神戸・三宮~元町方面へ向かった高架沿いにある「金盃 森井本店」さんは、大正7年創業、100年ごえの酒場遺産です。酒店からはじまりました。

神戸灘の日本酒「金盃 」が飲める店として、全国からファンが集います。

DSC_0964 (2)
惚れ惚れする店構えです。興奮してしまいます!

DSC_0967 (2)
歴史を感じますね~。ホールは人生の先輩女将がスピーディーに切り盛り。尊敬します。

DSC_0966
小芋、バイ貝、辛子酢みそ和え…。飲兵衛のハートを鷲掴みのメニュー構成です。炒め物の焼きそばが塩、なぜか焼きうどんを挟んで、ピリ辛のみなのが目を引きます。ソースはご法度なのか…。

DSC_0974
ほうじハイがあるのが素晴らしい、しかもソフトドリンクが「ほうじ茶175円」のみの潔さ。
うっかり「オレンジジュースお願いします~」と注文したら、イエローカードか退場か(余計なお世話)。

DSC_0965
もちろん金盃からスタートです。こちらは金盃の樽酒を飲めるんです!(^^)!公式でも販売していないので、昔ながらのルートなのでしょう。ものすごく希少だけに、これ目当てに他県から足しげく通う飲兵衛がいるのも頷けます(*'▽')

灘の男酒ですね、キリリっとした辛口でも優しさがあるんですよね~、金盃、やはりうまい!!

DSC_0971
関西といえば酢でしめた「きずし」です。普通は鯖なんですが、森井本店さんには何と「鯛」のきずしがあるんです~、かなりレアです。酢加減ほどよくまろやかな味わい、日本酒と絶妙のハーモニー。

盛り合わせ980円なり。

DSC_0975
ポテサラ好きなのでオーダーしました!(^^)!コショウが効いた王道系です。皿に野菜、ポテサラをドンッの豪快な盛り付けが定番ですが、洋食のように丁寧に盛り付けられ、感動。しかもレモンで彩をプラスしています。

DSC_0969
一朝一夕では作れない、安藤建築に引けを取らない空間。味がありすぎて、うっとり見惚れてしまいました。

Jさん、ありがとうございました~(*'▽')

https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28001608/