中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 上野・御徒町・秋葉原・神田

この日は上野にお仕事で(*^▽^*)、「ふれあい酒場ほていちゃん 上野店」にうかがいました。10時30分開店、朝飲できる一店です。

今や、上野ガード下は酒場の激戦区、朝から堂々と飲めるようになりました。この日も飲兵衛でいっぱいでした~。渋谷の交差点のようなにぎわい!!

DSC_1316
運よくカウンターが開いていました~!立飲みカウンターは10%オフになります。

DSC_1317
DSC_1318
DSC_1321
DSC_1319
生ビール430円からスタートです!

DSC_1322
大好きなポテサラ!きゅり、ハムの王道系ですね~、玉子入りでコクが付いています。

DSC_1327
黒ホッピーにスイッチです~。ほていちゃんは焼酎が8分目まで入ってくるんです!飲兵衛にはうれしい悲鳴でございます~!

DSC_1325
ほていちゃんといえば、名物が黒豚焼売です。5個で290円。ジューシーでうまい!!

DSC_1324

ごちそうさまでした~(*^-^*)

https://hoteichan.com/ueno


この日は、上野~御徒町の中間に位置する「たる松 本店」さんへ伺いました。上野界隈で2店舗あります。

闇市で悪質な酒が出回った戦後、きちんとした酒を出すために開業しました。かなりの歴史、知人のお店です!

たる酒は「菊正宗」「酔心」「高清水」の全3種。支店の上野店より1種多く置いてあります。

DSC_1090
店内は1階のカウンターとテーブルのほか、2階にも席があります。

DSC_1087
まずは生ビール480円でのどを潤します!

DSC_1085
DSC_1086
DSC_1088
このわたをおいてあるあたり、さすがです~。飲兵衛の趣向をよくわかっています。

DSC_1089
谷中生姜もいいですね

DSC_1091

DSC_1092
かんぱち刺780円をお願いしました!お次のお酒は

DSC_1094
もちろんたる酒です~(*^-^*)「菊正宗」630円。本店の素晴らしいところは、何も言わなくても塩が定食のように「ワンセット」で出される点です!(^^)!こんな光景が目にできるのもたる松さんならでは。

DSC_1096
ますの隅に塩を置いていただきます(*^-^*)たる香がたまりません~、至福のひと時。

昼から営業しているので、昼飲みできます!

ごちそうさまでした~(*'▽')

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13032122/


この日も「たる松 上野店」さんへたる酒(だけではないですが)を飲みにうかがいました。店内は1階、2階に席がありますが、現在、予約必須で、この日も予約していないお客さんは弾かれておりました。ちなみに11時から飲めますよ~(*^-^*)

DSC_1024

DSC_1021
DSC_1018

DSC_1016
お酒の価格も上野レート。

DSC_1019
DSC_1022

DSC_1015
今回はカウンターの隅席に着地です。いい眺め(*'▽')

DSC_1017
生中をいただきました!サッポロ黒ラベル、なんと350円なのです。立ち飲みより安いのでは?

DSC_1023
かんぱち刺し600円があったので、お願いしました!といえば、

DSC_1026
たる酒 with塩をオーダー。高清水、酔心の2種の内、残り少ない方をお願いしました!より樽の香りがついているからです~!

そういえば今回、カウンターの皆さん、塩をお願いしていました。

DSC_1028
お次は、本日の隠し酒です~。亀の井酒造「ばくれん 超辛口大吟醸  限定品」。さすが、いい日本酒そろえています!(^^)!

出羽の里100%、小川酵母を使用。精米歩合33%とは思えない、きれのよさ。フルーティーですが、米の旨味もほどよいです~。

DSC_1032
お月謝をお支払いしているだけあります、ううっ( *´艸`)うまい

DSC_1030
お次は目星をつけていた、澄川酒造「東洋美人 限定純米吟醸 醇道一途 亀の尾」です~。個人的に大好きな酒米、幻の亀の尾です!コシヒカリ、あきたこまちのルーツですね。

完全無農薬でしか栽培できないため、栽培する農家さんが減り、現在稀有なんです。洋ナシのような芳香に、米の甘みと酸味、後味すっきり!(^^)!

日本酒は国酒、日本人の心です~(*^-^*)

https://www.tarumatsu.jp/

上野、御徒町は、蕎麦御三家「藪」、森鴎外の小説雁にも登場する「蓮玉庵」といった、著名人に愛された蕎麦の名店がそろい踏みのエリアです。

御徒町の路地裏に昨年オープンしたのが「手打ち蕎麦 ゆき庵」です。御徒町「吉仙」から独立とのこと。「吉仙」にも何度も伺わせていただいていますが、特に田舎蕎麦がおいしい一店。一品料理も豊富です。

DSC_0754 (2)
何とも奥ゆかしい佇まい。

DSC_0755
蕎麦好きの心揺さぶる一品料理の数々です。

DSC_0759
DSC_0758
こちらの魅力、お水ではなく、蕎麦茶が供されるんです(すみません、画像なしです)!お好きな方は蕎麦茶割りでしょうか(*^-^*)

DSC_0762
女将さんから「今日は枝豆ですよ~」とのお言葉!私の大好きな枝豆がお通しでした。茹で具合絶妙、すばらしいです!(^^)!お女将さんも明るくほがらか、肩ひじ張らずに過ごせるいいお店です。

DSC_0760
蕎麦湯割り640円をお願いしました。蕎麦湯割り好きなので、猛暑であろうと砂漠の酒場であろうと1年中蕎麦湯割りをお願いします(*'▽')

こちらの蕎麦湯割り、やや濃厚で美味しいんです!!

DSC_0763
三点盛り1260円をお願いしました。にしんの甘煮、焼き味噌が妙味、たまりません~~~~。ご主人の技が光ります。

DSC_0765
次は日本酒です。目の前のショーケースをメニュー代わりに、視力検査を兼ねてしばし熟考タイムです…。楽器にしようか自然郷にしようか…。あたごのまつ、こなき純米もありますが、日高見が超辛口純米のもよう。日本酒は580円~です。

DSC_0766
悩んだ挙句、日高見・超辛口純米をいただきました。K点越え、技がさえる見事な表面張力です。ひとめぼれを60%精米、スッキリ辛口ですが米の旨味とコクをしっかり感じます!食中酒ですね~。

DSC_0768
二八せいろ680円で締めます。粉の風味豊か、このままでも酒の肴になります(*^-^*)

DSC_0770
蕎麦湯です~。

蕎麦は日本人の心です~~~(*'▽')


https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13245341/

御徒町駅~上野駅間の昭和通り沿いにある大衆鳥酒場「鳥番長 上野昭和通り店」さんへ。都内に何店舗か展開しています。

店名通り鳥料理自慢の酒場で、ホルモン鍋、鳥丸鍋、鳥の七輪焼きなどが名物です。

15時開店!入り口に「昼飲みできます」との看板がデカデカと掲げられ、大腕を振って入店できるのが魅力~(*'▽')

DSC_0742
DSC_0744
店内へ足を入れれば、下馬評通り、すでに酔客が笑!さすが上野・御徒町です、期待を裏切りません。

お酒はサワー、ボールなど380円~です。

DSC_0749
黙飲できるカウンターへ着地です。番長ハイボールが自慢!イラスト&ネーミングがなかなかすごいw

DSC_0745
鳥のせせり、かるび、砂肝400円なり。

DSC_0746
もちろん、鳥の一品料理もあります~。

DSC_0739
生ビール520円をお願いしました。銘柄はプレモルです!

DSC_0740
お通しは甘酢大根でした。酒のおともに最高です!

居酒屋は、一杯、一品がルール。悩んだ挙句、おいしそうだったので
DSC_0748
鳥もも唐揚げ500円をお願いしました。久しぶりにいただきましたが、衣がサクサク、身がふっくらジューシーでおいしい!ショウガ醤油のタレがほどよく染み込んでいます。

DSC_0751
屋台風のレトロな空間に、キンミヤ焼酎のキープボトルが映えます。キンミヤのデザイナーズ空間です!
しかもボトルの大きさが笑、720mlではなく一升瓶の背丈、う~~~ん美しい、素敵です!!お客様の飲む意気込みを感じます!(^^)!一升瓶3800円なので私もそうしてしまうかも…。

DSC_0750
ハイボール400円で締めました~。

DSC_0752
中華料理の名店「大興」ファンの方、現在建て直しをしていますので、ご注意ください。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13108712/

戦後、悪質な日本酒が出回り、体調を崩す人が出ていたアメ横で、きちんとした日本酒を出そうとオープンしたのが「たる松」さん。アメ横に2店舗展開しています。

こちらの店のポイントは、樽酒が飲めること、11時から飲めること。日本酒を塩で飲むことを教示してくれた店でもあります。

樽酒好きにはたまらないお店です!!

DSC_0717
ラッキーにも樽酒の目の前に座れました!樽酒を眺めつつ一献です。特に樽内の残りわずかな酒がうまいので、当たりが出ることを祈りつつ。

DSC_0721
ソーシャルディスタンスで、席数が少ないので予約がおすすめです。

DSC_0720
DSC_0718
DSC_0725
たる松さんは生ビールも安いんですよね~。迷いますが…。

DSC_0722
広島の酔心をオーダーです。昔は塩を肴に日本酒を飲んだそうで、これがまたおいしいんです。
しかしながら、高血圧症、脂質異常症、糖尿病の生活習慣病の方が多いので、「塩なんてもってのほか!」の現代。

塩で飲む方は稀有なようです。塩で飲みたい方は、注文時にお願いしてください~!(^^)!

DSC_0723
水ナスをお願いしました~。みずみずしくてこの時期の美味ですね~。

DSC_0726

DSC_0727
おすすめの寒菊銘醸の超限定Occasionalシリーズ・Trueをいただきました。ホワイト、レッドがあり、レッドをオーダー。雄町で醸した純米大吟醸・無濾過原酒。濃厚な旨みと酸にミネラル感を感じました。おいしいです!

日本酒は日本が誇る国酒(*'▽')
今、酒蔵の若手当主さんが業界を盛り上げるべく頑張っています!

https://www.tarumatsu.jp/

上野で昼から飲める酒場の激戦区ガード下界隈で、快進撃を続ける「ふれあい酒場 ほていちゃん」。現在、界隈で3店舗を展開し、たきおかさんと並ぶ店舗数!

30分時間があいたので、「上野本店」にて1000円札を手にお昼御飯です!(^^)!
店内は、立ち飲みとテーブルが迎えます。


DSC_0706
立ち飲みコーナーが開いていました。こちら立ち飲みの席数が少ないので開いていたらラッキーです。

中沢選手、20~30分2杯を目指し、黙飲スタートです!(^^)!

DSC_0708
DSC_0709
酒は200円~のリーズナブルさ、飲兵衛の強い味方です!

DSC_0707
1杯目、ほていちゃんといえば、レモンサワーが名物なのでいただきました。330円。サッポロさんのパンチレモンシロップを採用しています。

DSC_0710
手作りポテサラ230円がおいしいのでオーダーです。ジャガイモの粒感を残し、ハム、玉子がアクセントになっています。お好きな方、ぜひお試しください!

DSC_0714

DSC_0712
2杯目はハイボール330円です。初夏はハイボールのシュワシュワした泡が喉を潤します。関門海峡を彷彿とさせる強めの泡です。

DSC_0715
季節限定ナポスパ190円!こちら隣の人が食べていたのですが、あまりにおいしそうだったのでしれっとお願いしてしまいました笑。ケチャップに恐らくタバスコが入っているもよお、少々スパイシーな味で個人的に大ヒット。定番メニューでお願いしたいです。

じ、時間ぎれです。

しめて1080円でした。

やはり上野は高揚します~、ごちそうさまでした~~(*'▽')

https://hoteichan.com/store

この日は年末の用事で上野へ。地上は寒いので、地下道を利用して移動です。
DSC_0191
上野の地下道には、東京芸術大学の方の優秀作を無料で鑑賞できるストリートがあるのです。久しぶりに行くと、作品が変わっていました。


台東区長奨励賞https://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/kuchosho/shoreisho/index.html

DSC_0192
DSC_0193
DSC_0194

DSC_0195
その足で立飲み「たきおか3号店」さんで昼ごはん。意外とすいていて、穴場なんです。この日も人は3飲兵衛ほど。換気のいい入り口をキープ。

DSC_0197
生ビール410円をいただきました。

DSC_0198


DSC_0200
大好きな赤ウインナー210円。こちらはノリ入りの衣で揚げるスタイルですが、カリカリ香ばしくて結構おいしいんです。

ごちそうさまでした~

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13139472/


この日は、湯島仕事で、元会社の後輩が贔屓にしている「酒席 太郎」さんに再訪しました。

DSC_0795
常連が集うアットホームな店。2回目ですが、覚えていてくれました\(^o^)/
常連さんは、品のいい、学に関係のある方が多いようです。

DSC_0796
瓶ビール大で疲れを取ります。

DSC_0799
カウンターに並ぶお惣菜に、何にしようか迷っていると、お隣の方から
穴子天ぷらをお願いしたいが、量が多くて食べきれないので半分ずつにしないかと打診あり。

太郎さんは量が多いので、少な目でのオーダーがベターです!

DSC_0803
ハーフサイズでこの量!!穴子の天ぷら大好きなのでラッキーでした。
香ばしく、身がふっくら。

DSC_0805
今回は日本酒に移行しました。山形県樽平酒造の住吉。辛口の樽酒です。
上品な香りと味わいで、米の旨味も感じました。精米歩合60%。
言葉であらわすなら、色に染まって美しさを増した40代女性というところでしょうか。
ぬる燗でもおいしそうです。

DSC_0798
お通しはかぼちゃのにっころがしでした~。

さすが元花街・湯島。女将さんも粋で、お客さんもみないいかたばかり!
心安らぐいいお店です!

ごちそうさまでした~!

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13022905/


この日も上野仕事で、合間に少しだけお昼ごはんです。疲れています…エネルギーチャージです。

高架下の名酒場の1つが「味の笛」さん。かなり通っています。理由1)平日15時開店、2)安い、3)プロも通う魚介専門店&100年続く「吉池」の立ち飲みなので、料理が刺身から総菜まで種類豊富でおいしい、の3つからです。

DSC_0892
1・2階で飲めますが、年末になると、恒例の鮭が販売されるため、1階がふさがれてしまい、2階でしか飲めなくなるので要注意です。

DSC_0898
セルフなのでおきてがあります。

DSC_0893
生ビール280円。こちらはプラカップでサーブされます。野球場を彷彿とさせます。

DSC_0895
料理はカウンターにズラリ並べられている中から好きなものを取ってお会計となります。
刺身2点盛り350円。鮮度抜群!刺身は数種類あり、チョイスできます。

DSC_0899
新潟第一酒造の越の白鳥350円。すっきりシャープで、真っ白な白鳥が飛んでいく姿が目に浮かぶ軽快さです。燗冷選べ、この日は燗酒をお願いしました。立ち飲みですので、ぬる燗なんてわがままはいえません。

ちなみに吉池さんの創業者が新潟出身らしく、新潟色が強いのがポイント。お酒も新潟多し。

DSC_0901
にこごり250円は日本酒と相性抜群!にこごりを考えた人は素晴らしい、酒飲みにはエジソン並みの発明者!尊敬します。

味の笛さんは、不思議なのですが、御徒町駅のBGMが聞こえないのです。立ち位置のせいかもしれませんが。


ごちそうさまでした~!


http://www.yoshiike-group.co.jp/

↑このページのトップヘ