新子安は工場地帯で、数十年続く酒場が点在していますが、早くから飲める店が意外とないのです。

その中でダイヤモンドのように光り輝くのが、駅から徒歩1分、50年続く「大衆割烹酒蔵きしや」さん。16時開店!!

DSC_7189
店内は1階のカウンターとテーブルのほか、2階にも席があります。相変わらず人気で、この日はカウンターに座れず、テーブルに…。

DSC_7193
DSC_7194
料理は60種以上そろえ、刺し身、揚げ物など、どれも安定のおいしさで300円~。

しかも、酒が300円~と安いんです! というのも、昔、新子安駅前にあった酒店さんが母体で、その当時いろいろな飲食店を経営していたからだそうな。そして昭和40年ごろ開店しました。


DSC_7197
きしやさんといえば、もつ鍋以外で人気なのが「ハムカツ」380円です!こちらは独特で、うす切りのハムの間に何と玉ねぎを挟んで揚げています。歯ごたえを残した甘い玉ねぎがアクセントになり、どんな酒にも合います。衣もフワサクで、食べるとサクリとサウンドを立てます。

ちなみに、もつなべは1年中味わえます。

DSC_7191
ウーロンハイ350円。本日も濃い、濃厚、好調!


新子安には、昔、ビデオデッキVHSを創出した日本ビクター(現JCVケンウッド)がありました。開発責任者がこの店の常連で、会社の取締役をこちらに招いてVHSの構想を話したそうなんです。映画にもなりました。



d4cfa12d-s
店にはシンボル・ビクター犬のニッパーちゃんがいっぱい並んでいます!

その話に関する前回の記事→ http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/22485408.html

酒場は大学、奥深いです。

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140211/14012350/