中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: 上野・御徒町・秋葉原・神田

湯島で大正14年から続く「シンスケ」さんは、日本酒を絶妙な温度でつけてくれる老舗(老舗=100年以上続くお店)。日本酒は昔から秋田の両関です。


DSC_0078
店先の杉玉に酒指が動きます…。

DSC_0791
まずは、サッポロラガービール650円からスタート。

DSC_0794
夏場限定の氷酒は消え、樽酒一合650円が入荷していたので、ぬる燗でお願いしました。樽酒のぬる燗は最高です。

ぬる燗好きなので、いろいろなお店で飲んでいますが、やはりシンスケさんのぬる燗は本当に絶妙で、私の中でTOP3です。口の中で樽香がふんわ~~~り放たれ、鼻腔をくすぐります。

目の前でつけてくれるシーンに心高鳴るばかり、弟子入りしたい…。

DSC_0793
お通しは、ささみのサラダ仕立て?

DSC_0102
名物きつねのラクレット1000円。揚げの中にチーズを挟んで、浅葱を散らしています。日本酒と合うあたり不思議ですが、さすが技が光ります。

DSC_0792
まぐろぬた。こちらのぬたは塩梅がいいのです。料亭並みの滋味深さ。


DSC_0071
酒、料理のおいしさはもちろん、雰囲気が堪りません~~、疲れが吹き飛びます。カウンターで飲みますが、ご主人の接客もたおやか、かつ付かず離れずで、いつまでも続いてほしいです。


前回の記事
http://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/23527269.html

後輩が通っている課題店「酒席 太郎」さんへ、やっとうかがえました。場所は湯島天満宮の階段のたもとにあります。
DSC_0083
DSC_0085


酒場にうるさい後輩がひいきにしているだけあり、さすがいいお店で、気さくな女将さんとスタッフで切り盛りしており、女将さんの手作り料理がカウンターに並びます。日替わりで、刺し身、煮魚などの料理を20品近くそろえています。うかがった日は、かなり希少で山菜の王様と称されている「ミズ(ウワバミソウ)」までありました。

銀だらの煮付けがおいしそうだったので煮付けと、希少なミズをお願いしました。
DSC_0086
DSC_0089
DSC_0088DSC_0091
こちらが珍しい「ミズ」。山奥の水が綺麗な渓流や滝沿いにしかないそう

常連さんが多いようですが、一見さんでも温かく迎えてくれます。再訪決定!!
DSC_0087
暑かったので生ビールをいただきました

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13022905/


昭文社より「世界遺産の物語」という本が発行されました。世界中の世界遺産から厳選した54つを、QAとともにご紹介しており、改めて世界遺産の偉大さを感じ、心身癒されました!
DSC_0159
DSC_0164

DSC_0163



かつて花街だった天神界隈で、大正14(1925)年から続く酒場「シンスケ」さん。久しぶりに飲みに来れました~~~。

杉玉が下げられた玄関に吸い込まれるよう縄のれんをくぐれば、檜の一枚板のカウンターとテーブルのしっとりした空間が迎えます(ちなみに2階もあり、予約は2階になります)。店は3年前にリニューアルしたものの、これまで積み重ねられてきた歴史といいますか、筆舌に尽くしがたい趣きがあります。現在、カウンターには4代目当主が立ちます。

シンスケさんといえば、日本酒です。秋田の両関のみ600円とし、本醸造と純米のほか、オリジナル(冷のみ)の3本柱。飲み方が、熱燗、普通燗、ぬる燗、常温、ちょい冷、氷冷(氷水で冷やした日本酒)から選べるのです!!ぬる燗好きなので、もちろんぬる燗をオーダーしますが、これまた絶妙な温度。

酒肴もきつねラクレットなど工夫と手間がかけられたものばかり。この日はサーモンを低温調理して両関、醤油などに漬け込んだしゃけ焼き漬800円、ねぎぬた750円をいただきました。

店名に正一合の店とあるのは、大正時代に一合きちんと量って出したという名残だそう。

DSC_7570
DSC_7572
暑かったので、まずはハートランドビール750円を飲みました!
グラスは薄はり

DSC_7576
しゃけは好みでかんずりをつけて

DSC_7574
ぬたみそが妙味

DSC_7577

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003607/

9月2日に「日本酒の世界」(ぴあ)というムック本が出ます(この制作で酒場もごぶさたに…)!いろいろな酒蔵さんをインタビューし、最旬情報盛りだくさんです。よろしくお願いいたします。

7月某日の上野ぶらぶら記事です。立ち飲み店の中でも、比較的人が少ない「たきおか3号店」さんにピットイン。瓶ビールと生姜をいただき、ボ~~ッと過ごしました。

DSC_6356
DSC_6350
DSC_6351
DSC_6352


幼少から慣れ親しんできた上野。街はだいぶ変わり、無くなってしまったお店もかなりありますが、長年続いていらっしゃる店が甘味「みはし」さん。幼少からず~~~~っと通っています。いつもいただくのが「クリあん(クリームあんみつ)」。四角く切られた独特のあんこ、ソフトクリームなど変わらぬフォルム、味にほっとします。
DSC_6347
DSC_6348
コロナ禍で入店時は私のみ

そして、上野の地下道には、東京芸術大学の方の優秀作を無料で鑑賞できるストリートがあり、上野に行くと毎回、鑑賞しています。松坂屋デパートに向かうストリートですが、皆さん知らないようで、メディアにも取り上げられていないのです…。上野に行かれた際はぜひ!!

台東区長奨励賞https://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/torikumi/kuchosho/shoreisho/index.html

DSC_6346
DSC_6345


「ものづくり」をテーマにした、アトリエやギャラリーが並ぶJR高架下。2k540-OKA ARTISANの一角にあるのがこちら「遊食家Boo」さん。場所は御徒町と秋葉原の中間で、かなり通わせていただいています。

カウンターとテーブルで構成されていますが、コロナ対策でカウンターも1つ1つ仕切られていました。

洋風居酒屋なので、お酒はビール、カクテル、日本酒など何でもあり!焼酎はボトルキープできます。料理も、クロスティーニから、ハンバーグ、ハヤシライス、パスタまでバラエティ豊かで300円台~。女性一人でも入れるモダンな店ですが、中身が居酒屋なところが大好きです!

また、お店のいたるところにキャラクター「ウアモウ」がいっぱい!これはオーナーの妹さんが、「遠い星からやってきたウアモウ」をテーマにデザインしたソフビフィギュアです。「STUDIO UAMOU」というアトリエショップを併設し、携帯ストラップやジュエリー、Tシャツ、バッグなどさまざまなグッズを販売。ウアモウを目に飲むと、心がホンワカします。

現在1時間567円で、飲み放題をおこなっていました!

DSC_7455
DSC_7461
ボトルキープ2800円
。実は実は、オーナーのお父上が名の知れた手腕の彫金師なのです。
ボトルをキープするとネームプレートを作ってくれますよ!

DSC_7460

自家製ピクルス380円

DSC_7463
大好きなクロスティーニ ラグー380円

DSC_7456
飲み放題はこの内容です

https://wome.jp/articles/1043

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13119934/

御徒町公園のすぐそばに、80年続く元酒店がやっている立ち飲みがあります。娘さんの代になって、ショットバーにシフトチェンジしました。入り口では父上がお出迎え!久しぶりにうかがいました。

洋酒が豊富なのがこの店の特徴。ウイスキー、バーボン、シングルモルトのボトルが並び、400円~。ビール、焼酎もありますが、こちらにうかがったら洋酒をお願いしています。

シングルモルトも大好きですが、学生時代から無類のクラフトバーボン・メーカーズマークファン(^^♪ 独特の酸味、赤い封ろうに魅せられてしまい、当時あまり出回っていなかったので、家飲みしていました。ソーダ割、最高です。

店内は、西部劇に出てくるようなウエスタンな内装。アンバーな雰囲気の中、時間を忘れて酒に興じることができます!(^^)!

DSC_7449
DSC_7454
DSC_7453
メーカーズマークのソーダ割り500円。支払いはキャッシュオンです

DSC_7451

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13099217/


https://www.suntory.co.jp/whisky/makersmark/production/history/

御徒町で50年以上続く居酒屋「真澄」。躯体の関係で建て直し、今年4月再開しました。小上がりはなくなりテーブルになりましたが、カウンター好きなのでカウンター席が多くなったのがうれしい限り。ご夫妻と息子さんが切り盛りするスタイルも変わらずです。

料理も、刺し身、玉子焼き、揚げ物などリニューアル前のまま(^^♪ お酒も主人ご出身の長野県「真澄」にこだわっている点も相変わらずでした!こちらはお通しが3種出るほか、どの料理もボリュームがあるので、数人で行くのがベストかもしれません。

生ビールを飲んだ後は、暑かったので熱燗ではなく、冷酒にスイッチ。真澄 辛口ゴールドは、アル添されキリッとしまった辛口。300mlなのに、一升瓶のような栓で感動しました。

日本酒は最近、若手の当主が増え技術がアップ!アルコール添加は昔のように酒増しのためではなく、香りと味を調えるために使用されているそうです。


DSC_7434
DSC_7435
DSC_7440
DSC_7439
DSC_7436
お通し!王道のポテサラが美味です

DSC_7442
DSC_7446
あじの刺し身700円。フライにもしてくれます

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13080975/



真澄さんが開く前に、日本で2番目に古い佐竹商店街を散策し、暑かったので喫茶店に。佐竹商店街は、親とよく来たので懐かしい思いに…。
DSC_7432
DSC_7428
DSC_7429
DSC_7430
何年振りかの、クリームソーダ!

http://www.satakeshotengai.com/




秋葉原の駅ビル・アトレの一階に、昨年、餃子の王将が初のスタンディングをオープン!料理をスピーディーに出すことをテーマとしており、注文すると熱々の料理がすごい速さで登場します!(^^)!

また朝8時開店で、飲むことも可能なうえに、ひとくち餃子180円、かき揚げラーメン680円、ピリ辛の坦々カレーなど、秋葉原店限定メニューが目白押し!(^^)!

この日は、ビール(かハイボール)セット855円(ひとくち餃子とシャウエッセン・かきあげとキムチの2バージョンあります)をいただきました~。単品のビール、チャーシュー、コロッケなどもあります。

席は、1人ずつパテーションで仕切られています!

DSC_7278
DSC_7280
DSC_7281
DSC_7284
パーテーションで仕切られています

DSC_7285


DSC_7290
DSC_7288
DSC_7291
調味料もいっぱい!

DSC_7295
スパイシーな坦々カレーのハーフ350円も追加


https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13236094/




戦後の混乱期・1954(昭和29)年に秋葉原で誕生以来、この街の変遷を見守ってきた「季節料理 赤津加」さん。久しぶりにうかがいました。現在、3代目が店を守ります。

にぎやかな電気街の中で、異彩を放つしもた屋風のたたずまいに、つい足を止めてしまいます。

引き戸の向こうに待ち受けるのは、昭和のふるきよき面影を残す空間。コの字型のカウンターをメインに、テーブル、小上がりで構成されています。いつもお願いするのがぬる燗500円で、銘柄は菊正宗。コの字型のカウンター内には燗つけ器があり、注文が入るたびに升で日本酒をはかって好みの熱さにつけてくれます。

料理は、30年来の名物鶏もつ煮込みのほか、刺身、焼き魚といった鮮魚料理を中心に、焼鳥、揚げ物などをそろえます。鮮魚類は毎日豊洲市場へ仕入れに行っているので、鮮度の良さはお墨付き。この日は穴子の白焼き900円をお願いしました。

飲んでいると、昭和へトリップしてしまうほどの和やかさ。古典酒場が消えつつあるので、長く続いてほしいです。

DSC_7267
DSC_7273
DSC_7276
DSC_7270
DSC_7271


https://www.akatsuka.tokyo/


日本酒大好き、いろいろ飲み比べしたい方におすすめしたいのが「名酒センター」さん。世に出まわっていない蔵元にふれて欲しいために開いたそうです。

お茶の水と浜松町にありますが、浜松町店は移転して本数が減ったのと立ち飲みなので、座って飲めるお茶の水店がおすすめです。

全国の44蔵・200種の日本酒は45ml200円~飲め、多店舗で倍額するレアな銘柄が数多眠っています。各日本酒のボトルには、使用酵母・味わいなどを記載した札がかけられていますが、迷ったらスタッフに聞くのがベター。

料理は現在コロナ禍につき、しめさば、かわきものなど400円~5種ほどに絞られていました。

江戸総鎮守 神田明神から徒歩5歩の場所にあります!(^^)!
DSC_7251
DSC_7259
DSC_7260
選び放題なんて贅沢の極みですが、迷ってしまいます…

DSC_7257

DSC_7264
このご時世、店は貸し切り状態でした


神田明神へコロナの終息をお参り
DSC_7254
DSC_7256
おみやげ品がすごい…

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13211642/

↑このページのトップヘ