近隣に大使館が点在し、国際色豊かな麻布十番商店街。更科そば、豆源など、100年越えの名店が軒を連ねています。その中で、15時になると芳しい香りをただよわせるのが、昭和8年創業のもつやき「あべちゃん」です。躯体により立て替え、昨年近代的なたたずまいに変貌しました。

名物が牛もつ煮込み670円です。ふわやあぶらなどで煮込まれ、かなり甘め。やきとん180円(1種2串のルール)は、しろ、レバー、ハツ、カシラなどがありますが、味はタレがおすすめです!(焼き台のそばには創業からの継ぎ足しのタレの壺が置かれていますが、歴史を感じます…)

今でこそ、麻布十番は地下鉄が通り便利になりましたが、2000年までは陸の孤島で、交通手段はバスかタクシーでした。その昔、日比谷線の計画があがったとき(神谷町ー>麻布十番ー>広尾の予定だったそう)、住民の方々の反対があって、麻布十番駅開設をやめたそうな。

DSC_6407
DSC_6408DSC_6409

DSC_6410
DSC_6411
まずは生ビール590円からスタート!

DSC_6415
玉露ハイ470円!

DSC_6412

DSC_6418
やきとり180円は大ぶりでジューシー。タレはあっさり味


https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13007199/