中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 赤羽・王子

8代吉宗が手掛けた飛鳥山がある行楽地・王子には、100年ごえのお店が点在しています。こちら山田屋さんもその1つ。100年以上、5代続く酒場です。昔の名残で、朝8時から飲めるんです(*'▽')

DSC_1543
DSC_1545
5代目は書家でもあり、お知らせや短冊はすべて書。達筆ですね~。

DSC_1546
DSC_1547
口開け、一番乗りです!この昭和の雰囲気がたまりません。

DSC_1548
焼酎の炭酸割をお願いしました。炭酸やビールなどは冷蔵庫からは自分で出すセルフスタイル。焼酎はいいちこか太郎から選べます。お願いすると4代目がグラスに表面張力で注いでくれ、分量は2杯分のうれしさ(*^-^*)

DSC_1550
DSC_1551
その日のおすすめ、煮こごり、マイタケの天ぷらをオーダーしました。300円台です。

DSC_1553
DSC_1554
ぬる燗が飲みたかったので、白鷹の青松1合300円をお願いしました(4代目によると一級酒)。兵庫の酒蔵で、伊勢神宮に唯一献上を許されている御料酒でもあります。https://hakutaka.jp/ise/g
おかげ横丁に角打ちがありますね~。つけ具合絶妙、後味に切れがあり、ぬる燗に最高です。

DSC_1556
今や希少な熱燗機でつけてくれます。

DSC_1558
小肌酢350円?といただきました。

DSC_1541
建物老朽化のため、11月いっぱいでクローズすることに(;´Д`)。1年半ほど休業されるそう。この雰囲気が失われてしまうのは残念ですが、新たな山田屋さんも楽しみです~。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13012322/



あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

この日は王子にある「山田屋」さんへ飲み納めにうかがいました。その前に「王子稲荷神社」へご参拝。

「王子稲荷神社」は落語「王子の狐」の舞台でもあり、康平年中(1000年代)に征夷大将軍の源頼義より「関東稲荷総司」の称号をいただいた由緒ある神社です。徳川将軍家代々の祈願所でもあり、歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれているほどなのです。そういえば名所江戸百景は、上野、亀戸、蒲田、四ツ木など、いい酒場のあるエリアが描かれているかも…。

実は王子は歴史ある街。
DSC_0252
DSC_0248
DSC_0250
この社の裏手に進むと、おもかる石が置いてある「御石様」があります。叶えたい願いがあれば、願いながら石を持ち上げます。重いとその願いは叶わない、軽く感じたら叶うと言われています。

石を持ち上げても、毎回この重さは、重いのか軽いのかわからないので、微妙ということでしょうか"(-""-)"。ご興味のある方はぜひ。

DSC_0254
「石鍋商店」さんのくずもちとあんみつもおいしさで有名!

DSC_0255
こちらも130年以上続くお店。王子は100年ごえの店が結構あります、江戸から続く行楽地だけありますねー。

DSC_0007
DSC_0009
「山田屋」さんも5代続く、100年ごえの老舗酒場。さすが歴史ある街、昔ながらのいい酒場が眠っています。

DSC_0015
いつうかがってもこの空間、落ち着きます。

DSC_0010

DSC_0011
料理は100円~。200円台が多いでしょうか。

DSC_0008
まずは瓶ビール550円からいただきました。店の方に注文するのもいいのですが、冷蔵庫から勝手に出してもOKです。というのも、瓶や食器はそのまま置かれ、締めの際にカウントとなるからです。

DSC_0012
煮物250円。1つ1つ手に手をかけこの価格。

DSC_0016
冬場にしかお目にかかれない煮こごり320円。この価格もありえないよなぁ。飲兵衛には助かります。

DSC_0018
芋のお湯割りをお願いしました。2杯分で260円、安い!自分の好きな濃度に割って飲む形式です。
飲兵衛心をよくわかってますね(^^♪

DSC_0019
大好きな半熟卵250円。


ごちそうさまでした~。

http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/23633494.html


王子駅から徒歩1~3分圏内に、安く飲める立ち飲みがあります。
DSC_0201
DSC_0200
DSC_0204
DSC_0205
2000年に練り物屋さんがオープンした「平澤かまぼこ」さん。今はネパールの方に引き継がれましたが、手作りの練り物はそのままに、はんぺん、さつまあげなど100円~。

DSC_0202

個人的にお気に入りなのが、青唐辛子などが入ったピリッとから~~いボールです!

DSC_0199
DSC_0197

赤羽岩淵で1878年創業した小山酒造さんの日本酒「丸眞正宗」を口にできます。赤羽の湧き水を用い、都内唯一の酒蔵として頑張っていましたが、引き継ぐ人がいないため、有志により埼玉に移転しました。

ファーストインプレッションは入社して将来を夢見る若者、飲んだ瞬間はスポーツした後のすっきりとした青年、後味は仕事を引退して軽やかに過ごすスマートなご年配、という感じでしょうか…(個人の主観です)。

お願いすると、無料でおでんのダシで割ってくれます!



DSC_0195
その足で、平澤かまぼこさんを右折し30歩ほど歩いて「酒遊館 藤や」さんへ。こちらを知っている方はかなり通です!(^^)!

日本酒の立ち飲みで、その先の酒店さんのお子さんが手がけています。手取川、出羽桜など15種ほどそろえ小400円~。

DSC_0196
福井県南部酒造場「花垣」をいただきました。小400円だったか?

王子はせんべろはしごできる、いい酒場がそろい踏みです。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13095247/

王子にはいい酒場がいろいろありすぎて、なかなかたどり着けなかった「宇迦」さんに、ようやくうかがえました。地元の方でもおそらく知っている人は少ないかと…。場所は王子稲荷神社のそばで、カウンター6席の小箱です。
DSC_0574
王子稲荷神社の街だけあり、入口もきつねさまが描かれています。

DSC_0576

こちらのお店は、和酒と土鍋と旬肴を看板としますが、都内になかなか出回っていない小さな酒蔵を中心に置いています。700円~。ワインも国産のみとし、他にはない銘柄がありました。

DSC_0581
千葉県でもお初の酒蔵さんでした!明治創業の森酒造の飛鶴 純米吟醸。吟醸とは思えない旨味に、後味はきりっとしていました。ファーストインプレッションは40代後半の女性、飲んだ瞬間は30代半ばの女性、後味は10代半ばの女学生というところでしょうか…(個人の主観です)。

DSC_0577
次に、多くの酒蔵さんが品評会で優勝している実力派福島県。 寿々乃井酒造の寿月 特純770円だったか。ファーストは美しいボトルに20代前半の女性、味は20代後半、後味は10代後半か…。米の味も残しつつも、かなり華やか。チェイサーに見えますが、お酒です!(^^)! 結構、たっぷり入れてくれます。一合近く、飲みごたえあります!(^^)!

DSC_0578
しかも、こちらのお店、ベーコンとか手作りです。

DSC_0587
DSC_0588
いちから捌いて、アレンジしてくれます!


オーナーも和酒と料理に真摯に向き合うすばらしい方で、談義しながら飲むなら一人、二人がベストかもしれません。


https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13236126/





王子には、1322年に創建された?(といわれている)、東京十社の1つ「王子神社」があります。実のところ創建不明で、源義家も奥州征伐の際、祈願に立ち寄ったともいわれています。
DSC_0167DSC_0168


緑生い茂る親水公園から境内に繋がる階段があり、ショートカットできます。ご神木や神輿などもある広い境内は、歴史を感じる厳かな雰囲気です。
http://ojijinja.tokyo.jp/
DSC_0170
DSC_0176
DSC_0173
DSC_0172
DSC_0177


その足で山田屋さんへ。酒飲みなら知らない人はいない、108年続く東京が誇る酒場。わざわざ足を運ぶ価値があるとはこのような店をいうのでしょう。
http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/22585307.html

DSC_0192
DSC_0183

DSC_0185

いつものように焼酎をお願いして、ソーダとお茶割でいただきました。また緑川酒造の雪洞貯蔵があったので、こちらもいただきました。冬に搾った日本酒を0度の雪洞に貯蔵し、夏に出荷するレアな日本酒。400円のリーズナブルさです。http://www.niigata-sake.or.jp/interview/k47.html
DSC_0184
ビールや割り材はセルフで

DSC_0178

DSC_0186

DSC_0190

料理はマグロの刺し身300円、大好きなからし蓮根350円があったので、お願いしました!こちらのからし蓮根は珍しい甘味噌?がかかったスタイルで、マヨネーズが添えられます。

DSC_0179
DSC_0181
DSC_0188



お酒大好きな同志が集う赤羽の酒場で、圧倒の人気を誇る「立ち飲み いこい」さん。御大より5月7日~形態を変えて再開すると拝聞していたので、うかがってみました(^_^)。

本店はクローズ、朝7時開店の支店のみ営業していました。「待ってました!」とばかりの人の入りで、酒仙は再開を望んでいたのですね。

そしてコメント通りに感染予防対策をされていました。相席ではなく一人1テーブルが与えられたうえに、席と席の間隔があいていました。また、キャッシュオンデリバリではなく最後にまとめて会計。さらに、人数制限をかけていました(帰るころには屋外に待ち客あり)。

しばらくは7時開店、19時30分閉店のようですが、モーニング酒を飲めることには変わりなし!早起きは三文の徳酒(?)、客少なめの狙い目タイム!!早起きして行ってみようか!(^^)!コロナ禍に気を付けつつ飲酒です。


DSC_6130
DSC_6132
酔っている人、入店お断り…はい、留意します( ;∀;)


DSC_6143
DSC_6144
DSC_6135
緑茶割り290円


DSC_6136
手作りポテサラ110円!

DSC_6137
あさりのぬた!150円

DSC_6142
手ぬぐいもまだありました~

DSC_6129
本店はクローズ

https://www.sunh.biz/

天気がよかったので、暴れん坊将軍(真相不明)八代吉宗が手がけた飛鳥山で知られる王子へ。親水公園は(HPhttps://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bunka/koenichiran/otonashishinsui.html)、新緑が茂り、涼しげな影を落としていました。

その足で108年続く「山田屋」さんへGO(^^♪。昭和の趣ある空間、味わいのあるテーブル、歴史の時を刻む時計など、遺産ともいえる100年酒場です。5代目は書家で、日展にも出品しているほどの腕前。展覧会のように壁に張り巡らされた達筆の短冊はすべて5代目の直筆。技が光ります。私も7歳から書を続けており、毎年中国の展覧会に出品しているのですが、今年はコロナ禍の影響で開催が延期に…。芸術への影響も感じます( *´艸`)。

いつものようにセルフで炭酸を出して、焼酎をオーダー。シュワシュワした炭酸がプハァーうま~~いの一言。家飲みと比べ、なぜこんなにおいしいのでしょう…。ハムカツ190円、そば入りの半熟卵270円、こはだ酢をお供にいただきました。現在は、20時までの時短営業のもよお。

今月までお休みの居酒屋さんが多いようです( ;∀;)。DSC_1001
DSC_6115
IMG_20200526_095003
日本の都市公園100選だったんですね


DSC_6118
DSC_6121
こちらのご予約席は毎日通う常連様のための貴賓席

ギネス社に提案したい「ギネス」の短冊

DSC_6120
DSC_6123
DSC_6124
DSC_6125
DSC_6128
DSC_6117
一福さんは今月いっぱいお休み。美人ママの拝顔しばしお預けなり( *´艸`)

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132303/13012322/

自粛のGWですが、受け取りもあったので、テイクアウトしに3駅をはしごしました。

巣鴨は、割と人がいましたが、店は半分近くしまっていました。個人的に通っている塩大福の伊勢屋さんは、店頭販売のみだったのでそちらを購入。うかがうといつも気にかけてくださる優しいおかみさんに会えて幸せでした。
DSC_5931


次に、池袋駅西口へ。人が少なくて、大好きな八丈島さんをはじめ、飲食店はほぼしまっていました
( *´艸`)
DSC_5934

DSC_5932


赤羽の「鯉とうなぎのまるます家」さんは店頭販売しているとSNSで拝見していたので、テイクアウトに。肝焼き、うなぎを購入し、お世話になっている女将さんにご挨拶。5月末までは店頭販売、そして名物のジャンボチューハイを近々販売するとのことでした。
馬ん馬ん いくどんさん、丸健水産さんもテイクアウトしたかったのですがお休みでした…。
(すいているお店があれば生を飲みたかったのですが、どこも埋まっていたので我慢)
DSC_5937

次に「いこい」さんへ。お酒を格安で販売しているという情報を得たので買う気満々で、酒瓶を入れても丈夫な袋を選定し持参でうかがうと、店頭に何と社長、御大が!!!(^^)!昔、一席させていただきましたが、それはそれは楽しく、明るく、パワフルな酒豪社長なのです(*^-^*) 懐も大きく、こういう方が上に立つのだなと感じました。

もともと酒店さんなので、今回、家飲み用のお酒を特別価格で販売しているとのことでした。焼酎、ウイスキー、ワインがズラリと並んでいて、酒の周りをぐるぐる3回まわって考え抜き、千年の眠り1000円、芋焼酎七夕500円、熟成古酒宮の華800円を購入。通常販売されている価格の半値、申し訳ない気分…。といいつつ(笑)、もう1本購入したかったですが、サスガに持てず( *´艸`)…。

一席の際にいただいた、非売品の手ぬぐいも販売しておりました(初公開)。「いこい」さんは、席を減らして、5月7日~再開するとのことでした。

DSC_5938
一升瓶も販売!!


DSC_5945
昔、頂いたいこいさんの手ぬぐいを背景に(*^-^*)。これで2300円

DSC_5941

昼飲み&センベロの聖地となった赤羽は、戦時中は都内で最大の軍事遷都でした。そのため、米軍の標的にあい、焼け野原(都内最大クラス)になりました。戦後は闇市として発展し続け横丁を形成し、現在の飲み屋街に至ります。

その横丁で50年続く居酒屋が「とね川」さんです。うまい刺身や妙味な料理を食べたいときに伺わせていただいており、赤羽で個人的に通っている鮮魚料理店の2TOPです。入りやすいよう2つの入口を設えた店へ足を入れれば、10名ほどが座れるL字型のカウンターがお出迎え。厨房はご主人、ホールはおかみさんが切り盛りしています。料理は何をお願いしてもおいしい!のですが、おすすめは鮮魚料理。ショーケースにはラップに包まれたサクや貝が整然と並び、寿司店と比肩の鮮度の良さなのです。この日は数人でうかがい、刺し盛りや焼きはまぐりをいただきました。刺身は600円~、お酒はサワー類は400円、日本酒500円~です。

こちらは襲名されたある噺家さんの十八番の店で、居合わせたお客さんを垣根なく会話に誘い、場を盛り上げてくださいます!

もう1店、個人的に伺っている店は、へらぶな好きのご主人が腕をふるいます。コロナウイルスが終息したらご紹介したいです。

DSC_3362
DSC_3361_CENTER
DSC_3365
DSC_0951
いつもお願いする緑茶ハイ400円

北区赤羽1-16-4
http://tonegawa.weebly.com/index.html

立ち飲み店のモデルとなっているのが赤羽にある「立ち飲み いこい」さん。赤羽に2店舗、上中里に1店舗ありますが、そのほか、晩杯屋さんといった立ち飲みもこちらの出身で、いこいさんをモデルに立ち上げました。母体は酒屋、食材は独自ルートで仕入れているので、生ビール390円、ホッピー370円の低価格設定。料理も手作りながら、煮込み110円、総菜100円~とまさに1000円あれば大満足できる価格設定です。

この日はチューハイ210円、竹の子煮150円、あじさし150円を。

カウンターはキャッシュオン、テーブルは最後に会計のスタイルです。


DSC_5634
DSC_5639
DSC_5637
IMG_20200323_050918
IMG_20200323_051035
534e35f4-s

https://www.sunh.biz/

↑このページのトップヘ