中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 堀切菖蒲園・綾瀬・鐘ヶ淵

この日は久しぶりに堀切菖蒲園の「もつ焼き のんき 堀切本店」へうかがいました~~!大好きなお店、ノンアルでもやはりうかがいたくなります。

DSC_1165
現在は15時開店、もちろんお酒はノンアルですが、メニューはこれまでと変わりなしです。

DSC_1170
DSC_1171
昭和レトロな空間が最高です!落ち着きます。パーテーション、感染予防の空気清浄機も完備。

DSC_1169
スタッフもみな元気で何よりです!お客はこの時期だけに私と常連Mさんのみでしたが、対面で話が盛り上がります。

DSC_1166
もちろんドリンクはボール290円!ノンアルでもかまいません~(*'▽')

DSC_1168
ポテサラはキュウリのシンプルさ。下町はソースをかけて食べるのが倣いです。

DSC_1172
新メニューのハンバーグ風つくね300円。肉が隙間なくギュッと詰まっていて、口に運べば中で旨味の波がはじけます!

DSC_1174
食べたかったシロタレ、レバネギです。1皿4本440円がルール。焼き加減絶妙、トロっとしていて本当においしい!!

いろいろな話に楽しすぎて腹筋炸裂してしまいました!

のんきさんのスタッフ、常連さんはきさくで本当にいい方ばかり~(*'▽')
いつうかがっても本当に楽しいです~~(*^-^*)

ごちそうさまでした~

http://nonkihorikiri.com/

堀切菖蒲園は下町ハイボールパラダイス。下町ハイボールとは別名チューハイ、ボールともいわれている下町ならではの酒です。梅味の天羽の梅をベースに作りますが、各店何が入っているのか不明でレシピが異なります。氷なし、レモンスライスを浮かべる店が多く、レモンの数で何杯飲んだのかをカウントする店もあります。

堀切菖蒲園で鮮魚料理のおいしい店の一つが「大衆割烹 遊亀」さん。久しぶりに伺いました~。地元の人が集う店だけにネットにも情報はありません(伺ったのは4月上旬です)。

DSC_0309
少し入りづらいかもしれませんが、ご主人は気さくな方。店内はカウンターをメインに、奥にテーブルがあります。

DSC_0313
ケースには寿司屋のようにネタが並び、ご覧のとおりです~。

DSC_0314
鮮魚料理メインで300円~。こちらの刺身は鮮度抜群で上質なんです。

DSC_0315
お通しは煮ものでした。ご主人は腕がいいので何を食べてもはずれなし。

DSC_0312
もちろん下町ハイボールをいただきました~。大きなグラスに氷なしなので危険ですが、こちらのボールはやさしい味です。

DSC_0317
刺身を盛り合わせていただきました1000円ほど。このクオリティ、やはり堀切菖蒲園は安い!おいしい!いい店がそろい踏みです。

DSC_0319
おかわりをいただきました。

久しぶりでしたが、ゆるゆるの雰囲気が最高です!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13082464/


この日も堀切菖蒲園に所用で。お昼時だったので中華料理の「タカノ」さんに久しぶりにうかがいました。堀切菖蒲園駅徒歩1分、界隈では有名なお店で、通常は年末年始・元旦なども休まず、年中無休・24時間営業なんです。

DSC_1061
DSC_1063
赤い看板が町中華らしいですね~。ラーメン450円、炒め物は500円台。

DSC_1064
円卓がポイントですね!

DSC_1065
瓶ビール550円をお願いしました!

DSC_1069
もちろん、料理は名物の餃子300円です!ニラ・キャベツの野菜5:肉5の比率だと思われます。鉄鍋で焼くので皮がパリパリ、中は肉汁あふれるジューシーさ。

DSC_1067
タカノさんといえば、自家製ラー油が有名です。ファンが多く300円で販売もしています。

いつも餃子は酢ごしょうでいただきますが、タカノさんはラー油がおいしいので、ラー油でいただきます。

DSC_1072
ウーロン割400円を追加しました。

DSC_1068
ラー油好きの方はお土産に!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13132384/

堀切菖蒲園のツアーをオーダーされ、1軒目は「のんき」さん、2軒目は写真撮影忘れたワインバー。3軒目の候補はいろいろあったのですが、「ふっこ」「かめや」などお目当てのお店は、このご時世で宣言解除まで休業中。

刺身の美味しい店をいわれ「みっちゃん」へ。16時開店の鮮魚料理自慢のお店です。堀切菖蒲園でおいしい鮮魚料理の店がいくつかありますが、リーズナブルなのがこちら。

お隣は、有名な手焼きせんべい屋さんです。

DSC_0994

DSC_0992
DSC_0991
鮮魚が安くて美味しいのです!!根岸家さんとはる価格、素晴らしいです。

DSC_0998
3点盛り1000円!!!アジ、金目鯛、赤貝か?

DSC_0996
お通しもボリューミーで満足です!

DSC_0393
お酒も300円~、黒霧島芋焼酎のお湯割りをいただきました~!400円。

DSC_0999
ごぼうチップをいただいたようです。そのほか、寿司もお願いしていましたが、撮影し忘れ…。

一人2~3杯飲み、3人で3000円でした!!

ごちそうさまでした。 やはり堀切エリアは、安くておいしいお店がそろいぶみです!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13161213/


この画像はだいぶ前のものです。旬の日本酒をリーズナブル飲めるのが「蕎麦 地酒 かずひら」さんです。知人のお店で、日本酒好きがこうじて資格も取り、念願の店を3年前にオープンしました。

46849182-s
女性一人でも入りやすい店構え。

DSC_0228
都内中心地にいけば高値な旬の日本酒を400円~そろえています。ほかにはない面白い銘柄をおいているのでかなり穴場、日本酒好きにおすすめです!

DSC_0223
奈良県の光栄菊酒造 スノウ・クレッセント 無濾過生原酒500円 初めてです!うまい!!
甘酸っぱくて、若々しいフレッシュ感がいいです~。うすにごり好きの方、おすすめです。

DSC_0236
京都の松本醸造 守破離 忘年会 五百万石 うすにごり2020  500 円。ネーミングが素晴らしい!杜氏が「2020年お疲れさまでした」と心を込めて作ったそう。柑橘系のようなさわやかな口当たりで、シュワシュワとしたきれいな酸が絶妙でした。こちらもはじめていただきました。さすが、ナイスセレクト!最近の日本酒はネーミングもおしゃれです。

DSC_0225
鴨ロースをいただきました、600円のリーズナブルさです。


DSC_0240
山口県の永山本家酒造場  貴 初しぼり新嘗祭 直汲み生原酒500円。フルーティーでほんのり甘いんですが、締める渋みも備えていました。新嘗祭という言葉が響きますね。

中心地に行くと、場所代もあるから値段も倍近いんだろうなぁ…。堀切レートすごし!!!

https://kazuhira.owst.jp/

堀切菖蒲園駅にある、もつ好きに人気の「もつ焼 のんき」さんへ。有名な「菖蒲園」がありますが、そちらには足を運んだことがなく、花よりお酒…。飲み店のお客さんから「こんなところ」とお話を聞いて、想像しています。いつか。

DSC_0379
店先でオーナー山﨑さんと遭遇!

DSC_0382
DSC_0385
「のんきのボール」の詩がいいですね。「もう1杯」といってしまいますが、記憶が飛ぶので
最近はスタッフに杯数を確認するようになりました…。

DSC_0381
ボール290円!本当においしいです!!氷なしが基本のデンジャラスな琥珀色の酒。

DSC_0208
うかがった日はクリスマスで、限定ローストビーフ500円?をいただきました。仕込みが大変だったそう。おいしかったです。

DSC_0214
限定のやきとりをいただきました。300円。甘ピリからダレが絶妙でした。もちろんボールに合います!

DSC_0213
紀州備長炭で焼き上げるシロタレ、ればねぎは必ずお願いします。1皿4本400円のリーズナブルさ。

DSC_0217
トロッとしていて肉汁がはじけます。やはりシロタレ、ればねぎは最強ですね!焼き加減もすばらしいです!!

ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13022433/

コロナウイルスで現地に行けないので、この日はお守りの返納&ご参拝に猿田彦神社へ。コロナウイルスの早い終息もお願いしつつ。
DSC_0373
DSC_0374

DSC_0377
巣鴨が薬園だったとは知りませんでした…。何かしら歴史があり、面白いです。

巣鴨でおひるごはんと思いましたが、どの店も混んでいたので避けました。
DSC_0389
堀切菖蒲園へ遠征し、「みっちゃん」へ。鮮魚料理自慢の店ですが、料理長?の腕が良く、料理がどれもおいしいんです。しかもリーズナブル。地元の人が大半で、私のような遠征組は稀かも。

DSC_0390
今日の鮮魚はこちら、鮮度抜群です。カウンターとテーブルで構成されています。

IMG_20210112_203806
うまづらも650円、1品400円~、堀切菖蒲園レートです。

DSC_0401
DSC_0398
サワー350円、ビール小300円!!

DSC_0400
テイクアウトもやっています。

DSC_0395
DSC_0396
2種を盛り合わせていただきました。600円ほど!!脂の乗りも100点満点!!中心地なら1000円はするよなぁ。
そしていつもならぬる燗ですが

DSC_0392
極寒だったので、熱々黒霧島のお湯割り400円をいただきました。

早々に退散しました。ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13161213/


店内も渋いお店が多い堀切菖蒲園ですが、リニューアルして美しなったのが「酒酔(ほろよい)」さん。初見の女性でも入りやすいです雰囲気なので、初心者におすすめです。

この日は久しぶりでした。

DSC_1164
ホールは女将さんが仕切りますが、これまた美しいのです。年齢不詳ですが、恐らく私より上だよな…。

DSC_1168
カウンターに先客あり。主とのマンツーマンカウンターには、なかなかふみこめずにいます。

DSC_1167
一人鍋でもOKなところが、肝を突きます。

DSC_1166
料理は300円~の堀切菖蒲園レート。今日のおすすめはこちら。ホワイトボードから選ぶことが多いです。


DSC_1170


DSC_1171
エナジードリンクは、キンミヤ焼酎に炭酸、レモンのゴールデントリオです。うまい!


DSC_1174
穴子の天ぷらをいただきました。このボリュームで680円、満足です!こちらのお店はボリュームがあるので、いつも一皿オーダー。

梯子酒やいろいろな料理を楽しみたいなら、朝から絶食か、数人での訪問がおすすめです。


ゆる~~~い雰囲気がたまりません。流れる時間、空気がなんか違うんですよね。

ごちそうでまでした~(^_^)

前回の記事
http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/cat_368740.html

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13075157/

この日は、大好きな「もつ焼 のんき 堀切本店」さんへ。煮込みのシーズンが到来したのでうかがいました!

DSC_0592

DSC_0593
屋外にも2席あります!焼いているシーンを目に飲める特等席です。
9月15日まではいつ修正されるのかな?!(^^)!


DSC_0599
新型コロナウイルスの対策として、菌を除去するオゾンの空気洗浄機を設置。万全の体制です!


DSC_0595
下町ハイボール290円!これまでかなり通った人のみが、このグラスで飲めます。いろいろなボールを飲みましたがのんきさんの味が好みです。


DSC_0597
煮込み500円?は、モツの下にはでかいジャガイモが潜んでおり、食べ応え満点です。ちなみに、具はジャガイモかゆで卵から選べます。一切臭みがなく、トロトロなモツが絶妙です。ウマイッ!!

DSC_0603
しろたれ2本、レバネギ2本の計4本で400円。1皿4本単位のオーダーが鉄則(種類別の2本、2本はOKですが、単品1本ずつはNGです)。チュルトロのシロタレがたまりませ~ん。レバも半レアで、大満足です。何十枚と撮影してきたので、のんきさんの写真集が作れそうです。

安くて、相変わらずおいしい~、飲んべえの強い味方です!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13022433/




旬の日本酒を置いてある店が少ない堀切菖蒲園駅周辺。2年前オープンしたのがこちら「蕎麦 地酒 かずひら」さん。実は知人の店です。蕎麦と地酒の店をやるのが夢で、某ファミレスを退社して開きました。唎酒師の資格も所有してます。
DSC_0605

日本酒を安く飲んでほしいと、吉乃川、酔鯨、黒牛などの定番から、せんきん、加儀屋など旬の日本酒までをそろえ、120ml400 円~!!!これは堀切菖蒲園レートです!!!!セレクトもさすが。

DSC_0607
DSC_0609

DSC_0613
せんきんの赤とんぼ600円!元ソムリエの当主がドメーヌ化にこだわり、木樽とノン酵母(天然酵母)で仕込んでいます。米の味と酸が絶妙で、ミネラル感もありました。ファーストインプレッションはアパレル勤務の20代前半の女性、飲んだ瞬間は仕事をスマートにこなし熟しつつある30代半ばの女性、後味は寡黙な20代半ばの女性、といったところでしょう(個人の主観です)…。

「日本酒の世界」という本でご紹介しました!
http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/2020-09-03.html

DSC_0615
説明文もドメーヌ化、マリアージュに英語と、ソムリエらしい気遣い…。


DSC_0616

隠し酒の登場!福島県国権酒造の純米吟醸!!!全国新酒鑑評会で賞を受賞しています。
骨太ながらスッキリした辛口。


DSC_0623

愛媛県の成龍酒造の加儀屋9 辛口純米酒、好適米愛媛のしずく媛を使用しているそう。これまで辛口を出しているイメージがあまりなかったのですが、このお酒は穏やかな米の旨味で、キリリ辛口。新しい味か…。

DSC_0618
定食もあります!

DSC_0621
天せいろも900円(安い!)をいただきつつ、ちびちび飲みました。

実はご両親が綾瀬で自家製蕎麦が自慢の蕎麦店を営んでいるので、その蕎麦を使用しています!
なかなかおいしいです

https://kazuhira.owst.jp/





↑このページのトップヘ