中沢文子の酒場ふらふら

お酒やおいしいものに目がない40代。立ち飲み、角打ち、古典酒場、せんべろ飲み店など、あらゆる酒場を徘徊。おつまみはポテトサラダが大好きです。TVチャンピオン~極み KIWAMI~「せんべろ女王決定戦」に出場。 40代女性をターゲットにしたサイトWOMe「中沢文子の女・酒場巡礼」連載中 https://wome.jp/users/76。AbemaTV『ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT』内“レナのコーナー せんべろはしご酒”監修。著書に「わざわざ行きたい神奈川・横浜 酒場巡り」(KADOKAWA)。「白昼堂々!東京極楽酒場」(昭文社ムック)発売中です!

カテゴリ: ファミレス飲み

昼から飲める「サイゼリア」さんは、ワイン・グラス100円、500mlのカラフェ200円のリーズナブルさで、ファミレス界のイタリアン部門のキングです。

あまりの暑さと疲労からブドウ汁を飲みたくなり、仕事終合間に久しぶりにうかがいました。何とシステムが変わっており、注文の仕方が紙でのオーダー制(番号記入)になっていました。この形式は、かつての野毛・新京、晩杯屋のテーブル席を彷彿とさせます…。しかもボールペンはコロナ禍につき丁重に扱われ、シルバーで使用されているあのグリーンボックスで登場。寂しそうに1本、おさめられておりました。

メニューは変わらずで安心しましたが、目新しいところで酒フードのコーナーに何と生ラム串が参入しておりました。

時間がなかったのと、よろめく疲労気味のスタッフが大変そうだったので、生ビール400円、白ワインカラフェ200円、エスカルゴ400円、ピクルス200円、青豆の温サラダ200円を一気にお願いしました。テーブル上には、1人なのにあたかも2人いるような酒量と皿数。ビールにサラダ、ワインにエスカルゴの交互飲み、時間がないサクのみにはこれが一番でございます!(^^)!

「サイゼリア」さんは、感染リスクをおさえるマスク?しゃべれるくんを考案し話題になりましたが、お披露目は8末~のようで、伺った日は目にできず、残念でした https://www.saizeriya.co.jp/PDF/irpdf000805.pdf

余談ですが、以下はお城を撮影している20年来の友人・カメラマンの記事です。お城と歴史にご興味のある方、のぞいてみてください!(^^)! 熊本城と大阪城のお話でしたが、宇土櫓」(うとやぐら)」の損傷が少ない話は興味深かったです。 ↓

https://hakken-japan.com/columns/natsunoshiro2020/

DSC_7462
飯田橋店

DSC_7464
伝票?に番号を書いて、ボタンをプッシュ!

DSC_7466
DSC_7467
DSC_7468
DSC_7469
その昔、一人でボトル1本あけて、店長さんに驚かれたことも…

DSC_7472
DSC_7473
DSC_7478
DSC_7484
DSC_7483DSC_7475
ピクルスに成長あり

https://www.saizeriya.co.jp/

ファミレスを居酒屋感覚で利用する人が多くなり、午前から飲む人が増えているそう。「ジョナサン」がハッピーアワーを前倒しして、平日朝10時30分~18時までになったそうなので、午前飲みに!

テーブルをみると「ジョナバル」と銘打ち、ハッピーアワー生ビールプレモル(499円)、角ハイボール(349円)、サングリア(399円)が248円、ワイングラス99円の文字!前菜はほうれん草とベーコンのソテー、サーモンマリネなどが250円均一と、需要の多さがわかりました。しかも凍結レモンサワー499円には追いチュー200円まであり、まさに居酒屋。

注文はタッチパネル形式で、アルコールリストを開くとワインのラインアップもイタリアンレストラン並みで、持ち込みまでOK(1000円で)になっていました…。

DSC_5469
DSC_5468
DSC_5473
焼酎のボトルを頼むと、ドリンクバー付き!


IMG_20200309_213651
抜栓料1000円なんてレストランです


DSC_5467
居酒屋並みの料理

DSC_5466



DSC_5470
プレモル249円


DSC_5479
グラスワイン99円でした~


DSC_5475
グリルソーセージ250円


ジョナバル
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/jona_bar/index.html

↑このページのトップヘ