中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 四つ木、高砂、八広

安くて新鮮な鮮魚料理を味わえる酒場の一つが、四ツ木の「大衆酒場 ゑびす」さん。キャプテン翼の街にあり、久しぶりにうかがえました。一度行く価値ありの酒場です。
DSC_0134
DSC_0135
DSC_0136
リニューアルして美しくなりました。

広い店内は、カウンター、テーブル、小上がりの構成。料理は壁の短冊から選びますが、100種以上あるでしょうか。
DSC_0141
DSC_0140

DSC_0138
四ツ木エリアといえば、下町ハイボール360円!こちらは氷入りのスタイルです。他店と異なり少し弱めです。
しかも料理がボリューミーなのです。

DSC_0145
大好きな赤貝が、オンザシェルで 登場します。手間暇かけてこの内容で500円はうれしい限り。
あればお願いします。

DSC_0142
さんまの刺し身450円。中心部だとものすごく高値なので、四ツ木レートを感じます!

前回伺ったときからスタッフのユニフォームがTDL(東京ディズニーランド)仕様になっていました。
若旦那がTDL好きでこうなったそうな。前回ピンク、今回グレーで、妙齢の旦那も今回は着用されていました!
女将さんに伺うと、いくつかあって変えているのだとか。嬉しそうでした!(^^)!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13008120/

ネットにインフォメーションはありませんでしたが、前から気になっていた四ツ木の駅前にある「ぼてふり」さんへうかがいました。

ご主人おひとりで回しているお店のようで、カウンターとテーブルの小箱のお店です。カウンターは、1つ1つ仕切られていました。

DSC_0147

鮮魚料理自慢のお店で、壁のメニューには旬魚の名前がズラリ。何と新子の刺身があったのでいただきました。握りではいただきますが、刺し身としては初めてで700円。四ツ木レートでしょうか。

そのほか、揚げ出し豆腐、豚カツ、ハムカツ、焼鳥、穴子の巻物、きしめんなどなどもありました。

DSC_0152
DSC_0157
新さんまの刺し身

刺し身といえば、日本酒!こちらは、東村山にある豊島屋酒造「金婚」と限り、10種ほどそろえていましたが、「超辛口」「十右衛門」をおねがいしました。グラスは量が明確なビーカーで登場!日本酒でこの形式も初めてでした。ちなみに明治天皇の銀婚式(結婚25周年)を祝福する意を込めて「金婚」と命名されたそうです。

DSC_0149
DSC_0154
こうみると結構な量で、1合?180弱、8勺くらい?

DSC_0151

火曜日は刺身半額デーのようです。四ツ木には、いい店が眠っています。

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13149656/

https://tanoshiiosake.jp/5421


キャプテン翼の舞台・四ツ木に、チュルトロのシロタレ、もつ煮込みで知られる「もつ焼 のんき」さんの姉妹店「ポノオーレ」さんがあります。のんきさんでは、もつ煮込みは冬季限定なのですが、こちらはもつ煮込みの定食屋なので、1年中味わえる穴場。下町ハイボールもあるので、定食をつまみつつ飲めます。



DSC_0132DSC_0130

この日は、「ポノオーレ角打ちデー」で、吉本芸人のバッドボーイズ清人さんが店長として立たれるとのことでしたので、うかがいました。


DSC_0123

DSC_0128
DSC_0125
DSC_0126

時折、このようなイベントを開催しており、芸人さんほかいろいろな方が集まるので楽しい酒が飲めます!

DSC_0120


http://ponoole.com/

鐘ヶ淵駅から八広駅の間は「酎ハイ街道」と呼ばれ、酎ハイ(下町ハイボール)を主軸にする酒場が点在しています。この酎ハイは、天羽の梅という素をベースに、焼酎、ウイスキーなどで各店独自に配合。氷なしを基本とする、パンチある梅味の酒です。何が入っているかはブラックボックスのため、数杯飲んだら酔ってしまうことも。

街道のスタート・フィニッシュ地点の八広駅徒歩1分の場所にある「大衆酒場 日の丸酒場」さんへ、久しぶりに焼酎ハイボール300円を飲みにうかがいました。

カウンター上で、素と下町強炭酸を両手に一滴もこぼさずに表面張力で注ぐスゴ技は、王子の山田屋さんを彷彿とさせます。代々受け継がれる技なのか…。

料理は、刺身からコロッケ、グラタンまで和洋折衷を150円~ラインナップ。せんべろできます。

DSC_6990

DSC_6993
グラスの中で炭酸がホッピング!

DSC_6995
ポテトチーズ400円

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13083720/

この日はカワハギを食べたくなり、四つ木にある「大衆酒場 ゑびす」さんへ。こちらは鮮魚自慢の酒場で、カンバチ、ブリから生カキまで410円~味わえるのが魅力。中でもカワハギを610円で堪能でき、肝醤油でいただきました。また、どじょうの料理もおすすめで、冷凍ではなく、生のものを調理するので一味違います。どじょう唐揚げ510円、下町ハイボールとのんびり飲みました。DSC_1777
DSC_1780
DSC_1776
1f007f6e-s

下町ボール文化が根付く四つ木で、もつ焼きを味わうなら「吉か」さん。ご夫妻で営む地元の人気店で、いつも満席。18時ごろ何とか一人入れました。もつ焼き120円、焼鳥140円のほか、チーズやカレーなどをトッピングした変わり種が名物ですが、スタンダードにシロタレ120円をオーダー。またこちらの下町ハイボール350円はサーバー内でブレンドされたものが供され、私好みの味で、TOP5(*^^*)。
DSC_1785DSC_1783
320x320_rect_89945296[1]
DSC_1787
DSC_1775

四つ木といえば、「キャプテン翼」の発祥地。駅は翼君一色で、サッカーファンにはたまらない駅でもありますが、大好きな大衆酒場があります。「ゑびす」さん。60年以上四つ木で愛されており、移転してきれいになりました。こちらは鮮魚料理が安くておいしいことでも有名。赤貝も一から貝から捌くなど手間暇かけていますが500円の安さ。ボール350円といただきました。DSC_1636
DSC_1637
DSC_1639
DSC_1643
DSC_1642
DSC_1650
DSC_1644

↑このページのトップヘ