天気がよかったので、暴れん坊将軍(真相不明)八代吉宗が手がけた飛鳥山で知られる王子へ。親水公園は(HPhttps://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bunka/koenichiran/otonashishinsui.html)、新緑が茂り、涼しげな影を落としていました。

その足で108年続く「山田屋」さんへGO(^^♪。昭和の趣ある空間、味わいのあるテーブル、歴史の時を刻む時計など、遺産ともいえる100年酒場です。5代目は書家で、日展にも出品しているほどの腕前。展覧会のように壁に張り巡らされた達筆の短冊はすべて5代目の直筆。技が光ります。私も7歳から書を続けており、毎年中国の展覧会に出品しているのですが、今年はコロナ禍の影響で開催が延期に…。芸術への影響も感じます( *´艸`)。

いつものようにセルフで炭酸を出して、焼酎をオーダー。シュワシュワした炭酸がプハァーうま~~いの一言。家飲みと比べ、なぜこんなにおいしいのでしょう…。ハムカツ190円、そば入りの半熟卵270円、こはだ酢をお供にいただきました。現在は、20時までの時短営業のもよお。

今月までお休みの居酒屋さんが多いようです( ;∀;)。DSC_1001
DSC_6115
IMG_20200526_095003
日本の都市公園100選だったんですね


DSC_6118
DSC_6121
こちらのご予約席は毎日通う常連様のための貴賓席

ギネス社に提案したい「ギネス」の短冊

DSC_6120
DSC_6123
DSC_6124
DSC_6125
DSC_6128
DSC_6117
一福さんは今月いっぱいお休み。美人ママの拝顔しばしお預けなり( *´艸`)

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13012322/