中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

2021年04月

川崎駅周辺で14時から立ち飲める「立ち飲み 天下」さんは、ご家族で切り盛りされているアットホームなお店です。久しぶりにうかがいました~。

DSC_0179DSC_0183
メニューボードに書かれた料理のほか、カウンターにその日の総菜が並びます。250円が多いです!
お酒は270円~で、サワー類310円。

DSC_0187
私のお目当ては、ハイボール310円です。天下さんは昔から白州、山崎のハイボールを各310円で飲めるんです。昔は300円だったので10円値上がりしましたが、それにしても安い。

DSC_0186
白州と山崎のハイボールを1杯ずついただきました。ないないといわれていますが、昔から年間で何百本開けているお店にはおろされるそうです。あるところにはある、というのが分かります。世の中の仕組みでございます…。

DSC_0185
大好きな湯豆腐270円、ダシで煮込む横須賀発祥の肴ですね~。

ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14004794/

精肉卸売直営の「矢澤」さんが手がけるレストラン「ミート矢澤」さん。美食家が集うことで有名なステーキ店ですが、お世話になっているTさんにお誘いいただきました(*^-^*)

DSC_0221
夜の部。オープン前にすでに待機組が2組。

DSC_0223
DSC_0224
入り口には牛さまの個体識別番号、産地の看板が掲げられ、確かな品質を実証。

DSC_0225
DSC_0227
DSC_0229
シャトーブリアンステーキ9350円!

DSC_0231

DSC_0226

DSC_0234
テーブルとボックス席の構成です。

DSC_0233
ピノノワール900円のグラスワインからスタート。ほんのり渋みがあり大好きな赤ワインです。

DSC_0235
店通のTさんにオーダーはすべてお任せしました。コブサラダ950円。アボカド、鶏肉、焼きベーコンなどボリューム満点で、美味!

DSC_0240
ふわふわのパン300円。

DSC_0238
単品のチーズハンバーグ2180円。中は半レアで、口中でジュワっと肉汁がはじけ、素材の旨味を感じました。矢澤さんハンバーグのおいしさ不動ですね~、久しぶりにいただきました~。

DSC_0237
お待ちかねのシャトーブリアン。


DSC_0241
ナイフを入れると、やわらかさに感動!焼き加減絶妙のロゼ色の肉が登場しました。味わい上品で、「とろける」とはこれをいうのだなと思いました。マッシュポテト、コーンの付け合わせも妙味でした。ちなみにソースは矢澤オリジナル、香草バター醤油をオーダー。美味しすぎます"(-""-)"

DSC_0242
Tさんも酒飲みなので、引き続きハイボール700円へスイッチ。ウイスキーは「角」だそうです。肉料理に合います。

ごちそうになってしまいありがとうございました。お正月気分でした。

http://kuroge-wagyu.com/my/index.html




神戸仕事のラストです。ホテルのすぐそばの「生田神社」へご参拝に。縁結びで有名な社で、境内には「生田の森」があり、枕草子をはじめとする書物に記されている由緒ある森。稲荷神社、ご神木、包丁塚などが点在し、すごく気持ちがいいです。

DSC_1205
DSC_1206
DSC_1210
DSC_1211

仕事の後に、M編集長、カメラマンと打ち合わせに。半端な時間だったのであいていた「サイゼリヤ」に行きました。
DSC_1232
「神戸と東京では何か違いがあるのかな?」「内装がおしゃれ?」「メニューが異なる?」などあれこれ論議しつつ入店。

DSC_1231
確かに内装が少し違うような??

DSC_1218
DSC_1219

DSC_1220
DSC_1221
DSC_1223
DSC_1223
DSC_1224
DSC_1225
さすがにメニューは全国共通のようです!

DSC_1235
仕事も終わったので、スパークリングをボトルで頂きました1000円!

DSC_1226
個人的にお気に入りのムール貝のガーリック焼き400円。

DSC_1227
ピザマルゲリータ400円。

DSC_1228
比較的新しいメニュー、ラムのアロスティチーニ400円。

DSC_1229
辛味チキン300円。

DSC_1230
ミートソースボロニア風400円。

DSC_1237
帰路は、M編集長と関西限定の「れもんびいる」を購入し、車中でいただきました。味はレモンの苦みがかなりきいておりました。

https://ikutajinja.or.jp/
https://www.saizeriya.co.jp/

川崎駅周辺は工場街のなごりから、朝から飲める食堂の多さが魅力です。駅のそばにあり、朝8時30分からにぎわっているのが「丸大ホール」さん。この日は久しぶりの訪問。スタッフにも久しぶりと言われ、考えてみると1年近く伺っていませんでした、気を付けます"(-""-)"

DSC_0164
戦後創業。名物女将が他界し、現在は息子さんが受け継ぎました。耐震の関係で立て直しましたが、常連さんから「店内の雰囲気を変えないでほしい」とあり、何百枚も撮影して、昔の雰囲気を再現したと聞きました。

DSC_0167
レモンサワー300円からスタートです。

DSC_0166
DSC_0171
どれにしようか迷ってしまう品ぞろえ!しかし私がいつもお願いするのは

DSC_0169
肉豆腐450円。ベースのダシは1週間かけて作っているそうです。豚肉もダシにしているので、少々固め。酒のおともに最高です。

DSC_0174
アジフライ400円。丸大さんのアジフライはビッグで食べ応え満点。衣に味が付いているのでそのままでもOKです。

DSC_0172
ウーロンハイ350円に移行。満席で入れず弾かれるお客さんが続出。相変わらず人気です。

DSC_0175
仲間が筍煮をオーダー。350円でした。

いつ伺ってもアットホームな雰囲気、ゆるゆるな雰囲気がいいですね~!
ごちそうさまでした~。


https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14006825/







ほや好きの飲兵衛にとって「ほや」は最高の肴ですね!刺身以外の料理で飲むなら「和バル 森ツ田」さんです。店は日本橋浜町の路地裏にあります。

DSC_1096
DSC_1097
ご夫婦で切り盛りされ、奥様が調理、ご主人がホール担当。梅干し、味噌、麹などすべて手作りにこだわっています。モダンな店内は、カウンターとテーブル席で構成されています。


DSC_1098
八丈島の焼酎・情け島があるところをみると、かなりの酒通!香ばしくて大好きな焼酎。

DSC_1099
DSC_1102

DSC_1103
奥様とお話ししている内に「ほやほや学会」なるものがあると初めて知りました。これは見逃せません!

DSC_1105
ほやは刺身だけかと思っていましたが…。生まれて初めてほやの天ぷら750円を口にしました。塩でいただきますが、みずみずしさやプリっとした食感も残っていておいしい!そのほか、刺身、ほやの一升漬けなどもありました。

DSC_1108
DSC_1104
日本酒はその日の裏ボトルがあるとのことで、お願いしました。1本目は秋田県栗林酒造店「春霞 純米限定瓶囲い」600円ほどでした。美郷錦に、蔵つき酵母で仕込んだそう。香り穏やかで、旨みやミネラル感もありました。

DSC_1109
次に、秋田に行ったときに飲んだことがある酒蔵さん!限定流通酒の一本義久保本店「伝心 稲 純米酒」はいくつか賞を得ている一本。辛口ながらふくよかでおいしい!こちらも600円ほどだと思います。

いい日本酒をそろえています!

DSC_0161

日本酒&ほや好きの方、ぜひ!

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13220054/

天狗でおなじみのテンアイランドさんのせんべろ店「大衆スタンド神田屋」。徐々に勢力を広げていますが、いよいよ田町に進出です。

店内は意外と広くカウンターとテーブルで構成。以前テンアイランドさんの串焼きの店だったような。

DSC_0108
DSC_0109
DSC_0110
チューハイ190円、現在ブームのタワーレモンサワー、クリームメロンハイもあり、よく研究されています。神田の立ち飲みにはいきましたが、メニューが若干異なるようです。


DSC_0112
まずはチューハイ190円をいただきました。着席でこの価格、すばらしいです!


DSC_0113
神田屋さんといえば餃子!3個140円をオーダー。このままでもいける味付けです。

DSC_0118
次はウーロンハイ190円をオーダーしました。

DSC_0121
シメサバ290円は三陸産の金華鯖とのこと、コスパスゴイです。

DSC_0125
DSC_0123
シメサバといえば、日本酒です! 神田屋さんは日本酒もリーズナブルで、真澄、大七など350円。迷わず山口の五橋 純米吟醸をチョイスしました。

トータル1300円ほどでした。田町の居酒屋の脅威になりそうです。ごちそうさまでした。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13257251/


↑このページのトップヘ