中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: 鶯谷・日暮里・西日暮里・田端

鶯谷といえば、60年以上続く「ささのや」さん。15時30分の開店時刻と同時に、焼き鳥のいい香りがあたり一帯に立ち込め、つい足が止まります。

立ち飲みと着席がありますが、サクッと飲むなら立ち飲み。1本80円の激安の串はたれと塩があり、たれの場合は店頭からピックアップするスタイル。塩はスタッフに注文となり、最後に串の数を数えてお会計です。ちなみに塩は3本以上のルール。この日は寒かったので熱燗(300円?400円?)と飲みました。DSC_4842
DSC_4847
DSC_4850
DSC_4843
DSC_4844
DSC_4851
DSC_4846

鶯谷にある「鍵屋」さんは、江戸から続く古典酒場。久しぶりにうかがいました。1856年に酒問屋を創業。角打ちを経て、居酒屋になったお店です。角打ち時代のお店は貴重なことから、小金井に移築されたそうですが、現在のお店も昭和の雰囲気漂い、しっぽり飲むことができます。

ここで飲むべきは熱燗。銅壺の熱燗つけきで好みの熱さにつけてくれますが、これがまた絶妙なのです。銘柄は菊正宗など3種あり1合550円。お料理は飲んべえ好みのラインナップで、とりもつやき570円、煮奴610円、お新香500円などをいただきました。そしてこちらは女性だけの入店は禁止の店。女性5人でも、男性が一人いればOKです!


DSC_4821
DSC_4822
DSC_4825
DSC_4826
DSC_4829
DSC_4831
DSC_4835
DSC_4839
DSC_4840

↑このページのトップヘ