中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: 有楽町・銀座・日比谷

最旬のブランド店が集結した東京ミッドタウン日比谷に、日本酒でちびちび立ち飲める店があるのです。まさか、こんな場所に!と驚かれる人が多いですが、3階にあります!「立ち呑み 三ぶん」さん。しかも15時(土日祝12時)開店。唎酒師の店長さんに変わり、酒の内容が随分変わりました。食事に合う純米酒をメインに30種8勺550円~、お猪口で飲むスタイルは変わりません。(以前の記事はhttps://wome.jp/articles/2428
日本酒初心者の方も通の方も、スタッフに聞きながら世界を深めることができます。

また、割烹料理店の立ち飲みだけあり、料理がおいしいのです。魚はすべて天然もので、食べ方が粋。白身はわさびと煎り酒、赤身は福井の地ガラシと石垣島の塩で味わいます。

日本酒以外にも、ビール、焼酎、オリジナルサワー、ワイン、ウイスキーなどがありますので、日本酒が苦手な方も立ち寄れます。


DSC_7299
DSC_7316DSC_7303
DSC_7304
DSC_7305

DSC_7312
DSC_7306
DSC_7310

https://www.sanbun-ginza.jp/

ビヤホールとして日本最古の「ビヤホールライオン銀座七丁目」さん。東京大空襲を逃れた空間は昭和9年創業のままで、今や再現不可能な貴重さ。当時、銀座界隈で空襲警報が鳴ると「ライオンさんへ逃げろ!」と避難していたそう(ライオンさん、東京会館さん、和光さんは外れるという噂が流れていたそうな…)。

コロナ禍でクローズしていましたが、営業再開したとのこと(^_^)。くじで当たった1000円券の期限が5末だったので(1か月延長でした…)、うかがいました。

メニューをしぼって、時短で営業。席と席との間隔があけられ静かでしたが、皆さん楽しそうにジョッキ筋トレをされていました!

一度注ぎのビールと久しぶりの再会(^^♪ 会いたかった~💛おいしさに思わず「うまい!」と声が出てしまいました~。

新しい生活に基づいたコースが誕生したもよお。「大皿ではなく個々の皿でサーブ。回し飲みは避ける」をテーマにしたコースらしく、飲み放題付き3500円~、当日OK、一人でもいいようです。
https://www.ginzalion.jp/event/2020/05/post-20.html

こういう新プランが増えそうです
DSC_6189
一度注ぎで雑味を抜くテクニック!プハ~美味しい!(^^)!


DSC_6190
DSC_6200
二杯目はエビスへスイッチ

no title
大好きなウインナー850円!


DSC_6191
DSC_6192
メニューはしぼられていました
DSC_6199
匠の技「一度注ぎ」

2006_nls
新しいコース誕生

DSC_6193
DSC_6194
見惚れる空間


DSC_6202
入り口では検温、手の消毒などを実施

https://www.ginzalion.jp/shop/brand/lion/shop1.html


現存する中で、日本最古のビヤホールといわれている「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」さん。

店内へ入れば、東京大空襲などの戦災・震災を逃れた昭和9年当時の空間が迎えます。
デザインしたのは、新橋
演舞場などを設計した菅原栄蔵氏。正面を彩る日本で初めてのガラスモザイクの壁画をはじめ、重要文化財クラスなのですが、登録すると店内に手を加えられないので、あえてしていないそうです。

こちらでぜひ注文してほしいのが生ビール黒ラベル(中860円)です。タップではなく特殊なスイングカランで1度で注ぐスゴ技。これにより雑味が抜けるといいます。全国でも数名しかできないので、ぜひ行ったら注いでいるシーンをチェックしてみてください。場所は壁画の下です! いろいろ飲みたい人はふちに金が彩る金口グラス620円がおすすめ。こちらはお客さんが命名してこの名になったとか。

大好きなビヤホールウインナー850円といただきましたが、料理もソースもすべて高級レストランのように仕込んでいます。現在130周年祭で、エビスビールを注文するとくじ引きが引け、金券がもらえます!

DSC_5203
DSC_5206
ひとりなら、全空間を見渡せる、一番後ろの席がおすすめです
DSC_5209
DSC_5210
時間によりシェフが切り分けるローストビーフも絶妙です!DSC_5213
大好きなウインナー。これで3杯飲めますDSC_5222
頼むべきはこの生ビール。飲む価値ある一杯です

DSC_5218
くじ引き1等賞!1000円券をゲットしました!!

店舗データ
東京都中央区銀座7丁目9−20 銀座ライオンビル 1F
03-3571-2590
https://r.gnavi.co.jp/g131800/



宮崎焼酎フェア「SHOCHU MIX up 2020」イベントが開催されました。宮崎に限定した蔵元の焼酎がズラリ。焼酎に関するパネルディスカッション、各蔵元によるセミナー、焼酎のテイスティングコーナー、バーテンダーによる焼酎カクテルのサービスなど満載で、東京にまだ上陸していない美味しい焼酎ばかりで、もったいない…。DSC_4685

DSC_4686
DSC_4693
DSC_4698
DSC_4703
DSC_4704
DSC_4709
DSC_4714
DSC_4716
DSC_4718
DSC_4720
DSC_4724
DSC_4727

インターナショナル・バーテンダーズ・コンペティションをはじめ、国内外のバーテンダーコンペで優勝している保志雄一氏。「居酒屋のように楽しく飲める銀座のバー」を掲げ、銀座のバーを変えた人物でもあります。この日は「バー保志」(本店)へ。席に着くとお通しとして、数日かけて作るコンソメスープが出されます。ますはバーテンダーの力量が分かる1つジントニックをオーダー。好きなジン・ゴードンを指定し作ってもらいました。その後、お得意のマンハッタン、マティーニでしめました。
スギちゃん、高橋君、小山さんありがとうございました!DSC_4015
DSC_4019
DSC_4017
DSC_4020
DSC_4023
DSC_4024
DSC_4025
DSC_4028

長崎の五島列島は、おいしい鮮魚があがることで知られています。そんな五島列島から直送の鮮魚料理を味わえる店が、有楽町駅前野交通会館の地下にある「和食処 五島」さん。幻のクエ、ハタといった鮮魚はもちろん、五島芋など現地でしか飲めない焼酎も500円~、あごだし五島うどんも置いています。お刺身盛り合わせ1350円、五島芋550円をいただきました。DSC_3911
DSC_3912
DSC_3913
DSC_3914
DSC_3915
DSC_3918
DSC_3917

バンブーが飲みたくなり、久しぶりに銀座のバーへうかがいました。訪れた「バー堀川」は、世界大会や全日本バーテンダーコンペで優勝した「バー保志」さんの右腕だった堀川さんが開いた店。その技を引き継ぎ、サービスはもちろん、カクテルの味も抜群です。オーダーしたブラッディメアリも、完熟した高級トマトをすりつぶして作り、お通しのコンソメスープも有名料理店と同じ手法で、DSC_4012
DSC_4003
DSC_4004
DSC_4005
DSC_4010
DSC_4006
DSC_4009
数日かけて作ります。

日比谷ミッドタウンには、昼のみできるお店がいろいろあります。日本酒なら「立ち呑み 三ぶん」さん。東銀座の「割烹三ぶん」さんによる立ち飲み部門で、こちらに移転しました。高価な器に触れつつ飲んでほしいと開いたそうで、棚には作家の器が並んでいます。全国の銘酒が一律500円(6勺)で飲むことができ、刺身、すっぽん、毛ガニなどの割烹料理を400円~味わうことができます。しかも刺身は、白身は煎り酒とわさび、赤身は福井のからしで食べる粋な形式です。DSC_2187
DSC_2188
DSC_2189
DSC_2193
DSC_2194
DSC_2198
DSC_2201

日本にあるビヤホールの最古参が「サッポロビヤホールライオン銀座7丁目店」さん。85年経った今も竣工当時のままの空間に、建築好きならずともうっとりしてしまいます。東京大空襲の時も、戦火を逃れたそうです。現在、紅葉祭りで、空間は鮮やかに紅葉していました! 生ビールのタップがスイングカランで、1回で注ぐ1度注ぎの生ビールが飲めるにもここならでは。料理にもこだわり、ローストビーフは遠赤外線のオーブンでじっくり焼くほか、ソースもドレッシングもすべて手作りなのです。黒ラベル中860円、シェフが切り分けていたローストビーフ1580円、サラダをいただきました。DSC_2205
DSC_2203
DSC_2210
DSC_2208
DSC_2207

有楽町駅前に交通会館が建つ前に寿司屋横丁がありました。そんな時代から続いているのが、交通会館のB1にある「ひろしまや」さんです。70年以上続く店で、小島功氏はじめ著名人が訪れた店です。お酒は広島の日本酒加茂鶴の樽酒1000円、瓶ビール500円のみで、肴は、刺身、煮魚、煮物など日本酒に合う8種類を500円均一で楽しめます。久しぶりにうかがい、2代目の女将さんと談義しました。DSC_0899
DSC_2692
DSC_2693
DSC_2695
DSC_2696

↑このページのトップヘ