中沢文子の酒場ふらふら

立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。ぬる燗研究、焼酎割り濃い酒場研究、下町ハイボール研究。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。2020年ベクタービールとコラボビール「QPA」を発売し完売。 「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)、「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)、「名酒場と大衆酒場」(ぴあ)、「日本酒の世界」(ぴあ)などのムックに執筆、発売中です。

カテゴリ: 巣鴨・駒込・大塚・新大久保

とげぬき地蔵尊で知られる巣鴨にも、意外といい酒場が点在しています。その1つが、朝8時オープン、朝飲み・昼飲みできる「朝めし酒場ナニコレ食堂」さんです。

DSC_1596
カウンターは、すでに昼飲みを堪能する黒帯クラスのご常連さんで埋まっていました(*'▽')

DSC_1600
ということで、入り口付近のテーブルへ着地。

DSC_1598
DSC_1599
伺った日のメニューは100円~。頭シリーズ、そう頭だけでいいんです!!飲兵衛の肝をつく料理ばかり、さすが酒飲みオーナーでございます。

DSC_1602
チューハイ400円をお願いしました。キンミヤ焼酎が半分ほど入って登場します!

DSC_1606
炭酸はボトルで登場。以前はウイルキンソンでしたが、炭酸機器を導入した模様。炭酸のきが抜けないボトルを探し、このボトルを使用しているそうな。こんなすばらしいボトルがあるんですね。

DSC_1604
牛もつ煮込みハーフ300円をいただきました。お肉がトロトロで、旨み十分。すごくおいしくて必ず頼みます!(^^)!

DSC_1608
この日は市場に行ったとのことで、刺し盛りがあったのでいただきました。このボリュームで600円なり。

変わらずゆる~~~い雰囲気で、居心地抜群でした~。

https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13204844/

JR駒込駅東口から続く駒込銀座通りには、ぽつぽつ居酒屋が点在しています。4時から飲める「立呑 ひろし」さんは、ひときわ目立つ立呑の大きなちょうちんが目印の立ち飲み。開店と同時に、常連さんが集います。

マスターと美しいおかみさんが切り盛りする緩い空気がたまらないアットホームな店で、コの字型のカウンターと、2名用の立ち飲み席で構成されています。早い時間だと学生時代の先輩に会えるので、楽しいです!(^^)!

お酒は生ビール、ハイボール400円、サワー類は300円の立ち飲みレート。料理で大好きなのがほんのり甘い2つの玉子焼き300円。オーソドックスなお袋の玉子焼き、ネギ入りの鬼平の玉子焼きがありますが、いつも後者をお願いします。ふわふわとろとろで、焼き加減絶妙なのです!(^^)! 

カツ煮300円、ししゃもの天ぷらといったおつまみのほか、その日のおすすめはカウンターに並びます。


DSC_6866
DSC_6870
DSC_6871
DSC_6877
キャッシュオン

DSC_6869
生ビールからスタート!

DSC_6879
バーボンソーダ400円

DSC_6874
鬼平の玉子焼き

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13111349/

よく行く巣鴨ですが、なかなか時間が合わず「ゆたか食堂」さんへ数年ぶりに(*^-^*) こちらは63年愛され続ける食堂で、価格が安くてボリューム満点。3種の日替わり定食はワンコインの太っ腹です。

お目当ては、チョイ飲みセット。キンミヤ焼酎300mlボトルにおつまみセット付きで1000円のリーズナブルさ!しかも割り物が炭酸、お茶、ウーロン茶から選べます\(^o^)/

おつまみは冷ややっこ、コロッケ、豚じゃぶのボリューミーさで、冷ややっこの薬味は別添えの気配りぶり。もっと食べたい方には、オムレツ、ポテサラ、フライなどの単品を100円~用意されています。

のんびりした空気の中で、ちびちび飲むひと時は幸せでした~。

商店街も再開していましたが、人出は半減。高岩寺にご参拝にうかがうと、感染予防のため、柄杓が排除されていて、しかたなく手でお地蔵さまに水をかけることに( *´艸`) また、マスク、アルコールジェル、除菌スプレーなどの除菌グッズがどのお店にも豊富に並んでいました。DSC_6262
DSC_6264
DSC_6270
DSC_6271
DSC_6266
DSC_6277
DSC_6272
DSC_6281
ニラ玉子とじ350円を追加し、おなかいっぱい!(^^)!

DSC_6259
静かでした

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13088824/

某TV番組のネタランキングで職人から高評価を得て、気になっていた回転寿司「海鮮三崎港」さん。巣鴨に行った際に遭遇したのでうかがいました。

コロナウイルスのせいもあり、広めの店内も二人のみでした。席に通されまずは熱燗を注文。目の前の回転寿司コンベア(正式名称はこのようです)は、さすがに寿司がのっている皿は不在。時折カタカタと音を立てつつ、暇そうに回っていました。

職人さんに注文すると、私のそばで手際よく握って、即座に皿を手渡しという、通常の握り寿司店と変わらない待遇でした。

好きな小肌、旬のさより、お目当てのエビ、サーモンなどをいただきましたが、これで1皿110円~は安い!!(後がありそんなに食べられませんでしたが)


回転寿司の創始は大阪の「元禄寿司」さん。ビール工場の製造に使われているベルトコンベアからヒントを得て、当時高級だった寿司を手軽に食べられるよう回転寿司コンベアを考案し(スゴスギル!!今や世界の回転寿司)、昭和33年「廻る元禄寿司」をオープンしたそうです。現在、このコンベアの制作を許されているのは金沢の企業1社とのこと。

予想していたより金額が安かったので「なぜ?」と思ったら、巣鴨のお店は研修センターで、少し安くなるようです。

DSC_5879
DSC_5873
DSC_5878
DSC_5874
DSC_5877


https://www.kyotaru.co.jp/kaisen_misakiko/

巣鴨に、朝8時から飲めるもつ煮込み自慢の食堂があります。「ナニコレ食堂」さんです。朝8時から開店しているのは、朝早い市場帰りの方を対象としているからで、朝定食をワンコインの500円で提供しています。名物のもつ煮込みはフワなどさまざまなモツを煮込んだ味噌ベースで、臭みもなく妙味。隣の方は大皿をお替りしていました。さらに、チューハイを頼むと、キンミヤ焼酎が半分以上入ってくるうれしさ。酒を頼むと、単品料理も注文可能で、もつ煮込みハーフ、ポテサラ300円、チューハイ400円を注文。もつ煮込みのあまりのおいしさに、ちょこっとごはん100円を頼んで、上にオンしました。DSC_3171
DSC_3173
DSC_3172
DSC_3177
DSC_3174
DSC_3176_HORIZON
DSC_3181
DSC_3183

↑このページのトップヘ