中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 武蔵小山・目黒

武蔵小山のもつ焼きの名店「牛太郎」さんが再開しました!ダッシュでぎりぎり滑り込みセーフです。

DSC_0847
年に2~3回しか出されないのれん。静かに出勤を待ちますが、本日も屋外へ出される気配はありません。空間のオブジェと化しています。

DSC_0856
メニューに異変なしです。この席からだと、視力検査にちょうどいいかも!感染症対策のため、シート1つ1つパーテーションで区切られています

DSC_0848
瓶ビール520円からいただきます。銘柄は3種ありますが、いつものキリンでございます。

DSC_0849
おしんこ100円。6月なので、きゅうりの時期になりました。生姜などとのつけ具合が絶妙で、これで一瓶いけます!

DSC_0851
煮込み130円。臭みを取るため玉ねぎなどで朝4時から煮込んでいます。シチューのようにクリーミーです。これで130円は本当にリーズナブル。

DSC_0852
レモンサワーにスイッチしました。ちなみに手前のグラスはチェイサーではありません~、焼酎です。
2杯分供されます!

昭和のゆる~~~い雰囲気にいやされます~~(*'▽')

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13114182/

精肉卸売直営の「矢澤」さんが手がけるレストラン「ミート矢澤」さん。美食家が集うことで有名なステーキ店ですが、お世話になっているTさんにお誘いいただきました(*^-^*)

DSC_0221
夜の部。オープン前にすでに待機組が2組。

DSC_0223
DSC_0224
入り口には牛さまの個体識別番号、産地の看板が掲げられ、確かな品質を実証。

DSC_0225
DSC_0227
DSC_0229
シャトーブリアンステーキ9350円!

DSC_0231

DSC_0226

DSC_0234
テーブルとボックス席の構成です。

DSC_0233
ピノノワール900円のグラスワインからスタート。ほんのり渋みがあり大好きな赤ワインです。

DSC_0235
店通のTさんにオーダーはすべてお任せしました。コブサラダ950円。アボカド、鶏肉、焼きベーコンなどボリューム満点で、美味!

DSC_0240
ふわふわのパン300円。

DSC_0238
単品のチーズハンバーグ2180円。中は半レアで、口中でジュワっと肉汁がはじけ、素材の旨味を感じました。矢澤さんハンバーグのおいしさ不動ですね~、久しぶりにいただきました~。

DSC_0237
お待ちかねのシャトーブリアン。


DSC_0241
ナイフを入れると、やわらかさに感動!焼き加減絶妙のロゼ色の肉が登場しました。味わい上品で、「とろける」とはこれをいうのだなと思いました。マッシュポテト、コーンの付け合わせも妙味でした。ちなみにソースは矢澤オリジナル、香草バター醤油をオーダー。美味しすぎます"(-""-)"

DSC_0242
Tさんも酒飲みなので、引き続きハイボール700円へスイッチ。ウイスキーは「角」だそうです。肉料理に合います。

ごちそうになってしまいありがとうございました。お正月気分でした。

http://kuroge-wagyu.com/my/index.html




もつ焼きの名店の一つ、武蔵小山の「牛太郎」さん。ご主人城さんの体調によりしばしお休みしていましたが再開されたのでうかがいました。この画像はその日のもの。

DSC_0656
のれんが出るのは年に2~3回?見たことがないだけに、目にできたら幸運かもしれません!!(^^♪

DSC_0658
天井が高く開放的な店内は、一朝一夕では作れない味があります。昔ながらの酒場は天井が高い!なぜだろう??
牛太郎さん、山田屋さん、山城屋さん、根岸家さん、たらふくさん、みますやさん、シンスケさん、三国屋さんなどなど。みなさん、いかがですか?

DSC_0657
昭和の趣たっぷりの空間にコの字型のカウンターがいいですね~。一人ずつパーテーションで仕切られています。

DSC_0659
いつものようにキリンの瓶ビールからスタートです。グラスが上品サイズ。

DSC_0413
おしんこう100円。つかり具合が絶妙です。

DSC_0415
煮込み130円。130円は安すぎます、毎朝四時に起きて仕込んでいます。

DSC_0418
この価格、でも少し値上げしたんです。

1603412776428
城さんは開店している間は座らない心情。「お客さんに失礼だから」とのことですが、個人的にはそんなことありません( *´艸`)健康第一です。

元気なお顔を見れて良かったです!

牛太郎さんの写真、いっぱい撮影しすぎて写真集が作れそうWW
貴重な昭和の酒場、長く続いてほしいです。

ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13114182/


武蔵小山のパルム商店街から左折した場所に「酉の市」という焼鳥店があり、昨年9月オーナーチェンジで生まれ変わりました。オーナーは、元No.1ホストのイケメン!!

この店を情報発信地にしたいそう。昼12時からオープン、働き者です!

イケメンオーナー↓
https://twitter.com/torinoichidesu

DSC_0664
DSC_0665


DSC_0666
DSC_0667
元ホストだけあり、テーブル席は、足の膝をついての丁寧な接客が受けられます。トークも、お酒の注ぎ方も、さすが元No1のしなやかさ、鍛えられた感があります。

極上のサービスを勉強したい方は、高額のホストクラブに行かずして、こちらで学べるかも!

料理は焼鳥をメインにそろえ300円~。ドリンクは400円~のお手頃価格です。

もちろんシャンパンもあります(*^-^*)
「シャンパン入りました~」

DSC_0668
ではなく、今回はキンミヤ焼酎、炭酸、レモンをお願いしました!

DSC_0669
DSC_0674

DSC_0670
焼鳥でもつくね200円が名物。オーダーが入ってから仕込んで焼きます。

DSC_0672
大きい!!これで200円。味はたれ、しお、激辛があります。

DSC_0675
肉々しくて、食べ応え満点。みなオーダーします。

トークも面白く、料理もおいしく、ごちそうさまでした~。

牛太郎さんも再開しました!よかったです~

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13253204/


いい酒場がそろい踏みの武蔵小山。15時から新鮮な刺身で飲めるお店が「長平」さん。昼から飲めるのがいいですね~!

DSC_0577
細い路地にあります、ガンガン商い中の看板が最高です!


DSC_0580
長兵衛さんといえば日本酒。他にはない酒蔵さんの日本酒があるんです!400円~。

DSC_0582
まずは緑茶割から400円。お茶も焼酎も濃厚でおいしい~。

DSC_0579
長兵衛さんといえば、刺し盛りです。もちろん刺し盛りをお願いしました。

DSC_0584
ハーフ1000円でこの量、10種以上盛り込まれ、鮮度もいいんです。日本酒が何杯も飲めます!


DSC_0587
甲子が大好きと伝えると、甲子さんの樽酒をサービスで頂きました(*^-^*)樽の香りがたまりません~。

DSC_0590
千葉県飯沼本家さんの「甲子」まさむね400円。日本酒アワード2019で金賞を受賞している実力派で、注目している酒蔵さんです。米のうまみを感じつつも、切れがいいのが特徴。


DSC_0589
新潟の村祐酒造さんの茜ラベル 本生。特別純米、とろっとした舌ざわりで、甘口でした。

いいお店です~、ごちそうさまでした

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13211782/

武蔵小山も個性的な町中華の店が点在しています。パルム商店街の突き当たり手前を右折したところにあるのが「中華料理 とき」さんです。地元の方に愛されて53年。

DSC_0566

DSC_0575
大好きなカウンター。席はパーテーションで1つ1つ仕切られ、消毒液も置かれています。感染症対策バッチリです!

DSC_0570
歴史については上の通りです。

DSC_0567
DSC_0571


DSC_0569
生ビール中520円をいただきました。


DSC_0568
無料のお通しはふろふき大根。ゆず入りの味噌が絶妙です。

DSC_0574
餃子をいただきました、6個540円。肉6:野菜4で小籠包のように肉汁いっぱいでジューシー。ちなみに餃子のたれは、予め作られたものが渡されます。

DSC_0576
ハイボール430円を追加でいただきました。

DSC_0572
3代目にあたるご子息が元甲子園球児で、同僚がプロにいらっしゃるそう。壁にはいろいろ飾られています。甲子園や野球が好きな方は面白い話をうかがえます。私は野球好きなので盛り上がりました~。

DSC_0565
牛太郎さんはご主人が体調をくずされ、お休み中。ご回復をお祈りします。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13114182/

武蔵小山でもつ焼きの店といえば「牛太郎」さん。2代続く名店です。14時30分開店ですが、年に数回しか暖簾が出ません。この日も暖簾は店内。現在はコロナウイルスもあって、一見さんはNGとなっています。

DSC_0423
DSC_0417
この日はオーナーじょうさんの誕生日で、うかがわせていただきました。

現在は、席も1つ1つ仕切られています。

DSC_0418

DSC_0410
ビール大瓶530円をいただきました。


DSC_0413
おしんこう100円!ショウガがきいていて良いつかり具合の白菜。夏場はきゅうりになります。


DSC_0415
毎回お願いする朝4時から仕込む煮込み130円。前日の煮込みがあったのでお願いしました。前日の煮込みの方が味が濃厚でクリーミーなのです。バゲッドが欲しい味わいです。

DSC_0424
芋のお湯割り350円に移行しました。グラスの中は…水ではなく焼酎ですWW
牛太郎さんは、焼酎&お湯が渡され好きな濃さに割って飲みます。量は、通常の2倍ほどでしょうか"(-""-)"致死量…

DSC_0420
お湯割りの場合、今年から女性はこの白いカップになったそう。といっても1つだけなので、早いもの勝ちかもしれません!この日は私がゲットできました~(*^-^*)

ゆるい空気で時間がとまってしまったような非日常の酒場世界。
牛太郎さんファンが多いのも納得です。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13010917/





この日は、武蔵小山の「牛太郎」さんへ。60年以上続くもつ焼きの専門店です。ご主人の城さんは、朝4時から仕込みます。前回の記事 http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/cat_368742.html

DSC_1553
年間通して、外にのれんが出る日はあまりありません。ってスゴイ…?!

DSC_1555
まずは瓶ビール520円から。お新香100円は、この時期は白菜。絶妙なつかり具合です。夏場はきゅうりになります。

DSC_1557
朝4時から煮込む煮込みが130円!!安い!臭みを取るための玉ねぎがポイントです。10時間以上煮込まれているので、シチューのようなクリーミーさ。バゲッドがあいそう。

DSC_1559
寒かったので芋のお湯割りにスイッチしました。牛太郎さんのお湯割りは、焼酎とお湯が別々に出され、自分の好みに割るスタイル。粋ですね~~~!!

常連さん同士で、お湯割りを飲むと「ぷは~~」という人が多いのはなぜか?という話に。体がお風呂につかっている気持ちいい感じになるからじゃない?と着地。

DSC_1565
つくね明太子210円、ねぎはおまけでいただきました。

昭和レトロな雰囲気、城さん、リーズナブルさ、まさにTHE名店です。

年内は12月26日まで営業、年明け7日~だそうです。ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13010917/



武蔵小山で昭和31年から続くもつ焼き「牛太郎」さん。味もさることながら、オーナーじょうさんの温かな人柄から、毎日訪れる常連さんが多い名店です。
DSC_7606
DSC_7610

この日も昼の部にうかがわせていただきました。心地よい風が吹き抜けている店内で、レモンサワー400円をオーダー。
DSC_7605


フードは、じょうさんがポテサラ&マカサラにタマネギのせのた特注サラダを作ってくれました!!

DSC_7607

コロナ禍で、じょうさんはもちろん、他のお客さんのお体を考慮した結果、一見の入店はNGになってしまいましたのでご注意ください(せっかく足を運んだのに断られるのは悲しいので…)
DSC_7612

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13010917/



昼からセンベロできる立ち飲みとして君臨する「晩杯屋」さんは、武蔵小山の駅前、4坪からスタートしました。

駅前再開発のため、移転を余儀なくされ、近隣に移転しましたが、昨年、タワーマンション・パークシティの完成とともに1階に「武蔵小山駅前店」をオープンしました。

移転した本店は11時開店ですが、こちらは15時にオープン。メニューは全店舗ほぼ共通で、料理類は130円~、お酒は200円~取りそろえています。刺身類は200円~ながら、毎日豊洲市場に仕入れに出向いているので、ハイクオリティ!(^^)! この日は、ゴールデンチューハイ290円、アジ刺し250円をお願いしました。

晩杯屋さんの元オーナーは、赤羽にある立ち飲みの名店「立ち飲みいこい」にいた方。リスペクトし、暖簾には「赤羽 いこい系」と記されています。
DSC_7228
DSC_7222
DSC_7221
DSC_7220
_S1A3442

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13241104/

↑このページのトップヘ