中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: 大井町・大森・蒲田

大井町・東小路飲食店街にある「彩彩」は、昼間はそば店、夜は居酒屋になる、世にいう二毛作のお店(と聞きました)。昼夜でオーナーは違うようです。ネット情報も稀有。
DSC_0700

夜は美しいおかみさんが店を守ります。豊洲市場との長年の付き合いから?大間の天然生本マグロを500円で味わえるのです!(^^)!暖簾も市場の店からのもよお。

DSC_0543
女将さんは、きさくで楽しくていいお店で~~~す!(^^)!


DSC_0703
そして何を食べても美味しいのです。

DSC_0706
伺った日はタマネギのお通しでしたがこれまた美味しく…。レシピを聞きましたが門外不出とのこと!

DSC_0545
本生マグロといっておきながら、すみません…。この日は個人的に好きな煮穴子750円をお願いしました"(-""-)"。一匹登場!もちろん一から仕込んでいるそうで、全国で屈指の穴子の聖地・対馬産だそう。対馬は海流が強くて良い漁場なので、身が引き締まって美味しいそうです。身がふっくらしていて妙味でした。

DSC_0704
穴子に合わせるなら日本酒!2~3種の中から、山口県の八百新酒造 「雁木 純米 ひとつび」600円をいただきました。湯呑が横丁っぽくていいですね~!!ひとつびは、サケコンペ純米部門で賞を受賞、一回火入れの純米酒です。豊潤で米の旨味を十分に感じますが、口当たりはかなりマイルド。

ファーストインプレッションは、将棋の対局でどう挑むか静かにねる30代半ばの棋士、飲んだ瞬間はお座敷に上がり慣れた40台前半の熟した芸者さん、飲んだ後は五木ひろしさんのこぶし、という感じでしょうか…(個人の主観です)。

DSC_0211

やはり人が少ない大井町でした。



大井町のすずらん通りのとある建物の2階にある立ち呑み処「豊後屋」さん。大きな看板がないので、注意しないと見逃してしまいます。

DSC_0334
DSC_0336
日本酒が豊富な立ち飲みで、この日も日本酒目当てだったのですが、コロナウイルスの影響で変わってしまったようです…。

DSC_0335
鹿児島・小正醸造さんの芋焼酎 赤猿500円があったのでいただきました。小正醸造さんの猿焼酎のファンです!

猿シリーズとして、完熟黄金千貫の黄猿、ワイン酵母の麦焼酎 白猿と3種ありますが、すべておいしい!(^^)!
個人的に黄金千貫より芋の方が好きなのですが、黄猿は芋独特のコクを備えています。

赤猿は珍しい紫芋で作られていて、華やかな味と香りが魅力です。



DSC_0337


https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13109318/

以前からうかがいたかった課題の「とりいち」さんで酒豪の宴。今回の面々は底なしの有段者、いや師範ぞろい、心して臨みました。

そして人生初の「西大井駅」。駅前には店がありますが、2分も歩けば住宅街へ…。
DSC_0463

DSC_0464

ナビに従い、5分ほど歩くと、お目当てのお店が突如出現!

DSC_0465
赤提灯がいいですね~。外観も内観も、昭和レトロどっぷり!!最高です!!!カウンターとテーブルの小箱につき、すぐ満席に。

DSC_0469
DSC_0471
DSC_0472
DSC_0474
酒が進む、飲んべえ好みの料理内容。
焼き鳥、刺身盛り合わせ、 白子の天ぷら、穴子の白焼きなど端からお願いしました。マグロがおいしい!!中とろのようでした。
DSC_0482
DSC_0480

DSC_0475
DSC_0477
まずはビールで肝臓のウォーミングアップ!腕もジョッキで筋トレ。瓶ビールを飲んだあとに、生中を頼むあたり、このメンバーのすごいところか…。

実はこちらのお店、ご主人が日本酒通で、他にはあまりない日本酒が置いてあるんです。それもお目当てでした。120ml550 円。


DSC_0484
DSC_0487
御粗酒造の遊穂、これまた山おろし純米は初。濃醇ですが、後味スッキリ10代の若者のようなキレのよさ。

DSC_0491
DSC_0493
若手の酒蔵、廣戸川 純米秋上がり!!ご主人が応援しているそうです。この日本酒もなかなか見かけません。

DSC_0498
DSC_0496
お初の白糸酒造の田中六五。珍しいハネ木搾りという手法で搾られているそうで、かなり旨味を感じました。

DSC_0500

ご主人の最後に飲むべしとの命によりフィナーレには香川県の川鶴。どっしり重厚、飲みごたえありました。

あまりにもみんなが飲むので、隠し酒もいただけました!
6杯ほど飲んだもよお、ということは4合瓶。

お店には、今旬の酒蔵の方などもいらしていて楽しい宴になりました!

わざわざ行く価値ありの酒場です。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13065422/

蒲田駅西口の飲み屋が連なるバーボンロードに、日本酒の立ち飲み「日本酒人」さんがあります。場所がかなり奥まっているので、ご存じの方、少ないかと思います(私も野毛にある日本酒の「陣」で知りました)。

こちらは、全国から厳選した日本酒50種を立ち飲める店。90ml300 円~のリーズナブルさです。風の森、雁木、紀土、鍋島といった今注目されている酒蔵から、無名の日本酒まで置いてあり、銘柄の横に書いてある番号で注文する形式です。

DSC_0296
このお店の前身の酒場でよく飲みました

飲んだことのない日本酒に挑戦!
IMG_20200915_100002
IMG_20200915_095918
個人的に好きな天吹もあります。

DSC_0283

岡山の利守酒造の生酛純米吟醸「酒一筋」400円。ノン酵母で醸したそうで、
ふくよかながらスッキリしていました。


DSC_0294

高知の土佐酒造の清酒「桂月」300円。高知県の好適米アキツホで造った日本酒。
旨味もあり、おかんでもおいしそうです。

DSC_0301
こちらおすすめされた一杯。今、日本酒でブームの佐賀で富久千代酒造といえば
鍋島ですが、地元では「泉錦」400円がメジャーだそう。
佐賀以外、あまり流通していないそうで、さらりとした口当たりでした。

DSC_0297
こちらは飲んだことありました。山形の東北銘醸の生酛純米「初孫」300円。
全量生酛造りの酒蔵さんで、IWCをはじめ、数々の賞を受賞しています。
酸味を感じつつ、米の旨味が十分でした。やはり全量生酛はいいです!

DSC_0285
料理も日本酒好きの心を揺さぶるものばかりで、100円台からあります。
燻製カズノコだったか?300円

DSC_0287
酢につけた国産いりこ酢漬け250円。日本酒に合い、大ヒットです!

16時から飲めます!蒲田にもいいお店があふれています!(^^)!

https://nihonsyubito.owst.jp/


大井町の東小路飲食店街に2016年オープンした「鳥たか」さんは、焼き鳥の立ち飲み店です。

自由が丘の名店「かとりや」さんで修業されたご主人が開店しました。界隈で立ち飲みで本格的な焼鳥を味わえる店がなかったので、サクのみしたいときに利用させていただいています。
_S1A5949
_S1A5783

またメニューは絞られていますが、こちらは希少な白レバがあり、数量がないのであればお願いします。本数のしばりはなく、1本160円~。
DSC_7428


DSC_7433
白レバは中がトロットロで焼きの技が光ります

DSC_7431
ささみも半レア、わさびとあいます

DSC_7435

DSC_7429
ハイボール380円をいただきました

紀州備長炭で焼く焼き鳥は絶妙です。

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13199443/


大井町の東小路飲食店街、さかのぼること10年前。妙齢のママが立つスナック、演歌が似合う一杯飲み屋が並ぶ中、オープンし衝撃的だったのが「8 huit.(ユイット)」さんでした。こちらは料理研究家の平野由希子さんが手がける店です。

若い佳人が立つ、料理家、さらにかつてないおしゃれなワインバーに(ワインバーなどなかった)、当時、飲み屋街をざわつかせました。ワイン好きなので、オープン当初から時々伺わせていただいていますが、現在、コロナ禍で席をまびいているうえ、常連さんが多く、初訪は少しはいりづらいかもしれません。お客さんが西麻布系のおっしゃれ~な方が多いので、店に入ると(れたら)大井町を忘れます。

ナチュールワインを主体とし、泡白ロゼ赤と8種類ほど700円~。他にはない珍しい銘柄が置いてあり、ワイン好きには魅力です。

料理は、もちろん平野さんのレシピで、おいしいです!(^^)!

伺った日は、店に立つKちゃんのバースデー前夜祭で、盛り上がりました。DSC_7437_HORIZON
DSC_7438
このタイプのシャルドネはレア。かなりおいしかったです

DSC_7443
DSC_7445
やはりアルザスははずれなし!

DSC_7448
DSC_7440
DSC_7441

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13117441/

蒲田駅西口側の巨大な商店街・サンライズアーケード。数百店の店が軒を連ねますが、蓮沼駅寄りにある「えど屋」さんは、芝浦から仕入れたモツ、地養鶏をさばいて、1本1本丁寧に串刺ししている焼鳥店。テイクアウトを基本としていますが、なんとドラム缶の上で立ち飲むことができます。

シロ、レバー、なんこつをはじめ20種以上110円~あり、1本~注文OKですが、1本に刺さっている肉がかなり大ぶりなので、数本でおなかいっぱいに…。立ち飲むことを告げると、火で温め直してくれます。

お酒は、ビール、ウーロンハイ、日本酒など300円~。開店時間はその日によりますが、15時30分~16時でしょうか…。

「えど屋」から徒歩5分のところにある「パティスリー・ルージュ・ブランシュ」は友人の若林氏がてがけるパティスリー。毎年、ファミリーマートのクリスマスケーキを監修しているほど、プチガトーも焼き菓子もかなりのおいしさ。飲んべえの私でも味わえる甘さです。

DSC_7122
DSC_7125
DSC_7120
DSC_7126
味は塩かタレからチョイスOKです!頼みすぎました

DSC_7124
ウーロンハイ300円

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13140863/



DSC_7131
DSC_7138
DSC_7135

http://www.rougeblanche.com/

大井町を巡回中、お客さんが一人だけだったので立ち飲み中華の「臚雷亭 (ローライテイ)」さんへ。一時賑やかになりましたが、最近また静かになりつつある大井町です。

料理は、麻婆豆腐、餃子、シュウマイ、麻婆豆腐、海老チリソースなど50種ほどありますが、200~300円台中心のお手ごろさ。日本で餃子といえば焼きですが、
中国では水餃子なので、この日も女将さんに手作りの水餃子250円を推され、エビマヨ380円と2品オーダーしました。皮が厚くてプリプリ!この内容でこの価格に、晩御飯かねて毎日堪能しに来るお客さんも数多。

推定焼酎が8割入っている濃厚なウーロンハイ220円、紹興酒280円といただきました。


DSC_6928
DSC_6929

DSC_6931

DSC_5825
DSC_6932
DSC_5826

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13113876/

大井町のゼームス坂通りにあるのが、50年続く「大衆割烹 釣り仲間」さん。久しぶりにうかがいました!! 店名通り、ご主人やお客さんの釣った魚が供されるお店です。ご主人が釣り好きで、週に3~4回行かれている週もあるそうで、釣り好きのお客さんも集います。店内の壁には、魚拓(釣った魚を紙に記録)がはりめぐらされ、腕の良さがわかります。

料理は、その日にとれた魚介類を中心に黒板に表記。あじ、ヒラマサといった旬魚を、刺身、焼き魚、煮魚で提供。価格も700円ほどです。お酒も、サワー類、日本酒などがあり、300円台~の低価格設定!

ご主人とおかみさんが切り盛りする温かなお店で、所見でも気軽に入れます!(^^)! 

DSC_6943
DSC_6938
DSC_6933
DSC_6940

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13007361/




大森駅も昼飲みできるパラダイス!!駅周辺には、地獄谷、立ち飲みなど名酒場がそろっています。駅東口で、16時から飲めるのが焼鳥の店「萬作」さん。昭和48年創業、3代続く焼鳥店です。オープンな店内カウンターのほか、屋外にも席があり、密をさけて飲酒できます。

炭火で焼く焼き鳥はかしら、ひな肉、ぼんじり、手羽先など120円~。そのほかにも、マカロニサラダ、玉子焼き、ニラレバ炒めなどの一品料理も200円~置いています。

そしてこちらは、あのホイス420円を飲めるのです!(^^)! ホイスとは、ビールやウイスキーが高値だった昭和30年代にカバーするために生まれたお酒の素。置いてあるお店が少ないだけに、貴重です。

3代目がバンドマン(ドラマー)で、BOOWYといった曲を耳に飲めます。

DSC_6909 (2)


DSC_6913
DSC_6912
DSC_6879
DSC_6917
DSC_6914


https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13021718/dtlmenu/photo/

↑このページのトップヘ