中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: 恵比寿・渋谷

恵比寿で個人的に好きなお店の1つが「あすか亭」さん。何を頼んでもおいしく、しかも安いのです。鮮魚料理をメインに、揚げ物、煮物など50種以上を取り揃えますが400~800円程度で、その日のおすすめは黒板に表記。小上がりもあるので、舌の肥えた方との宴会には利用していますが、みな大絶賛!(^^)!

また、珍しい屋久杉の焼酎があり、2800円でボトルキープ可能。さらに目玉は手打ちうどんです。オーダーが入ってから打つため、少し時間がかかりますが、もちもちの食感ですりたての胡麻と味わうとおいしさアップ。締めに最高です!

DSC_7082
DSC_7085

大好きな辛子レンコンも自家製で、注文を受けてから作ります。600円だったか?

DSC_7081
なかなかお目にかかれない水タコ刺身!!700円程度だったと

DSC_7089
フィナーレに手打ちうどん

DSC_7076

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13046631/

コロナ禍でお休みしていた恵比寿の「さいき」さん。6月1日~再開したのでうかがいました。昭和23年創業のままの建物に入ると、ゆるやかな時が流れ心癒されます。大きな地震が起こってもボトル1本落ちなかったというからスゴイ。

暖簾をくぐると、再開を待ち望んでいた常連さんがズラリ!(^^)!数十年飲みかわしてきた方々の顔を見て、ホッとしました。

こちらは安岡章太郎、三浦朱門をはじめとする文豪が通っていたことで知られていますが、その面々が一堂に書いたお宝直筆があるのです。かなりお値打ち品だと思うのですが、何とラップに包まれ、棚に差し込まれているラフさ!初め拝見した時、びっくりしました(^_^)(もう慣れましたが)

恵比寿の居酒屋も再開して、活気が出てきました。

DSC_6250
191003_080
191003_088
635d2c75-s
DSC_6256
191003_096

遠藤周作、吉行淳之介(女優の吉行和子さんのお兄さん)の名も


https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13001714/

渋谷のマークシティ脇にある「飲んべえ横丁」で57年続く「鳥竹 総本店」は、昭和レトロな雰囲気がたまらない焼鳥店。11時開店と同時に、のんべえたちが詰めかけます。

焼鳥の大きさで知られ、通常の2倍はあり、数本でおなかいっぱいに。どれもプリプリジューシーで後を引くおいしさ。やきとり324円、ピーマン肉詰378円、とりきも324円などをいただきました~。また、芋焼酎の三岳が390円で飲めるほか、煮凝り540円が絶妙で個人的に毎回いただきます。好きな方、一度お試しください。


DSC_4896
DSC_4903
DSC_4900
DSC_4904
DSC_4905
DSC_4910
DSC_4907
DSC_4911

恵比寿で昭和23年からのれんを守る、遠藤周作をはじめ三田文学の面々が通っていた「さいき」さんへ。今や再現できない昭和の空間、お客さんに癒されます。伺うと、その日にしぼった縁起のいい立春酒をいただきました。料理はすべて手作りで、魚は天然もの、カニクリームコロッケの具も、カニの身は生の上にベシャメルソースも一から作ります。この日は、牡蠣がたっぷり入った大好きな治部煮1000円、ビール500円、新たなボトルを入れました。ボトルの似顔絵は画伯によるもの、ありがとうございました。DSC_4810
DSC_4811
DSC_4813
DSC_4816
DSC_4817

成城石井が展開しているワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」。成城石井のワインや食材を使った料理がお手頃価格で楽しめ、西麻布や馬車道などに展開しています。アトレ恵比寿の3階にある恵比寿店には立ち飲みがあって11時~飲むことができます。ビューガルデン、エビスビール、ワインなど500円で、おつまみは生ハムなど200円。サクのみに💮です。DSC_4569
DSC_4571
DSC_4572
DSC_4573

恵比寿で2代続く「焼鳥かおる」さん。家族経営のお店でアットホームな雰囲気が魅力です。焼鳥100円のほか、刺身、オムレツや舌平目のグリルなどの洋食を500円の安さで味わえます。しかも2代目は有名フレンチ出身なので、写真のようにオムレツはフワフワで、中にはカレー味のひき肉入り。本当に滋味深くこれで500円!驚いてしまいます。ウーロンハイ400円、お客様からのさしいれ山形の日本酒「雅山流」をいただきました。DSC_4368
DSC_4369
DSC_4372
DSC_4362
DSC_4363
DSC_4370

古典酒場、モダンなバーなど、あらゆる酒場が並ぶ恵比寿。海鮮系をはじめ、あらゆる料理を手ごろな価格で楽しめるのが「あすか亭」さんです。刺身の鮮度の良さが秀逸で、ブリ、水タコ680円、サンマなどズラリ。そのほか、レンコンのすり身揚げ、煮つけ、ポテトサラダなどの一品料理もはずれがありません。また、珍しい玉乃光の3年貯蔵熟成の焼酎があり、ボトルで2900円で飲めます。さらにうどんが名物で、オーダーが入ってから打つこだわりぶりで、締めにおすすめです。DSC_3701
DSC_3704
DSC_3696 (2)
DSC_3697
DSC_3698


恵比寿神社のわきに、昭和57年から続く焼鳥屋「かおる」さんがあります。カウンター6席、テーブル4つの小さなお店ですが、家庭的な雰囲気で、いつも常連さんでにぎわっています。厨房には先代と2代目が立ち、恵比寿という土地で焼鳥100円で供しています。瓶ビール540円のほか、ウーロンハイといったサワー類360円~、あじ刺身450円、一品料理は500円前後と、この界隈では低価格設定なのがうれしいです。ちなみにオーダーは紙に書いて出すスタイル。初見でも温かく迎えてくれます。DSC_3387
DSC_3399
DSC_3395
DSC_3396
DSC_3390

昭和23年から続く古典酒場の「さいき」さんは、その昔、遠藤周作や三浦朱門といった三田文学が集い、語り合った文壇酒場でした。名物は30年間愛される凍結酒600円で、一の蔵の日本酒を何度もふって、みぞれ状に凍らせます。オーダーが入ってから白身魚をすって作る海老しんじょう900円、キス天800円、100年以上の年季が入ったおしん香450円をいただきました。DSC_2562
DSC_2559
DSC_2560
DSC_2572
DSC_2569

15年来の美容師さんの友人が手がける恵比寿にある「呑み場 やました」さん。クレイジーアワーがあると耳にして1年近く。やっとうかがえました。

このクレイジーアワーとは、4時~5時45分までに入店すると、5杯プラスおつまみ1品付きで1000円飲めるシステム、まさにクレイジーな企画です。エビス生ビール、レモンサワー、ハイボールなど6種類から好きなお酒を選べ、例えば、生ビールを5杯飲んでもOKなのです。

わたくしは、クリーミーな泡が絶妙な生ビール2杯、ハイボール2杯、レモンサワー1杯を堪能しました。おつまみはコロッケがサービスで、そのほか、ポテサラ、カキフライを注文しましたがそれでも
1900円でした~!(^^)!


計1900円でした。IMG_5086
DSC_0695


DSC_0687
DSC_0686
DSC_0690

↑このページのトップヘ