東京23区の一等地・港区芝に酒蔵があるのをご存知ですか?「東京港醸造」さんです。床面積22坪の4階建てのビルで醸造しています。前身は1812年創業の造り酒屋「若松屋」さんで、1911年に一度幕を閉じましたが、2016年に7代目が復活させたのです。江戸時代、このあたりは薩摩藩邸で、西郷隆盛が愛した酒蔵でもあり、実際、直筆が残っています。DSC_1521

DSC_1522
酒蔵の前で搾りたての酒を立ち飲めるテイスティングカーがあります。

DSC_1523
日本酒は一律350円です。現在は平日13時、土曜は14時開店。

DSC_1524
杜氏の寺澤さんは、8坪でも日本酒造りができるクラフト蔵🄬工房を開発し、サイズは手で持ち運べる小ささ。万博などのイベントがあれば、機器を手に全国各地で日本酒が醸せる、そんな時代に突入させたのです。

DSC_1526
それだけではありません。地球環境で米のとぎ汁が汚染の1つであるため、無洗米の日本酒造りにも着手。今回のお目当てはこちらでした!SUSTAINABLE SAKE 純米吟醸原酒です。

DSC_1530
かなりミネラル感があり、あと味キレがありました。無洗米を洗米せずそのまま醸しているから?おいしいです(*^-^*)


DSC_1534
軽いスナックもあります~!

DSC_1528
DSC_1540
次にいただいたのが、東京の酒米、一昨年偶然にも発見された東京酵母(明治時代のもの)で醸された「オールトーキョー純米吟醸」です。こちらは吟醸らしく少し甘めで、かなり余韻が長いです。素材不足で無くなり次第、その後、しばし飲めないかも…とのこと。


http://tokyoportbrewery.wkmty.com/