中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 大井町・大森・蒲田

数多の酒場がひしめく大井町で、昔から通わせていただいているのが「たら福」さん。昭和初期に創業し、大井町ではおそらく最古参。現在2代目女将が切り盛りするアットホームな酒場です。宣言があけたので、うかがいました!

DSC_1344
大井町駅から歩いて1分かからない好立地。一見さんは少し入りづらいでしょうか…。常連さんが集います。

DSC_1345
DSC_1349
新型コロナウイルスもあって、50円上げたお酒もあるそう。多くは450円になりました。

DSC_1351
ハイボール450円からいただきま~す。たら福さんのお酒はかなり濃厚なのがポイント。半分以上ウイスキーが入っています(*'▽')

DSC_1353
お通しはポトフ?でした。おいしい~(*^-^*)女将さんの料理は何を食べてもはずれなしなんです。

DSC_1346
この日のラインナップはこちらでした。

DSC_1357
スナップえんどうのソテー500円をお願いしました。女将さんは仕事が丁寧&手際が良く、スナップえんどうの筋とりもオーダーが入ってから1つひとつ行います。量が多いので、1皿で満腹~。

DSC_1356
水ではありません、芋焼酎・さつま島美人450円です。ロックでこの量!!さつまいも本来のコク、甘みが際立ち、大好きな銘柄です。島(世)の男性にいつまでも愛されるよう「さつま島美人」と名付けられたそうな。最近ではハイボール、そのまま飲める芋焼酎入りペットボトル500mlも販売しているようです。さすがでございます!(^^)! https://shimabijin.jp/

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13083838/







この日は神奈川を代表するせんべろ立飲み「国民酒場じぃえんとるまん 蒲田店」さんへ。総本山は上大岡にありますが、午前から飲めることもあり酒飲みには超有名店です。そのうえ元々酒店だったことからお酒の価格が安く、特にサッポロの赤星★の大瓶が410円の驚嘆価格なのです。おそらく都内近県で最安値かと…。

酒場の激戦区・東京蒲田にも進出しました(*^-^*)!蒲田店はグループでも一番メニューが豊富かも。(4月にうかがった時のものです)

DSC_0069
赤ちょうちんと縄暖簾がいいですね~!日本の酒場のザ・シンボル!

DSC_0070
DSC_0071
最近グループではじめたのがモーニングセットです。関西では定番ですね。ぎりぎり13時前に入店でき、Rくんにモーニングをすすめられいただきました!

DSC_0073
DSC_0075
生ビールととんぺいチーズをお願いしました。400円+400円=800円なので200円お得に、安い!

DSC_0076
DSC_0077
DSC_0078
チューハイ類は260円、すばらしい、企業努力を感じてやみません!!毎回メニューを凝視してしまいます。

蒲田店は鉄板料理を中心に刺身、カレーなんかもあり、メニューは100種近くあるかと思われます。この量をこなすのはすごいなぁー。

DSC_0079
おかわりするので、ほうじ茶ハイビッグサイズ450円をお願いしました。この日はサービスデーで安かったと思います(失念しました、いつも何等かサービスをしています!)。

ちなみにこちらのほうじ茶は加賀の棒茶を使用しているので、香ばしくて美味しいんです。お気に入りです~。

DSC_0082
鉄板肉野菜炒め350円をいただきました。

スタッフもみな人柄が良くて、どの店もアットホームな雰囲気が最高です~!
ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13242471/




中華料理立ち飲みの先駆けといえば、「臚雷亭 (ローライテイ」さんです。登場した時は衝撃的でした。大井町駅の飲み屋街を抜けたスズラン通り、有名な「肉のまえかわ」さんから徒歩10歩圏内にあります。この日は仕事帰りに晩御飯でした。

DSC_1253
DSC_1254
中国人のオーナーが鍋を振ります。料理は基本的に注文が入ってから作りますが、餃子の皮も手作り!一番安いもので100円です。

DSC_1252
お酒の価格もご覧の通りの安さ。サワー類は220円、ものすごく濃いので数杯飲むとアウトです。

DSC_1255
紹興酒1合280円をお願いしました。

DSC_1257
おすすめなのが水餃子280円です。皮が分厚くモチモチで、必ずオーダーします。

DSC_1259
次に焼売280円をお願いしました。こちらも手作りで、肉々しくジューシー。

久しぶりでした~、ごちそうさまでした~。

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13113876/



この日は大井町の「たら福」さんへ晩御飯です。昭和初期創業、現在2代目の女将さんが腕を振るいます。家庭料理ですが、何を食べても量があって、おいしく、リーズナブル。安い料理で300円~、500円が多いでしょうか。家庭的な雰囲気で、心がほっこりなごみます。

DSC_0759
大井町駅から徒歩20~30秒ほどの好立地。一見さんは入りにくいようで、貸し切りでした。

DSC_0762
お酒は400円~。しかも濃厚なので、お酒に弱い方は酔っぱらってしまうこと必至!

DSC_0760
生ビール500円をいただきました。

DSC_0761
お通しもボリューム満点!

DSC_0764
次はハイボール450円をいただきました。色の通り濃い~、原液が半分は入っていそうです。


DSC_0766
料理は生姜焼き500円をお願いしました。生姜の味付けが絶妙です。写真ではわかりませんが、結構なボリュームで、これでおなか一杯になります(*^-^*)

DSC_0769
島美人のお湯割り400円をいただきました。こ、濃い、温めた生焼酎を飲んでいるようです。おそらく半分は入っています。

お酒が弱い方は、「お酒に弱いです」や「薄目で」とお願いしてください…。

DSC_0757
落ち着いている大井町です。

大井町駅から徒歩1分。線路沿いにある「たらふく」さんへ新年のご挨拶&夕ご飯にうかがいました。戦後から続く居酒屋で、大井町ではおそらく最古参級、知る人ぞ知る名酒場です。

DSC_0499
サワー類、焼酎類400円~。躯体の関係で改築するまえは、昔懐かしの昭和レトロな店で、そのころは酒類は350円~でした。

DSC_0500


DSC_0505
「今年も御縁があるように」と、五円が常連さんに配られます。粋です!

DSC_0504
新年の振る舞い酒、いただきます!

DSC_0502
お通しは牛肉の煮物でした。牛肉が柔らかく絶妙の味付け。おかみさんの料理は何を食べてもおいしいんです。


DSC_0503
寒かったので好きな島美人400円のお湯割りをいただきました。たらふくさんの焼酎割は濃厚。まるで焼酎をそのまま温めたような濃さで、他店と同じ感覚でくいくい数杯飲むとノックアウト間違いなしです。この濃さ、器の半分入ってるはず、陶器なので状況が見えないのですが、サワー類はジョッキの5~6分目まで入れるのを何度も目にしているので、飲兵衛にはありがたいですね~。

明るい農村、三岳も500円で飲めます。

DSC_0507
豚肉とニンニクの芽の炒め、このボリュームで500円。一品料理は300円~で、500円台が多いでしょうか。量が多めなので、一皿でおなかいっぱいになってしまいます。

DSC_0497

ごちそうさまでした~(*^-^*)

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13083838/


神奈川でセンベロできる立飲みの代表格が「国民酒場じいぇんとるまん」さん。その都内1号店がこちらです。立飲みや居酒屋の激戦区蒲田に昨年前オープン。久しぶりにうかがいました。前回の記事ですhttp://fumikonakazawa.livedoor.blog/archives/22866275.html

DSC_1429
桜木町店から知るメンバーが店に立ちます。じいぇんとるまんさんのスタッフって本当に心あたたかな人ばかり。しかも何でもこなすからスゴイなぁ。

DSC_1430
12月中、14~18時まで生中250円、サワー類・ハイボール200円のサービス中でした。


DSC_1431
まずは、生中をいただきました。250円、安い。


DSC_1432
DSC_1433
鉄板焼きを中心に、刺身なんかもあります。50種以上はあり200円~。この価格でおいしいところが素晴らしい。ポテサラも手作りで、鉄板焼きも注文が入ってから焼いてくれます。この時期おでん100円~も登場します。

DSC_1434
じいぇんとるまんさんは、神奈川に何店舗かありますが、各店微妙にメニューが異なります。このおっぱい角煮500円は蒲田店限定。じっくり煮込んだ角煮の上に目玉焼きで表現した一品です。なんともユーモラス!!

DSC_1436
ほうじ茶ハイビッグ410円をいただきました。こちらにうかがうとほうじ茶ハイをお願いすることが多いのですが、使用しているのが加賀のほうじ茶らしく、香ばしくておいしいのです。

1160円。ごちそうさまでした~


https://jentlemankamata.owst.jp/

鮮度抜群の刺身で立ち飲める「たの平亭 刺身専門店」さんへ夕ごはん。その日仕入れた刺身を300円~そろえ、ホワイトボードに記載されます。

DSC_1445
全開なので風通し抜群。厚着をおすすめします。店を囲むように屋外にも立飲み席があります。

DSC_1439

7e5ec371-s (2)
日本酒はぬる燗が飲みたかったので、つけてくれるワンカップにしました。

DSC_1446
ぬる燗のわがままにご対応いただきました~。
新潟の下越酒造「ほまれ麒麟」別撰辛口450円。超辛口の食中酒ですが、酒のうまみを残しているのが最高です。雪が舞う新潟の居酒屋でしっぽり飲んでいるのを想像しつつ…。

DSC_1441
サヨリ、さわら、真鯛、スルメイカなど大御所目白押し!お寿司、炊き込みご飯なんかもあります。氷見のぶり500円があったのでお願いしました!!

DSC_1442
白~赤のグラデーションが絶妙、霜降りです。富山は我慢、蒲田で堪能。

DSC_1440
続いて、京都の山本本家の天王山 吟醸酒450円。


DSC_1443
あん肝350円。日本酒に合わないわけがありません。

つかの間のリフレッシュ口福、ごちそうさまでした~


DSC_1437
蒲田もいい酒場が眠っています

https://www.facebook.com/tanoheitei/

DSC_1031
うかがった日も、静かな大井町。

大井町で戦後から続く(おそらく大井町で最古参)「たら福」さん。二代目女将の家庭料理を400円~味わえますが、これがどれもおいしいのです!!DSC_1032
躯体の関係で数年前に改築しました。喫煙OK、黒帯級の常連様が集い、喫煙率高し。吸わない人がレアな酒場かも…。

少し入りづらいかもしれませんが、初見もOKです。事実、会社に入ったばかりのフレッシュな男性が通所し始め、メンバーに加わりました。

DSC_0682
お酒がリーズナブルで、サワー類、焼酎400円、生ビール450円!

DSC_1034
DSC_0685
ウーロンハイ400円。ちなみに席はカウンターメインで、パーティションで仕切られています。
4人掛けのテーブル席1つあり。

DSC_1083
お通しはまぐろでした。下にはわかめ。細かい部分にも仕事が行き届いています。女将さんさすがです(^^♪

DSC_0699
たら福さんへの通所歴10年以上になります。あまり気にしていませんでしたが、芋焼酎でも好きな島美人が400円だったのでいただきました。今更気付くなんて…。もちろんロックです!

DSC_0694
その昔大ブレイクした明るい農村500円。芋イモしいですが、後味はマイルド、おいしいですね~!(^^)!

DSC_1085
茄子の炒め物550円。ウインナーが入っていてボリューム満点。たら福さんの料理は一皿でおなかいっぱいになります。

いろいろな酒場に通わせていただいていると、各酒場で常連コミュニティーができ、数酒場会員です。
たら福さんもその1つ。この日は大常連様の誕生会でした。私も今年祝っていただきました。
DSC_1090 (2)
久しぶりにショートケーキをいただきました。日頃、甘いものを召し上がらない常連様たちも「ショートケーキ、たまに食べるとおいしいね」とのコメントでしたWWW

我が家のようにフラリ立ち寄れる温かな雰囲気で、女将さんのこだわりから価格もリーズナブル。
常連様たちも面白くていい人ばかり、大好きな酒場です~!(^^)!

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13083838/

大井町・東小路飲食店街にある「彩彩」は、昼間はそば店、夜は居酒屋になる、世にいう二毛作のお店(と聞きました)。昼夜でオーナーは違うようです。ネット情報も稀有。
DSC_0700

夜は美しいおかみさんが店を守ります。豊洲市場との長年の付き合いから?大間の天然生本マグロを500円で味わえるのです!(^^)!暖簾も市場の店からのもよお。

DSC_0543
女将さんは、きさくで楽しくていいお店で~~~す!(^^)!


DSC_0703
そして何を食べても美味しいのです。

DSC_0706
伺った日はタマネギのお通しでしたがこれまた美味しく…。レシピを聞きましたが門外不出とのこと!

DSC_0545
本生マグロといっておきながら、すみません…。この日は個人的に好きな煮穴子750円をお願いしました"(-""-)"。一匹登場!もちろん一から仕込んでいるそうで、全国で屈指の穴子の聖地・対馬産だそう。対馬は海流が強くて良い漁場なので、身が引き締まって美味しいそうです。身がふっくらしていて妙味でした。

DSC_0704
穴子に合わせるなら日本酒!2~3種の中から、山口県の八百新酒造 「雁木 純米 ひとつび」600円をいただきました。湯呑が横丁っぽくていいですね~!!ひとつびは、サケコンペ純米部門で賞を受賞、一回火入れの純米酒です。豊潤で米の旨味を十分に感じますが、口当たりはかなりマイルド。

ファーストインプレッションは、将棋の対局でどう挑むか静かにねる30代半ばの棋士、飲んだ瞬間はお座敷に上がり慣れた40台前半の熟した芸者さん、飲んだ後は五木ひろしさんのこぶし、という感じでしょうか…(個人の主観です)。

DSC_0211

やはり人が少ない大井町でした。



大井町のすずらん通りのとある建物の2階にある立ち呑み処「豊後屋」さん。大きな看板がないので、注意しないと見逃してしまいます。

DSC_0334
DSC_0336
日本酒が豊富な立ち飲みで、この日も日本酒目当てだったのですが、コロナウイルスの影響で変わってしまったようです…。

DSC_0335
鹿児島・小正醸造さんの芋焼酎 赤猿500円があったのでいただきました。小正醸造さんの猿焼酎のファンです!

猿シリーズとして、完熟黄金千貫の黄猿、ワイン酵母の麦焼酎 白猿と3種ありますが、すべておいしい!(^^)!
個人的に黄金千貫より芋の方が好きなのですが、黄猿は芋独特のコクを備えています。

赤猿は珍しい紫芋で作られていて、華やかな味と香りが魅力です。



DSC_0337


https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13109318/

↑このページのトップヘ