浜松町駅から徒歩3分。オフィスビルの谷間にある「玉川屋酒店」さんは、角打ちができます! 

DSC_0819
心ときめく店構え。足を入れれば、同じ志を持つ人が集う飲んべえワールド!立ち飲みコーナーのほか、着席シートもあります。

DSC_0821
生ビール280円、サワー類250円~、恐るべしのリーズナブルさです。

DSC_0822
さすが酒店だけあり、コップ酒290円~、ワイン、ホッピーもあります。ホッピー250円の中は、キンミヤ焼酎180円です。

DSC_0823
生ビールからスタート!立派なグラスで280円、驚嘆プライスです。私の家にもこのジョッキがあります!

DSC_0826
以前うかがったときと同じ価格で暴落なし、暗記できそうです。

DSC_0824
こちらの魅力は手作り料理がある点。ポテサラ160円はいもの食感を残し、胡椒をきかせて、酒に合うよう仕上げています。1人飲みには、こぶりでちょうどいいサイズです。

DSC_0847
友人合流で日本酒にスイッチ。秋田県八重寿銘醸の白神山地の四季 特別純米390円。白神山地の水で仕込んでいるそうです。カップ酒のラベルとは思えない、新人さんのようなさわやかさ。超スッキリ味で、透明感もあり、くいくい飲めてしまい、いや~~~これはデンジャラスです。

DSC_0851
富山県を代表する銀盤酒造の剣岳 本醸造390円。サウナの後のように爽快で、後味キレキレです。山廃のように少し酸味がありました。

DSC_0846
鶏手羽と大根の煮物280円だったか?もちろん手作りです。

相変わらずレベルが高く、飲んべえのオアシスです。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13038582/