中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 新橋

この日は新橋へ。お目当てのお店がお休みで、ウロウロしていると鳥取県・島根県の郷土料理&酒が飲める「山陰海鮮炉端かば」さんを発見!山陰の日本酒がそろっているうえに、HHで緑茶割り、ハイボールなどが280円だったので入店しました(^_^)島根県・鳥取県に総本山があるようです。

鳥取県に親友がいるので遊びに(いえ、飲みに)行きましたが、とにかく生ものがおいしくて安い!せいこ蟹やのどぐろは1000円ほどで味わえるわ、酒蔵も結構あるわで、飲んだ飲んだ~。飲んべえにはたまらない県です\(^o^)/

といった理由から、トロサバを入れた山陰海鮮刺し盛り3種880円をお願いしました。なんと鳥取県の境港から直送とのこと(^_^)名産しじみ醤油でいただきました。

緑茶割りのあとは日本酒へ移行。悩みましたが、美人の女性杜氏さんにひかれて鳥取の西元酒造場「笑」純米をいただきました(グラス450円)。きりっとした辛口でした!http://osakenet.tv/tottori/index.php?main_page=index&cPath=175_195

ホールスタッフの方もとても親切でした

DSC_6210
DSC_6214
DSC_6213
DSC_6229
DSC_6230
注文はタッチパネルでも口頭でもOKでした


DSC_6216
濃厚な緑茶割り!HHで280円

DSC_6226


DSC_6228
DSC_6232


DSC_6234



DSC_6219
お通し何だったか?!


https://r.gnavi.co.jp/adsa1pj20000/


新橋に通い続けている飲んべえなら、おそらく知っているだろう立ち飲み「ぼんそわ」さん。17時45分と微妙な時間にオープンしますが、毎日通う猛者がいらっしゃり、店の酒人が扉を開けるのを待ちます。店内は10人ほどで満席になるコの字型カウンターのみ。息子さんが料理、お母さんがホールを担当しています。こちらでお試しいただきたいのが、チューハイ400円、トマト割、ホッピーといった割り物系です。並々と焼酎が入ったグラスと割り物がドンと登場し、グラスには割り物を一滴も入れさせないブロック態勢。その光景は、惜しまれて閉店した東神奈川の市民酒場「みのかん」を彷彿とさせます。

空のグラスをくださいはNG。攻略法としては、焼酎を氷にとかしつつちびちび飲んで、少し空いたところから割り物を注ぐ…でしょうか。しかも料理がおいしくて安く、黒板に日替わりで記されています。刺身のほか、ポテサラやあん肝など手作りで200円~、うかがったのが2月でおでんを注文しました。

お水はこの店で高級品につき500円! 「お水は隣の自動販売機で買えます」との短冊が貼ってあります。

DSC_5043
DSC_5044
DSC_5041
DSC_5038



港区新橋4-15-5
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13040974/

新橋駅ビルで15時30分~飲める「一番館」さんは、親子で切り盛りする立ち飲み。無料でフルーツのお通しが出るうれしいお店です(この日はグレープフルーツ)。お料理はほぼ手作りで、カレーや煮物、あん肝などバラエティ豊か、しかも350円! またお酒はサワー類、ボール、日本酒など350円~とこちらもリーズナブルです。この日は大好きな肉豆腐、サワー、粉茶から作る濃厚なお茶割をいただきました~。DSC_4764
DSC_4763
DSC_4770
DSC_4765
DSC_4766
DSC_4522

ホルモンが食べたくなり、激戦区新橋で40年続くホルモンの「野焼」さんへ。この日は目当てのホルモン鉄板は売り切れで、串ものをオーダー。つくね、豚バラ、ホルモン、ネギマ、そして幻のホイスを。この酒は昭和30年ごろ質の良くなかったチュ-ハイをカバーするために作られたハイボールの素です。そして冬季限定のおでんもありました~。DSC_4226
DSC_4227
DSC_4229
DSC_4231

新橋といったビジネス街の飲み屋は昨晩で年末年始の休みに。どこへ行こうか迷い、新橋の素敵な女将のいる酒場へ。仕事終わりが21:00だったので、車中はできあがった人ばかり。「なぜっ、おじさんの専用車両がないのっ!!」(なるほど)とオウムのように繰り返すサラリーマンを横目に行くと、ちょうどはけたところで座れました!こちらはすべて500円で、焼酎もあふれんばかりにつがれ、おつまみは無料で出されます。トマトサワー、黒霧島を何杯も飲み、出来上がりました~。Nさんはすでに会社がお休みとのことで、さすがです~。M&まさはるさんありがとうございました!(^^)!DSC_4212
DSC_4215
DSC_4217
DSC_4216
DSC_4219

新橋の細い路地に佇む立ち飲み「新橋以蔵」さん。ご主人も温かく、店はいつも人であふれています。お酒は500円~で、ラフロイグ、タリスカーといったモルトもあります。焼酎が500円で、つくし、麦冠、山猪などあまりないものばかり揃っているのがこの店。お茶割、六代百合500円を飲みました。DSC_3230
DSC_3225DSC_3233
DSC_3232

DSC_3228

飲み屋の激戦区・新橋で10年以上立ち飲みを営み、いつも飲んべえでいっぱいの「ぼんそわ」さん。コの字のカウンターでは、息子さんが調理をお母さまがホールを切り盛りしています。こちらで頼むべきはチューハイやホッピーセット400円です。焼酎がグラスに並々注がれ登場し、炭酸が1滴も入らないほど。1~2杯飲むとベロベロになってしまいます。ご主人は和食店に勤めていたらしくお料理もおいしく、煮つけ、炒め物もすべて手作りで200円~。自家製あん肝300円、ポテサラ250円と飲みました。DSC_3237
DSC_3241
DSC_2517 (2)

DSC_3235
DSC_3239

新橋で44年間、ホルモン焼きを供しているのが「野焼」さんです。見過ごしてしまう路地裏にあります。店先では立ち飲みもでき、おしぼりとお通しも出ます。こちらでおすすめのお酒はホイス310円。ホイスとは、昭和30年ごろ質の良くなかったチュ-ハイをカバーするために作られたハイボールの素で、幻の酒と言われています。そのほか、串ものもありますが、ホルモン鉄板500円が名物。時間をかけて下処理をするので、臭みもなくて鮮度抜群でした。DSC_3216
DSC_3218
DSC_3217
DSC_3220
DSC_3223
DSC_3214

新橋駅前ビルで13時~クラフトビールを飲めるのが「クラフトビアバル IBREW 新橋駅前店」さん。タップは30種あり、どの銘柄でもハーフで一律390円、パイント690円と、おそらく最安値ではないでしょうか。料理はおばんざいをテーマに、もつ煮、煮卵などこちらも190円~とリーズナブル! 一人でも2時間3000円で飲み放題できます。この日は紅茶デュンケルンなどを飲みました。_DSC0961
_DSC0968
_DSC1018
_DSC0998

意外と昼のみできる飲み屋が少ない新橋ですが、11時30分から飲めるのが「立呑処 へそ新橋本店」さん。18時までは(平日)生ビール290円、サワー180円なので、この時間帯がねらい目かもしれません。最近、サワーに凝っているようで、レモンタワー580円と大阪ブランド牛たけしまの和牛ステーキ880円をいただきました。ステーキは酒とのお得なセット980円があります!!DSC_2671
DSC_2662
DSC_2665
DSC_2664
DSC_2669

↑このページのトップヘ