている、焼酎の味しかしません。

今はなき東神奈川の「みのかん」の濃さを彷彿とさせます。しかも緑茶の色は薄くないので、すごいなぁ。酒場魂を感じます。お酒の弱い人は、これを飲んだら倒れるかも…。

DSC_0895
カキフライ400円?をお願いしました。

DSC_0897
仲間がラビオリ200円をオーダー。
小さいので、酒のおつまみに最高!

こちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13025015/dtlmenu/photo/



この画像はだいぶ前のものです。旬の日本酒をリーズナブル飲めるのが「蕎麦 地酒 かずひら」さんです。知人のお店で、日本酒好きがこうじて資格も取り、念願の店を3年前にオープンしました。

46849182-s
女性一人でも入りやすい店構え。

DSC_0228
都内中心地にいけば高値な旬の日本酒を400円~そろえています。ほかにはない面白い銘柄をおいているのでかなり穴場、日本酒好きにおすすめです!

DSC_0223
奈良県の光栄菊酒造 スノウ・クレッセント 無濾過生原酒500円 初めてです!うまい!!
甘酸っぱくて、若々しいフレッシュ感がいいです~。うすにごり好きの方、おすすめです。

DSC_0236
京都の松本醸造 守破離 忘年会 五百万石 うすにごり2020  500 円。ネーミングが素晴らしい!杜氏が「2020年お疲れさまでした」と心を込めて作ったそう。柑橘系のようなさわやかな口当たりで、シュワシュワとしたきれいな酸が絶妙でした。こちらもはじめていただきました。さすが、ナイスセレクト!最近の日本酒はネーミングもおしゃれです。

DSC_0225
鴨ロースをいただきました、600円のリーズナブルさです。


DSC_0240
山口県の永山本家酒造場  貴 初しぼり新嘗祭 直汲み生原酒500円。フルーティーでほんのり甘いんですが、締める渋みも備えていました。新嘗祭という言葉が響きますね。

中心地に行くと、場所代もあるから値段も倍近いんだろうなぁ…。堀切レートすごし!!!

https://kazuhira.owst.jp/

芝浦の裏通りに位置するからか、あまり知られていませんがおいしいワインを飲める店が「ボナ・キッチン」さん。ほかにはないワインをお手頃価格で飲めるとあり、実はワイン通に人気なのです。惜しまれて閉店した名酒場「大平屋」さんの目の前。

DSC_0864 (2)
看板もおしゃれです。

DSC_0865
エレベーターで3Fへ。隠れ家感がいいですね。


DSC_0868
カウンターとテーブルがあり、感染症対策のため、きちんとパーテーションで仕切られています。マスク入れ袋もいただけます。お通しは自家製フォカッチャです。


DSC_0866
白ワインからいただきました。珍しいギリシャのワイン、ミナロスワイナリーのアシルティコ100%。
800円、ビンテージは2019。このワイナリーは、手摘みで熟したブドウをえりすぐり、低温で管理しているそう。口当たりまろやかでハーブのような香りがたまりませんでした!おいしい!!さすが。アシルティコは初めてかもしれません。


DSC_0872
シャトー・ラボルド・オー・メドック・クリュ ビンテージ2010 !!ボルドー、メドックの当たり年のワインらしいです。900円。ブラックフルーツの濃厚さに程よい酸味、クリーミーな木の香りが混然一体。口に含んだ瞬間のタンニンも絶妙でした。いや~~~、本当においしいです!


いつうかがってもナイスセレクトです!!

5000円台でお値打ちワインを出してくれるので接待にもおすすめで、ワイン好きをお連れすると喜ばれます。


https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13060827/

http://bar-socie.jp/








↑このページのトップヘ